« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

アマチュア無線に関する規制緩和?

どういう立場から緩和するのかが問題なのだが。

 こんな意見を目にしたのでちょっとだけ考えてみました。読後3秒で破綻点を見つけてしまってアレなんですが…。運転免許を引き合いに出してしまったのが敗因でしょう。

 大方の人はご存知のとおり、原付免許はペーパーテストだけで取得できます。普通自動車免許にはもれなく付いてきます。法律上の最高速度は30km/hですし、少なくとも1990年代以降の車両についてはハードウェア的に60km/h以上出ないよう制限されています(低速性能を犠牲にするとか騒音問題を無視するなどすればもっと出るようにすることはさほど難しい問題ではありません)。でも、その30km/hでも人を立派に殺傷する能力は備えています。確かに普通自動車免許を取得するには実技試験が必要ですが、二輪車とは要求される運転技術に大きな違いのあるのもまた事実です。公道に出てしまえば無免許で乗れる自転車ですら車両の一員としての自覚を持って運転されなければならないのが本当のところなのですが、現実は…。

 恐らくは、(現実を理解する能力も意識もない)お役人様のお考えでは「二輪より四輪の方が偉い」「四輪を運転できれば二輪なんて簡単」「自転車くらいみんな乗ってるだろうから実技試験までしなくていいだろう」てなところなのでしょうが、自転車に乗れない人が原付免許を取って走り回っているという例は別に珍しくありません。クラッチ操作がなければ、実は自転車よりバイクの方が乗れるようになるのは簡単です。クラッチ操作があっても、まあ同程度ってところでしょう。お役人様によく使われる接頭辞に「日本の優秀な」ってのがありますが、まあ定型業務に限って言えば正しいかもしれません。

 さて、これを無線に置き換えるとどうなるか。実のところ、アマチュアの初級資格と上級資格とではやっている事に大差はありません。今やモールス符号の解読だって、PCの有り余る処理能力を駆使すればそう難しいことではないでしょう。むしろ(当人達は味のあると主張する)機械で解読できないような符号を送るような方々が下手なだけと認識される可能性もあります。運転免許にAT限定が許されるなら肉声でやり取りする電波形式以外全て機械任せが前提の無線免許があってもいいと考える人がいても、私には別段不思議ではありません。これまた運転免許と同じですが、資格の上下と運用技術の良し悪し、機械的な技術のレベルにはあまり相関がありません。極論すれば、違いは高出力を合法的にやっているか違法でやっているかくらい。資格制コールサインを強制的に導入すれば「4アマで大したアンテナもないくせにやたら強い」と言われる局が多数出る一方、「1級のくせにヘボいオペ」と言われる局もそれなりに出るでしょう(絶対数が少ないので「それなり」なだけで、比率は…?)。

 してみると、こちらの意見には「言わんとされている主旨はわかるが、自分の資格が電話級(現第四級)であることを無視しても賛成しがたい」のです。資格と能力との間にさほどの相関が認められない以上、短波帯から4アマを追い出すべき論拠にはなりにくいですし(国際法規上の論拠に頼るか?)、オーバーパワーについても同様。「高出力送信はしかるべき知識と問題解決の技術的能力を有すると客観的に認められるもののみに付与されるべきである。」という主張はそっくりそのまま上級資格者にも返ってくる事を認識していらっしゃることを祈ります。

 ええ、送信出力なんて10Wもあれば普通十分でしょ?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ゴースト・ネゴシエイターという映画

敢えて変更前の名前を使ってみる。

 この映画、ヒットしたら「占いで名前を売った映画」と評価され、外したら「占い師ごときにそそのかされてその気になったバカ映画」と評価されるのだろうなぁ。どっちみち内容で評価される映画ではない、と。

 それにしても、大した的中率とも思えない占い師ごときの恐喝的商法に乗ってくれる人がいるなんて、世の中平和だなぁ。まあ、これで確実にワイドショーなどで取り上げられたから五分五分か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラえもんはどこへ行く?

