MIGIWA/TJB ANNEXへようこそ

ご覧いただきありがとうございます。

 このBlogは私Mnの恐らくは独断と偏見とによって運営されております。2004年2月4日よりスタートしましたので、このエントリを記述している時点で3周年を迎えております。不定期かつややまばらな更新間隔ですが、ご贔屓にしていただければ幸いです。現在ほとんど凍結状態ですが本館もございますので、一度ご覧いただくとこのBlogでの記述の傾向などを掴めて便利かもしれません(別館"Annex"と名乗っていますが、むしろ新館と化しております)。

 なお、コメントおよびトラックバックに対するポリシーは以下の通りです。

○トラックバックは基本的に歓迎いたします。ただし、Mnが不適切と判断したものについては予告なく削除いたします。こちらからのトラックバックは原則として相手側のトラックバックポリシーに準拠しますが、いわゆるネチケットにそぐわない等トラックバックポリシー自体が不適切であると判断される場合はこの限りではありません。

○エントリに対するコメントは基本的に歓迎いたします。ただし、Mnが不適切と判断したものについては予告なく削除または編集いたします。また、付けていただいたコメントに対する返信は基本的に行う方向ですが、内容や時間的な理由で返信しない場合もあります。なお、コメントの著作権は原則としてコメント送信者に帰します。

○トラックバックの削除やコメントの削除・編集を行った場合、Mnが必要と判断した場合はその理由を開示します。トラックバック・コメント送信者からの開示または非開示請求は受け付けますが、要不要の判断はMnが全権的に行います。

 偉そうに書いていますが、あくまでも常識的なレベルのルール・エチケットで運用いたします。

 では、よろしく。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

腕時計が欲しい

…いや、切実。

 腕時計が欲しいんです。時刻見るのにいちいちスマホ出してくるのは面倒ってのもありますし、バッテリー切れたら困るじゃん、って。私は腕時計1つを使い倒し予備は無しって使い方なので―TPOで使い分けるべきなんだろうけど常時使う奴と滅多に使わない奴に分かれるのでほぼ意味がない―壊れると困るんですが、正に今その状況に近づきつつあるのが問題です。

 今使っているのが約12年半前に買ったCASIO製のソーラー電波腕時計で、つい2ヶ月ほど前までほぼノントラブル―最初の2年ほどバンドのばね棒が外れる事数回…を解決後はノントラブル―だったのですが、最近秒針がずれる現象が多発して困ってます。時々秒針が動かない事があるというのは分かりましたが、さすがに素人には対策の打ちようが…。あとは私の腕が太って―決して筋肉が増えたとかでないのが痛い―バンドの調整範囲を超えつつあるのがもう一つ。更には老眼の進行もあって液晶表示が少々見辛い。さすがに予備に回して新しいのを常用しても良いのではないかと考えるに至りました。

 で、私が腕時計に求める基本三原則。

・狂わない
・止まらない
・壊れない

(1)狂わない:普通のクォーツ時計だとカタログスペックで月差±15秒(≒5ppm)ってところですが、これでは物足りない。スタンドアロンなら年差±15秒(≒0.5ppm)を求めたいところだがさすがに消費電力やサイズに問題が出てきそうなので、自動修正で常時日差±1秒以内に抑え込むのが妥当なところ。GPS電波で自動修正がベストだが普通の電波時計で特に問題はない。

(2)止まらない:実質太陽電池一択。10年くらい無交換で動く電池駆動でも問題ないのだが、選択肢が太陽電池より少ないので意味がない。電池交換が(3)に影響するのでやはり太陽電池駆動しかあるまい…。

(3)壊れない:ぶっちゃけ、10気圧防水(以上)。5気圧防水以下の奴を3個以上浸水で壊した過去があるのでこの線は譲れない―しかも壊れたのは全て電池交換後―。でもダイビングとかする訳でもないので20気圧防水までは無くてもいい。

 この三原則を踏まえた上で、「デジタルとアナログのハイブリッドモデル(パッと見た時の読みやすさとカレンダー表示等を両立)」で、趣味性を加えたり…って言いだすと全部を満たすモデルがちょっと無い、ような気がしてます。いや、趣味性と言っても月齢が出てると嬉しいなーってところなんですが、なんか希望通りのがないのね。

 果たして、希望をできるだけ満たすものはあるのでしょうか…。

 

| | コメント (0)

気づくのに1日かかる

…ボケてますなぁ。

 

 ドナルドが日曜に言ってたじゃないですか、”Reiwa one”って。そこにネット界隈で「"Reiwa one"って言いよった」みたいなツッコミがあってふーん…って感じだったんですが。

 

 ”Reiwa first"って言わなきゃダメじゃん…と気づいたのは月曜の昼前でした。まあ、日本人というか日本語ネイティブスピーカーが基数と序数をうまく使い分けられないのはデフォルトとしても(”憲法9条”じゃダメですが”十七条の憲法"は正しい)、英語ネイティブスピーカーがoneって言わなきゃいけないところをfirstと言ったのは”Reiwa"が何か分かってないか実は英語ネイティブスピーカーもその程度が普通なのか…。まあ、ドナルドがその程度だとするとそれはそれでかなり問題ではあるのですが。

 

※May,26は”May twenty-sixth”って言ってたよね、確か。

 

 

| | コメント (0)

リコール対応を受けてみる

…「対応してみる」じゃないもんねぇ。

 

 うちの車がリコール対象になってしまったもので、早速改修対応を受けてきました。ブレーキブースターの交換になるか防錆処理のみで済むかは実際に見てみないと分からないって事で所要時間が3時間ほどになるか1時間半ほどで済むかが分からないという微妙に面倒な状況でしたが、結果的に防錆処理のみで済んだとの事です。いや、ずっとディーラーで待つ暇つぶしネタを用意していなかったので、近所のショッピングセンターをうろついて3時間コースの終わる頃に戻ったら既に出来ていた…出る時に声かけたんだから電話してくれれば(時間がかかる予定の時はだいたい電話してくれるんですけど)。

 

 恐らく、3年ほど前からたまに出ていて昨年ベルト類交換で止まった(あと初期伸びで再発したけど)ベルト鳴き音、リコールと同じ原因でベルトのかかっているプーリーが錆びるのが原因っていう話をネットで見ていたので、これも当分心配しなくて済むのではないかと秘かに期待しております。

 

 ちなみに、リコール発生の件は1か月ちょっと前にニュースで知り、案内DMは1週間ほど前来ましたが、作業予約は2週間前に行いました。現在うちの車は2か月に1回ペースでオイル交換してるもんですから、その予約を入れたら電話で「同時にすることもできますけどどうしますか」と。想定外の事がなければ当日中に終わるという事で一緒に行いましたが、土曜に予約していれば翌日まで預かりにしてもらう方が良かったかも知れないですねぇ…。

 

| | コメント (0)

«スポーツカー概論