« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

H-2A Lifted off

ひとまず「ロケット」は無事打ち上がった模様。

 ショボいインターネットライブ中継で見ていた限りでは、MTSAT-1Rの静止トランスファー軌道への投入は成功した模様。打ち上げ関係者の方々も一息ついたことと思う。まだ難題は山ほど残っているとしても。

 おそらくニュースでは能天気に成功を報道するんだろうけど、これだけは書いておきたい。

 お前ら、「今回の打ち上げに失敗は許されない」ってお決まりの台詞を吐くなとは言わないが、「非常に難しいミッションなので失敗しても関係者を責められない」みたいなことを言った事はないだろうから、少しはジャーナリズムとやらを発揮してみやがれ。世界的には最初の10機はテスト機扱いで、日本じゃ未だ10機以上飛ばした大型ロケットがないんだから…。まあ、実用向け衛星をそのテスト機に乗せて打ち上げる例はいくらでもあるのだが。あちこち設計変更しているんだからテスト用ペイロード(という名前の錘)を打ち上げるくらいの事をやってこそ「十分な予算をかけている」と言えるんじゃなかろうか。

 後は衛星本体だよねぇ。過去の実績がない上に機能詰め込み衛星で、一度潰れたアメリカのメーカー製だもんねぇ。あいつらの事だから不良品でも平気で売るぞ、多分。わざと不良箇所を仕掛けているくらいの事は疑った方がいいかもな。

P.S.19:06現在、衛星分離が確認されたとの事。これでロケットの方は完璧な成功ということになりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原色の彼女

サイケデリックな訳じゃない。

 一昨日、昨日と出張してたんですが、その出張先に彼女がいたんですよ。悪天候で来られなくなった若い子の代わりで、ですけどね。ユニフォームも、誇らしげなエンブレムもあの頃のまま、確かに代走でなければ見られない姿にはなってしまったけど、例え代走でもちゃんとしたエンブレムを付けてきてくれるのは彼女の矜持なんだろう。

 お色直しもしてない彼女が出てきたからエンブレムは無しだろうと思った私がバカだったよ。おかげで画像を撮り損なっちまった…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

十分な予算

正気で言ってるか?

 NHKの「明日を読む」を見ていたら、解説員が「H-IIの開発には十分な予算と時間がかけられて云々」と言っていた。

 よそじゃエンジンのみの開発予算相当の費用で機体全体どころか発射台など地上設備まで賄ったという経緯を知らないらしい。それとも知ってて言ってるのか?

 H-II開発の最中、担当者とよその担当者とが話をしたときに、こんな感じのやり取りがあったそうだ。

「だいたい2000億円くらいかかる予定なんだ」
「まあ、そんなもんだろうな」
しばらくいろいろ話したがどうもよその担当者の反応がおかしい。
「2000億円というのは1段目エンジン(LE-7)の新規開発予算だよな」
「いや、とりあえず機体全体なんだが(フェアリング、誘導用ジャイロも新規開発)」
「…冗談だろう?」
「確かに安めだが冗談は言ってないよ」
「…クレイジーだ」

 クレイジーですよクレイジー。

 どこら辺が十分な予算なのか問い詰めたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっちまったよ

慣れない事はするもんじゃねぇ。

 あはははは、やはり特撮マニアじゃないので記憶があちこち食い違ってますね。先日書いた記事について、いくつか間違いがあるので訂正です。

 女2人がピンクとイエローとして戦隊で例に挙げた4つのうち、「チェンジマン」は間違いです。チェンジマンはピンク(フェニックス)とホワイト(マーメイド)。…フェニックスというと黄色というイメージが何故かあったのが敗因です。いや、本来は紫の鳥らしいですけど。

 「「ストロンガー」も本人の意思で父親が改造した事になっている。」ってのも間違い。「本人の意思」は「X」と「スーパー1」と勘違いしててごっちゃになってます。Sが付くから「スーパー1」と「ストロンガー」が混ざったっぽい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