世間は多分、大山のぶ代さんの後任が一番の難問だと考えていると思うけど。

 「サザエさん」は「可能な限り今のキャストで引っ張って、限界の来たところからイメージの似た人に代えていく」という方法を採っているようである。磯野家ではカツオが代わっているのは把握しているが…。

 3回のTVシリーズ放映をされた「サイボーグ009」の場合、第1シリーズ(モノクロの奴)については007の設定が大幅に変わっていたりして単純比較できないが、第2シリーズ(オープニングが「誰がために」の奴)と第3シリーズ(21世紀版、とでもしておくか)は声優陣が総替えになっている割に声のイメージはほぼ統一されていて、第3シリーズ放映当初はともかく今思えばうまいこと移行できたものだとむしろ感心している。ずっと放映されていた訳ではないのでその分差し引く必要はあろうが。この例は「一気に代えるが、イメージは出来る限り踏襲」ってところだろうか。

 私の知る限りでは「ルパンIII世」のルパンくらいしか実例はないと思うが、前任者の物まねというのもある。しかし、長編だけど年1作のルパンならまだしも、毎週放映が前提の作品となるとかなり無理があろう。まともに演技させるとなると半端な物まねタレントでは通用しまい。むしろ栗田貫一がよくやっているというべきだろう。

 で、残り。「ばっさり、前任者のイメージにとらわれず交代」って方法もある。

 「ドラえもん」は一気に代えることを選んだ。代わったら当面は「イメージが違う」とぼろくそに叩かれるのは必至だろう。一番何とかなりそうなのはしずかちゃんではないだろうか。極論すれば、交代するメンバーの中の紅一点というのが最大の特徴のキャラクターである。ごく普通の女の子っぽい声なら思ったほどの違和感もなく馴染めなくはないだろう。その次がジャイアン。たてかべさんの声に似た人を選ぶのなら難儀な事この上ないが、ちょいと乱暴なところが目立つ「子供」―ここ重要―と考えれば、案外早く受け入れられそうな気がする。スネ夫は肝付さんのあの特徴的な―あれだけ特徴的なだけに、割と早くから目立つ役をもらえていたらしい―声に似た声と考えると大変そうだが、前述の「サイボーグ009」でも違和感の少ない移行が出来ていたことを考えると、まあどうにかなるだろう。

 ドラえもん、大山のぶ代さん。私にしてもしっかり刷り込まれているのでそうそうイメージを変えられるものではないが、大山さんが普通にしゃべっているときの声とドラえもんのときの声との差を考えたら活路はありそうに思うのだ。白黒でアニメ化されたときには野沢雅子さんが当てていたりもしているので―半年ほどの放映で主演が交代しているって一体…?―、キーがやや高め(ドラえもんは一応子供の範疇に入る)のドラ声ないしダミ声でしゃべってくれれば、後はのび太の親友にして兄貴分的な演技(ドラえもんのキャラクターデザインは、実は顔が大人のものなのだ)でカバーできるのではないだろうか。

 …そう、交代の決まっている5人のうちで後任者選びが最も難航するのは、実はのび太だと思うのだ。アニメキャラクター史上に残る難役を挙げろと言われたら、少なくとも5本の指の中には入る役だろう。普段だけでも厄介な役なのに劇場版では別人のようにもなるから事は更に厄介だが、その事はひとまず置いておこう。冷静に考えれば考えるほど私は頭が痛くなるのである。

 私であれば、後任キャストは40±5歳くらいの範囲の役者さんを選ぶ。もちろん、その気になればもう25年くらい同じキャストでやっていくつもりで選びたいからだ。今や国民的番組の一つと言ってもそう文句は言われないであろう番組である以上、そのくらいの気持ちは必要ではないだろうか。

 ええ、非常に不安で仕方ないですよ、テレビ朝日ですもの。藤本先生が亡くなって以来、オープニングを聞くに堪えないような―聴くのには到底耐えられない―物に変えてみたりした実績が既にあるんですから。とにかく新しい要素を入れたがりな制作陣もいることですし。そんな事をして作品がをまえ色になる訳でもないのに、本質を考えずにただいじりたがる。私の考える最悪のシナリオは、ヂャニーズ事務所を含む変に若いタレントと、同じく顔が売りな何だか区別の付きにくい女性声優を1年くらい毎にとっかえひっかえした挙句、事実上の打ち切りで数年も持たずに終焉ってパターン。ヂャニーズで成功例って言ったら長野博@ウルトラマンティガくらい?しか記憶にないので、デカ口繋がりでK取S吾のドラえもんとか、「悪いとは敢えて言わないがバラエティの司会なら良かったのに」なN居M広のドラえもんorスネ夫―前者よりはこの方がかなりマシっぽいが―とか、想像するとかなり怖い。ヂャニーズJr.なんて想像はさすがに私には不可能ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

(・○・)

JR東日本には、相応しい処遇をお願いしたい。

 記憶にある限りTVドラマや映画で泣いた事の無い私だが、実はプラネタリウム番組で3回(番組は全て別)泣いている。不覚にも今回は2ch由来のFlashで泣いてしまった。悔しいけど、これでは泣くしかない。件のFlashは検索して欲しい。

 とき325号こと200系K25編成、君はよくやった。

 これで私をキモオタ認定する奴も当然出てくるだろうけど、喜んで認定されよう。彼の気持ちをわかんない様な奴とは違うと認定してくれるんだからむしろ大歓迎だ。

追記:私が泣いてしまったFlashは11月19日の時点で作者のページからは削除されている(著作権関係の問題による)。代わりに新作のFlashが掲載されたのを確認した。なお、問題のFlashはあちこちに再掲されているらしい。(Nov.20追記)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

21番目のなゆた

会うのは無料だけど、会いに行くのにはお金をかけている。

 20人の「なゆた」さんに会ってきました。会ったと言うよりは見てきたと言うべきか。私にとっては21番目が一番重要だったのですが、500人限定という事でがんばって―辛うじて仮眠は1時間ほど取ったけど―行きましたさ。でも並んでもらった整理券を見たら147番…。ビンゴカードももらったが大外れ。でもビンゴが終わったら一気に人が減ったってどういうことだ?

 行きのしわ寄せは全て帰りに回したようなものです。所要時間は7割増(2時間×1、1時間×2の仮眠が含まれますが)。苦労した甲斐は、まあ一応ありましたさ。ビンゴが外れて喜んでいたなんて信じてくれないかもしれないけど、私の本命は21番目のなゆたなのであってビンゴごときに運を使い果たしてしまってはならないのだから。決して長くなかった晴天の時間が私のいた時に回ってきたのは、この辺の縁起かつぎが効いたせいかも知れない。違うと思うけど。

 何年ものご苦労が実った場に居合わせることが出来たことをうれしく思います。訳の判らない人は検索でもして分かってもらえれば良いな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三者揃い踏み

…眠いよ。

 二惑星競演の時には書きませんでしたが、今朝は金星・月・木星が並んで見えるということでまたも早起きしました。別に意地悪している訳ではなく、準備を万全にすると曇るのを避けるための縁起担ぎです。月が大きく見えますが露出を長めにした為で、肉眼ではもっと細く見えます。

[金星・月・木星揃い踏み]

 アップにするとこんな感じです。下が金星、上が木星です。月の大きさからそれぞれの位置関係を把握していただけるでしょうか。
041110mvj.jpg

 更に月だけをアップにして撮ったのが次の画像です。二惑星競演の時は金星と木星がこの範囲に収まっていた訳ですが、5日で同じ範囲には入らない程移動している訳です。
041110m.jpg

 ただ、今朝はあまり透明度が良くないのか、二惑星競演の時より輝きが鈍く見えたのはちょっと残念ですね。いずれの画像も撮影は4:30頃です。

撮影機材:SONY DCR-TRV900
遠景はズーム最広角側でテレコンバータ無し(35mm版換算焦点距離40mmくらい)
金星・月・木星のアップ画像はテレコンバータ無し(35mm版換算焦点距離250mmくらい)
月のみのクローズアップ画像はズーム最望遠側に2倍テレコンバータ装着(35mm版換算焦点距離1000mmくらい)
遠景はスローシャッター(1/4秒)使用

| | コメント (2) | トラックバック (1)

めでたさも中くらいなりイーグルス

決定後約1週間のここ仙台。

 既に報道されているとおり、東北楽天ゴールデンイーグルスに出来レースとの声を否定することなく決定いたしました。ええ、やはり仙台ライブドアフェニックスに決定した場合の盛り上がり度(推定)に対すれば、もう一つ盛り上がりに欠ける嫌いはあります。職場でも決定の報が入ったときに「何だ楽天か」って声が上がったくらいで。無条件に喜んでいるのは「どこでもいいから仙台にプロ球団を」という人達くらいじゃないでしょうか。あ、後は「これを機会に町おこし!」な人達。

 その決定の際に早くも三木谷社長大失態。決定報告記者会見を東京でやってました。まあ、これだけなら失態じゃないのですが、いかんせん堀江社長が仙台で残念記者会見をやってたのが痛かった。また「地元密着」のポイントを稼ぐチャンスを逃しております。翌日の宮城球場で行われたセレモニーは雨にたたられ進行もまずく更に悪印象。天気は仕方ないけど、進行は工夫できるだけにねぇ。

 他にもチャリティ席のチケットを県に買い取るよう要望してみたり―筋違いなような気が―、いろいろけちが付いてます。そんなんで大丈夫か?

 そのせいか、オリックスのオーナーが捨て身の援護射撃をしてましたが、効果の程は…え、違うの?(プロテクト選手の選出に関して揉めてましたね。)

 対して堀江社長、ライオンズ買収を打診されて断ってまた評価アップってところでしょうか。球団経営能力が足りないから落とした筈なのに買収を打診するのはおかしいと言ってましたが真にごもっとも。だいたい、200億円なんて正気とは思えない値段ですね。新規参入の方が安くつくってどういうこと?と言いたくもなりましょう。個人的には20~30億円で叩き買いするとか、そういうの希望。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二惑星競演

早起きして撮ってみました。睡眠時間は一緒ですけど。

[金星と木星、接近]
久しぶりにビデオカメラで天体撮影をしてみました。約0.5度に接近した金星(明るい方)と木星(暗い方)です。いや、暗い方の木星でも-1.7等ですからシリウスより明るいのですが。

 最接近は今日の11時頃ということなのですが、数日はかなり接近した状態で見られます。せっかくですから明日の朝にでも実物をご覧になってはいかがでしょうか。東の方を向けばすぐにわかります。今朝の5:15頃でこんな感じに見えました。
[金星と木星(遠景)]

 ちなみに、アップで撮ったほうの画角で月を撮るとこんな感じになります。ちょっとブレ気味というかピンボケ気味ですが、参考画像ということでお許しください。
[下弦の月]

撮影機材:SONY DCR-TRV900
クローズアップ画像はズーム最望遠側に2倍テレコンバータ装着(35mm版換算焦点距離1000mmくらい)
遠景はズーム最広角側でテレコンバータ無し(35mm版換算焦点距離40mmくらい)
遠景はスローシャッター(1/4秒)使用

p.s.遠景画像を差し替えました(液晶・CRTの特性差によりCRTで見えにくい画像になっていたため、ガンマ値を調整したものに変更)

| | コメント (2) | トラックバック (2)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »