MIGIWA/TJB ANNEXへようこそ

ご覧いただきありがとうございます。

 このBlogは私Mnの恐らくは独断と偏見とによって運営されております。2004年2月4日よりスタートしましたので、このエントリを記述している時点で3周年を迎えております。不定期かつややまばらな更新間隔ですが、ご贔屓にしていただければ幸いです。現在ほとんど凍結状態ですが本館もございますので、一度ご覧いただくとこのBlogでの記述の傾向などを掴めて便利かもしれません(別館"Annex"と名乗っていますが、むしろ新館と化しております)。

 なお、コメントおよびトラックバックに対するポリシーは以下の通りです。

○トラックバックは基本的に歓迎いたします。ただし、Mnが不適切と判断したものについては予告なく削除いたします。こちらからのトラックバックは原則として相手側のトラックバックポリシーに準拠しますが、いわゆるネチケットにそぐわない等トラックバックポリシー自体が不適切であると判断される場合はこの限りではありません。

○エントリに対するコメントは基本的に歓迎いたします。ただし、Mnが不適切と判断したものについては予告なく削除または編集いたします。また、付けていただいたコメントに対する返信は基本的に行う方向ですが、内容や時間的な理由で返信しない場合もあります。なお、コメントの著作権は原則としてコメント送信者に帰します。

○トラックバックの削除やコメントの削除・編集を行った場合、Mnが必要と判断した場合はその理由を開示します。トラックバック・コメント送信者からの開示または非開示請求は受け付けますが、要不要の判断はMnが全権的に行います。

 偉そうに書いていますが、あくまでも常識的なレベルのルール・エチケットで運用いたします。

 では、よろしく。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

33番地を訪ねてみる

…結構狙ってた。

[地球33番地] 前回高地に行ったと書きましたが、その目的の一つが高知市内にある「地球33番地」なる場所でした。東経133度33分33秒、北緯33度33分33秒の交点という事で地球33番地、なんだそうで。なんかいくらでもありそうな場所のようで、実は陸上で誰でもそんなに苦労せずに行ける場所にあるのはここくらい…らしいです。確かに砂漠の真ん中とか行けって言われても難しい。行く気満々(ただし他の観光の状況によりカットも有り得た)の私はともかく嫁も結構乗ってくれたのは意外といえば意外でした。

 画像の通りこの交点は川の真ん中にありまして、左右両岸にもモニュメントが設置してありますがやはりここはピンポイントで33番地に行かねばなるまい…と思った人が多いのでしょう。交点に橋というかなんというか渡してあります。例によって画像に位置情報(撮影地だとずれるので私のいる位置の情報)を埋め込んであるので興味のある方はどうぞ。その位置情報を見ると「133度33分、33度33分までは合ってるけど秒の桁がずれてるじゃん!」と気づかれる方も多いと思いますが、位置情報は世界測地系(WGS-84)で入れてありまして、この点を「地球33番地」と命名した時の測地系は東京測地系…なんですな。ちなみにWGS-84で東経133度33分33秒、北緯33度33分33秒の位置を求めると南東に300m程行ったところにある小学校の敷地の南東の隅の辺りになる筈です。GoogleMapで見る限りではぎりぎり公道上みたいに見えますけど。

 近所で到達証明書くれたりもするようですが今回はパス…って次回があるのか怪しいですけど。

[地球33番地北岸側][地球33番地南岸側] 川の両岸にあるモニュメントというか看板も念のため。北岸側には実はもう一つ看板が立ってます。使っていませんが撮ってはいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沈下橋を渡ってみる

…いやまさかこんな近くとは。

[奈良の沈下橋]先日高知県に行ってきた際に出来れば行きたかったポイントの一つに沈下橋があったのですが、残念ながら時間などの都合でかないませんでした。ところがその後出張で三重に行く途中車窓から沈下橋が見えたので、「もしや」と思い調べてみたところなんと奈良県にもあるではありませんか。それも吉野の奥の方とかではなく大阪からの割とすぐ近く。そんな訳で早速行ってきました。タイミングを見計らって橋の上で撮影することに成功しましたが、結構交通量があるので気を付けなければなりません。位置情報は画像に埋め込んでありますので、興味のある方はどうぞ。現地では沈下橋とは呼ばず沈み橋もしくは潜水橋(道路標識の看板等はこれ)のようで、橋の名前自体は大城橋だそうです。前日雨が降ったので増水しているかと思いましたが、止んでから丸1日以上経っていたせいか特に増水している感はありませんでした。しかしバイクなので幅約2mの欄干のない橋でもまあ行けましたが、四輪では正直行きたくない…ような気がする。


[奈良の沈下橋右岸]こちらの画像は右岸(北岸)側。斑鳩町です。


[奈良の沈下橋左岸][奈良の沈下橋左岸標識拡大]こちらは左岸(南岸)側。河合町です。標識にもある通りこちら側の方が高い位置にあるため渡っていってから水没してたりすると引き返すのも大変なので注意書きが余計に書いてあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フライングゲットしてみる

…AKBではない。

 先日ネタにした笠原弘子様のアルバムを入手しました。結局ポイントもたまっていて割引が若干あったネット通販で予約したら発売日前日に届きました。ぃえぃ。

 既に情報は出ていましたが2枚組の2枚目の16曲目はやはりレンズマンの曲。しかし「白いページの中に」の発売日を完璧に勘違いしていた…危うく「ライナーノート間違ってるし」とか書くところでした―「遠い夏の休日」に入っているバージョンだけかと思い込んでいたが「恋にNO RETURN!」のカップリングでもあった訳だね―。

※私はシングルをあまり聴かないのでアルバムに収録されていない曲の記憶がかなりあいまいになってきているのである。

 しかし、聴くのはいつになる事であろう…リマスタリングってだけで新曲は1曲もないのよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«LEC規制法成立