疾走

あの彼女が、今日も。

仲間達も減ってきたけれど、コースも大きく変わったけれど、お色直しで印象も変わったけれど、相変わらずのハイペースで走ってる。いや、若い頃以上のハイペースで。

雪を纏い、闇を切り裂き、気を抜けばいつでも主役を奪い返すという気迫を漲らせて、彼女は今日も走ってる。

相変わらずタフな人だ。

050220_16380001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弘子さんおめでとう

早くしないと今日が終わってしまう。

弘子さんのお誕生日を私は異郷の地で迎えております。だからどうしたと言われると困りますが。でも、あの光景は一緒に見たりするとなかなかいいだろうなぁ。

何はともあれ、この1年も良い年でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さあ行くんだ

その顔を上げて。ca310032.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そんな気がするだけ

思い込みってあるよな。

 先日ココログを読み漁っていたら「マジレンジャーのブルーが女?そんなのありえない」といった感じの記事を見つけて「へ?」と思った私は特撮マニアという訳ではないつもり。ちなみに「マジレンジャー」とは先日から始まった最新の戦隊物番組なのだが、メンバー5人中ピンクとブルーが女という構成である。「へ?」と思ったのは女のブルーは既に何度も出てきたパターンだと思っていたからである。最近では「ハリケンジャー」がそうだし、かなり前になるが「ライブマン」もそうだ。ここで「その2戦隊は基本メンバーが3人じゃないか」という指摘をしたあなたは正しい。3人戦隊に女が入る場合はブルーが多い(そもそも3人戦隊の例が少ないが)。だが、実は15年ほど前の「ジェットマン」は5人中ホワイトとブルーが女なのだった。確かに5人戦隊で女2人の構成だと一人はイエローのパターンが圧倒的に多い(バイオマン、チェンジマン、オーレンジャー、メガレンジャー等)が、戦隊全体で見ればブルーの女戦士も結構いるのである。

 上記のような思い込みがある一方、イエローと言えば巨漢でカレーが大好きというイメージもあるようだ。なのだが、巨漢のイエローがそもそも片手の指で足りる数しか存在せず、その上カレー好きとなると実は「ゴレンジャー」のキレンジャーだけ。レッドが主人公という図式はさすがに変わっていないが必ずしもリーダーではなくなっているし、その主人公が交代した例もある。もっと言えば、レッドが2人出てきた戦隊さえ既に存在する(2人目は偽者ではなく準レギュラー格メンバーとして)。キャラクターカラーとイメージとの関連性は、私くらいの世代が思っている程には強くなくなったのである。

 仮面ライダーでも似たような思い込みが見られる。「悪の組織に改造された改造人間で、バイクを重要アイテムとして用い、必殺技はキック」って感じではなかろうか。ところが、石ノ森章太郎先生が亡くなった後のTV作品(「クウガ」以降)を除いても先程の条件を満たさないライダーは数多い。2作目の「V3」からしてV3を改造したのは他でもない1号、2号ライダー(本郷、一文字と言うべきか?)で、やむを得ずという事情にせよ本人の意思で改造を受けている。4号ライダーことライダーマンに至っては改造人間ですらない(義手を付けているだけ)。「ストロンガー」も本人の意思で父親が改造した事になっている。原作ないしTVシリーズ初期の1号ライダーにとってはバイクは変身するために必要な重要アイテムだが、バイクがただの移動手段程度のライダーも珍しいものではない。さすがにキックを必殺技にするライダーは多数派だが、「大切断」が基本の「アマゾン」も初期の作品である。「悪の組織に改造された改造人間で、バイクを重要アイテムとして用い、必殺技はキック」のライダーって、実は石ノ森先生の原作まんがが先に存在するライダーくらいのようなのだ。

 …なので、仮面ライダーの魅力を「成り行きが理不尽な上元の体に戻れない悲劇を背負って戦う男の悲哀」などと定義してしまうと、TVシリーズの大半を否定しなければ成立しなくなってしまう。おまけに「アギト」(「クウガ」の次に放映された作品)で「ほとんど誰でもなれる上に完全に元に戻れるライダー(注:G3の事)」が曲がりなりにも成立することが判ってしまった。石ノ森先生の原作まんが原理主義者であれば話は別だが、TVシリーズを基本として考えると仮面ライダーの魅力の本質はその辺にはないということは言えそうだ。

 考え方を拡張すれば良いというものではないが、凝り固まったままでは本質を見逃しそうだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

コッソリは良くない

攻撃材料を追加する事になりかねないから。

 昼間に「無線LANの5月病?」というのを書いたら、夜には該当箇所が書き換えられておりました。修正等を行った旨の記述は無しで。

修正前
「現在のIEEE 802.11aでは、5150M-5250MHzの中に20MHz間隔で4つのチャンネルが規定されている。法改正後は、これが倍の8チャンネルになり、一つのアクセスポイントに8台までのクライアントが同時にアクセス可能になるわけだ。本来なら、ユーザーやメーカーが歓迎する場面だが、一つ問題があった。」(強調は引用者)

修正後
「現在のIEEE 802.11aでは、5150M-5250MHzの中に20MHz間隔で4つのチャンネルが規定されているが、法改正後は、これが倍の8チャンネルになるわけだ。本来なら、ユーザーやメーカーが歓迎する場面だが、一つ問題があった。」

 きちんと修正した事自体は評価するとして、その事をどこにも注記しないのはジャーナリズムとしていかがなものか。誤字脱字の類であれば私もこんな風に突っ込む気はないのだが、内容が事実と正反対というレベルの記述を修正するという行為を金をもらって書いている人が行うのは非常にまずい行為だと考えるが、いかがだろうか。いやまあ、印刷・放送メディアなんか不正確極まりないものでも平気で放置している訳だから修正しているだけマシと言えばマシなんだろうけど、知らない人にはなかったことにしてしまえる電子メディアの特性上履歴は残しておくべきではないだろうか。修正前のものを読んで信用しちゃった人は、後で私みたいなのに指摘されてソースを示そうとしたら何食わぬ顔で修正されちゃってて思いっきり恥かく訳ですよ?そういうのをどう考えるんでしょうね、この筆者。

 「所詮ソフトバンク」と言われたいのだろうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無線LANの5月病?

さすがソフトバンクと言うべきか。

 ソフトバンクグループには「創業以来IT分野の出版ビジネスを担って来たソフトバンク パブリッシング株式会社の子会社」ITmediaという会社があります。このサイトは私も情報源として見ているのですが、久々に「キター」っていうか「あちゃー」っていうか、トホホな記述を発見してしまいました。

 ITmedia Lifestyleというページに掲載されている(これを書いている時点で)「無線LANの5月病? その症状と対策」なる記事の文面ですが…。

 「現在のIEEE 802.11aでは、5150M-5250MHzの中に20MHz間隔で4つのチャンネルが規定されている。法改正後は、これが倍の8チャンネルになり、一つのアクセスポイントに8台までのクライアントが同時にアクセス可能になるわけだ。本来なら、ユーザーやメーカーが歓迎する場面だが、一つ問題があった。」(強調は引用者)

 802.11b/gでも現行の802.11aでもそうですが、1アクセスポイントに複数のクライアントが見かけ上同時にアクセスできるのが普通の仕様ですが?と言うか、1つのアクセスポイントが使えるのは1チャンネルだけなんですが(802.11aと802.11b/g同時使用可能なデュアルバンド仕様の機種であればバンド毎に1チャンネル)。同じ場所で同時に使用しても互いに干渉しないアクセスポイントの最大数が8台になったというなら正しい記述ですが、意味が完全に逆になっております。この筆者、自分で無線LANを使ったことないんじゃないの?

 署名記事である事に敬意を表して?ライター名は記さないでおきますが、ITmediaへの指摘もしないでおきます。誰か親切な人がするでしょうし、されないならされないでいつまでさらし者になっているか見ものですので。きっと某掲示板あたりでさらされていると思いますが、さて。

 日本語が比較的まともなだけに残念だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食料自給率

頭がいいのか悪いのか(99%後者)。

 食料自給率の算出基準を、カロリーでなく購入金額にした数値を使おうという動きがあるようです。農水省的には野菜や果物のようにカロリーに対する構成比は低いが国産品のシェアが高い食品の影響を大きく反映したいという意図だと説明しているようですが、要するに上がらない自給率の数値を上げたいという事のようです。

 あなた方の仕事は自給率を上げることであって、数値を上げる事ではない筈ですが。

 野菜や果物(=ビタミン類)だって重要な栄養素に違いはないので、それを反映する数値が必要であるということ自体は理解できるのですが、それを反映するなら主要栄養素毎の数値を出すか重要度で重み付けして算出した数値を採用するべきでしょう。何の為に自給率を問題にしているのか分かってないから、こういうアホな(バカでもどっちでも構いません、本質的な問題じゃないので)事をやろうとするのでしょう。

 世界的にもカロリーベースの数値が主流なのには、ちゃんと意味があるのです。やはり文系が偉そうにしてるのは良くない。こんな事だから亡国の役人などと呼ばれるのだ…と、建国記念の日らしくやってみる(白々しい度70%)。

P.S.ちょっと追記しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソフトバンクに800MHz

「猫に小判」とか「豚に真珠」と同義。

 携帯電話の周波数再編成について800MHz帯への参入を申請したソフトバンクですが、予想通り却下されたようです。まあ、当然じゃないかと。

 総務省が募集したパブリックコメントが公開されていますが、読んでいるとなんですね、既存2社のみへの配分容認派(以下賛成派)とソフトバンク参入に賛成派(以下反対派)とではコメントの偏差値が10くらいは違うっぽい。電子メールを基本的にそのまま掲載している訳ですが、反対派の方が誤変換が多く、読点の打ち方やら話の進め方も読みづらい傾向が感じられました。まあ、YahooBBのユーザーに社長名義でメールを送るという反則技で送らせたコメントなので質が下がり気味なのは仕方ないのかも知れませんが…。

 …と言うか、だな。

 競争さえあれば値段が下がると思ってるだろ?

 日本の携帯電話料金が世界一高いという結果だけ見てるだろ。

 800MHz帯が携帯電話に最適だという理由を200字程度できちんと説明できる奴ほとんどいないだろ。

 ぶっちゃけた話、無線通信の何たるかをほっとーんど理解してないだろ。

 ソフトバンクがブロードバンド通信の料金を下げるのに大きく貢献したと本気で思ってるだろ。

 孫君の言うような方法で参入すりゃ絶対勝てるわな。リスクないもん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三菱のマークを描きなさい

定規とコンパスだけで。

 「紙と鉛筆を使えないから描けない」という突っ込みは無しね、もちろん。筆記用具と紙(ないしそれに類するもの)は使います。

 三菱のマークは、正三角形の各辺を三等分した点をそれぞれ結んだ線で出来ています。問題は「定規とコンパスだけで」という条件で、要するに中学校までに習う幾何学の条件下で描いてくれという事です。念の為に書きますが、定規は直線を引く機能だけ(=目盛りは無し)、コンパスも特殊な機能の付いてない奴です。さて、いかがでしょうか。

 「そんなのわからない」と答えた方、数学アレルギーかもしれませんが、中学校レベルの問題は押さえておいた方がいいような気がします。

 「それは出来ない」と答えた方、恐らくあなたは定規とコンパスだけで任意の線分を三等分することは出来ないという知識をお持ちだと思います。でも、不正解。

 もちろんインチキ無しで可能です。大まかな方針は2通りあると思いますが、基本的にはどちらも同じ考え方。

 三等分しなけりゃいいのです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

1周年なのだった

もちろん忘れていたわけじゃない。

 そうなんですよ、このMIGIWAも昨年の立春にスタートさせたものですから今日で丸1年続いたわけです。1サイトの平均寿命が2~3年と言われることを考えるとまあまあでしょうか。blogは各社のサービス内容にいろいろ差があるので何ヶ月も経たないうちに移転とか実質立ち消えなんてことも珍しくありませんから。本館は6年半やってますが、ここ数年死にかけ同然ですしね。

 で、何故かここ半月くらい興味を持っていたのが「新規ココログ開設者は最初にどんな事を書くのか」という話で、それっぽいタイトルを見つけては読んでみてたのですが…予想通り「つまらない」のですよこれが。まあ、それっぽいタイトルという時点で既に決まったようなものですが、「今日からはじめました、よろしく」なんて書いてあるだけの投稿が面白い訳がない。今から始める皆様は、このことを肝に銘じて最初から本題に入る事を強くお勧めします。ああ、もちろんその冒頭で「今日からはじめました、よろしく」と書く分には何の問題もありませんが、ココログの場合「新着ココログ」なんてリストがあるのでタイトルでアピールする必要はほぼありません。もう一度書きます、「最初から本題に入るべし!」

 ええ、うちの1年前が典型的なつまらない投稿だったんですから間違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »