« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »

4月生まれは得?

本館のプロフィールをご覧いただくと判るのだが、私は4月生まれである。周囲の人の多くにこれが知れると十中八九こう言われる(現在形)。「4月生まれは得でしょう!」

 おおよそ12分の1にあたる4月生まれの人は十中八九そうは言わない。そういう話題になると「絶対、損だよね!」ということで意見が一致することが多い。と言うか、一致しないことの方が稀である。

 多数を占める「4月生まれ=得」説を唱える人の根拠は大体こんな感じだ。

(1)子供の頃はとても有利である
(2)免許の類を早く取れる

 確かに(1)は事実である。幼稚園の年少組あたりだと3月生まれの子と比べると2~3割は長く生きているのだ。個々の成長のばらつきを考慮してもそうそう不利にはならない。私などは高校を出る頃くらいまでクラスで小柄な方から5番以内をキープしていたような体格だったから体力面では全く得した記憶が無いが、頭は並以上程度だったからその辺は先に生まれたアドバンテージを享受していたのは間違いない。ただし、年齢が二桁になる頃にはこのアドバンテージはあってないようなものになる。

 じゃあ(2)はどうなんだって事になると…私の場合全く無関係だった。当時住んでいた広島では「3ない運動」があったおかげで、高校を卒業するまでは運転免許の類は取れないようになっていたからだ。念の為に申し上げておくと、無線の免許はそもそも年齢制限が無いので、いつ生まれてもアドバンテージもハンデもない。選挙権や被選挙権については、まあそれほどシビアな影響を受ける人は稀だろう。

 ここで「年金がもらえるようになるのも早いじゃないか」と気が付いたあなたは半分正しい。ただし、普通の会社員だと「定年が来るのも早い」から差し引き0だ(年度で決まっている公務員とかそもそも定年の無い自営業であれば得と言えば得だ)。ついでに言えば、定年が早い分稼ぐ期間が短くなる分はむしろ損とも考えられる。

 ここまでなら「そんなに損してないじゃないか」と言う人もいるだろう。しかし、4月生まれはしばしば面倒なことを押し付けられがちだ。「年長者だから」というご無体な一言で。私などは幼稚園で班長なんてのをやらされたし、その後もたびたびやらされたものだ。いや、向いている人はいいだろう。向いていようがいまいが「とりあえず」リストアップされやすいというのが問題なのだ。

 アドバンテージがあるというのも場合によっては問題だ。私の場合は頭寄りのみだったけれども、なまじそんなアドバンテージがあると手先も器用とかなんとか勝手に拡大解釈された上、だめだと判ると「どうしてこんな事が出来ないっ!」と怒られたりする始末である。私くらいの世代だと親や先生の世代には「頭いい=リーダーシップがある」という図式が頭にあって、子供同士にはそういうコンセンサスは無いから、私自身の性格などの影響もあって期待値と現実のギャップの大きさと言ったらひどいものだったのだ。しかもその機会が他の子より多いのだから困ったものだ。

 子供の頃だと友達が集まってお誕生会なんてのをやった記憶のある人も多いと思うが、4月生まれにはこれも鬼門である。クラス替えなどで友人関係が変化すると、仲良くなった頃には自分の誕生日は過ぎ去っているなんて事は珍しくないからだ。お誕生会などに縁の無い年になっても環境の変化が起こった直後というパターンが多いから、自分の誕生日をゆっくり味わう機会は少なめである。私の勤務先の場合は「誕生日休暇(実態は誕生日を理由に取れる有給休暇でしかない)」なるものが存在することになっているが、入社して10年以上経った今も一度として取った事が無い。正直言ってそれどころじゃない年が多かったし、私の場合は4月も後半の生まれだからゴールデンウィークに近すぎて余計取りにくいというのも理由の一つになろう。前半は前半で年度始めだから取りにくいが。

 で、4月生まれ同士が集まると「絶対損だよね!」と言って盛り上がるか、わずかな日数の差で「をまえの方が歳じゃ!」とか言って罵り合うか、そんな事になるのである。個人的には一番得なのは比較的早く生まれていてしかも不条理な決め付けによる不利益を被りにくい5月から6月にかけて生まれた人じゃないかと思うのですが。

 いやまあ、私の場合は5月が予定日だったのに早く生まれてきたので半ば自業自得という話もあるのですが…(最近の研究によると生まれるタイミングは子供の方が主になって決めているのだそうな)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大人たるもの

大人というものは、自分でやったことの責任は自分で取らなきゃいけない。

 危険が伴うことをするのなら、自分でそのリスクを最小限に抑える努力くらいはしなくちゃいけない。自分ひとりでどうにかなるレベルの問題でないなら誰かに守ってもらうって事になるけれども、それにしたって自分で出来る範囲のことは自分でやらねばならないし、自分でするのが当然だろう。そういう心構えの無い人が騒ぎの渦中にいると事が収まらなくなる訳だ。

 だったら子供はそういう事考えずに行動してもいいのかって?自分で責任を持たなくていい、という事は責任を伴う行動をしちゃだめってだけの話。

 自分で自分の身を守れない人は危険なことをしてはいけません、というだけの話がこれだけの騒ぎになるというのが個人的には解せませんけど。泳げない人が溺れている誰かを助けようとするなら、浮きを持って来るか泳がなくてもいい方法を採るか泳げるようになるか泳げる人を連れてくるか、まあどれかということになる訳で。そのまま飛び込んで助けようとして果たして助けられるかと言えば疑問符が付こう。

 当人たちにとっては無事じゃなかった方が良かったかも知れないね。向いてる矛先は確実に減ったろうから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »