« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

見るべきものは見つ

by平知盛、の話じゃなく。

 露出があまりよろしくなくて瞬間を捉えるには至らなかったが。

アンタレス食(出現直後)

 画像は先程終わったアンタレス食の出現直後(オリジナルサイズの真ん中付近に見える点がアンタレス)。潜入の方は撮影してないので念の為。

p.s.食終了後1時間弱の時点で撮影に成功された方をとりあえず確認、トラックバックさせていただいた。

p.s.2 CRT等でアンタレスが見えなかった為、ガンマカーブを補正した画像に差し替えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

漢字二文字で表すならば

かなり苦しい奴もある。

元祖、重厚、耐雪、革新、直通、最速、(※空き)、主力(安楽)、伝統
最大(※)、多才、延伸、連携

 …こんな感じになった。※は当初予定では上段のこの位置に入る筈だったものが下段に来る事になった事を示す。上段8番目の奴はこう表記せざるを得なかった。上段5番目と下段3番目はほとんど同じでいいのだが、それじゃつまらないので無理してみた。上段2番目とか下段3番目には異論のある向きもあろうが、「重厚!」とか「延伸!」ってエクスクラメーションマークをつけて叫んでみると気持ちを分かってもらえるのではないかと密かに期待している。

 四字熟語で表すなら…次回の課題だな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

予想の1/3とはいうけれど

予想通りしょぼい対応。

 行きたいような気はまだある愛知博ですが、初日、2日目(今日)とも事前予想の1/3ほどの人出だそうで。天候がいまいちという事で仕方ないかも知れません。

 でもね、公式サイトの見学予約システムがパンクして止まっている(確認済み)という事はですよ、予想通りの人出があったら一体どんな事になってたか。だめだめじゃん。

 行く気が失せる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行方不明者

役立つかどうかは不明だが。

 私が今仙台に住んでいるのも何かの縁でしょうから、微力ながら協力させていただく事にしました。詳細は「つぐみ、どこにいるの?」を参照してください。

 コメントやトラックバックにつまらない煽りが混ざっていたりもしますが、地元にいてもこういうニュースをやっている時間帯に家にいなかったりして知ったのが昨日という奴(私)もいますので、ネットの力も必要でしょう。

追記(29 March 2005)
 3月28日に警察が公開捜査に切り替え、29日深夜(というか早朝)に本人からの連絡があり警察に無事保護となりました。それに伴い、上記で紹介したページへのリンクを解除しました。本日の時点では「娘が帰ってきました」というタイトルに変更され、謝辞が掲載されているのを確認しています。リンクについては状況を見て現状維持または解除の予定です。


追記(14 April 2005)
 4月7日に閉鎖予定だったようですが、他にもいる行方不明者についてのページをいくつかリンクされているのを確認しました。

追記(26 June 2005)
 ページが削除されているのを確認したため、リンクを解除しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

災害時の安否確認

これだから変人と言われるのか?

 先日の地震の際にも直後に電話がつながらなくなる(=みんなが安否確認をしている)状況が起こっていたようです。真昼間でしたからすぐさま電話した人も多いようでしたし、TVのニュースを見ていてもその映像が流れていました。

 しかしですね、そんな安否確認して一体どうするんでしょ?

 新潟の地震のときもそうでしたし、私自身の経験だと10年前の兵庫県南部沖地震のときもそうでしたが、私はどうして直後に安否確認をしたくなるのかが今ひとつ理解できないんですよね。だってそうでしょ?そんなのしても無駄ですから。私の場合、被災した(かもしれない)側かそうでない側かは無関係でそんな大至急に連絡とってどうすんの?というコンセンサスが実家との間で出来ているようで、10年前の地震のとき(私が被災側)にしても4年前―きっと忘れている人も多いでしょう―の芸予地震のとき(実家が被災側)にしてもどちらもすぐに連絡を取ろうとしてないんですね。もちろん昨年の台風のときなども同様。

 ええ、何かあればそもそも連絡を取れない訳ですし、何もなければ落ち着いてから連絡すればいい訳で、一刻も早く連絡を取るべき理由は無いのですから当然の行動を取っているだけのつもりなんです、私としては。それよりも人命がかかっているなどで緊急に連絡を取る必要があるであろう人が確実に存在する筈ですから、空けておくべき回線は空けておくべきなんです。仮に大丈夫じゃないということになったとして、じゃあ何かできるのかというと近くにいないんじゃすぐに役に立つ訳でもないし、物資だけ送るにしてもそこまでの大災害なら輸送機関も通常の状態ではないのだからそうそう役には立ちません。だいたいですね、台風直撃の真っ最中とか地震が起こった直後に「大丈夫か」とか連絡入れられても困る訳ですよ?そこにいる人間にとっては目の前のピンチをしのげるかどうかが最重要なんですから。

 でも、話を聞いていると親子どころか親戚縁者一同とかたいした付き合いでもない友人知人がそろって(別々に)連絡してくれとか連絡しなかったとか何とかいう人達もいるらしく、正直なところ私の理解をはるかに超えております。何がしたいって、結局自分が安心したいというか「ヲレってピンチかもしれない奴の心配をできるやさしいヒト」って自己満足を得たいか、まあそんなところじゃないでしょうか。

 ところで、ニュース映像で子供を家に置いてきた親と思しき方が「(電話が)つながらない、つながらない」とか言っていたのも見ましたが、「電話する暇あるならさっさと家に戻ったらどうよ?」と突っ込んだ私は鬼でしょうか?だって、少なくとも仕事などではなく単なる買い物か遊びで出てきている風情でしたからね。子供の年齢は判りませんが、どっちみち自宅なんだからさっさと戻って確認するのが第一なんじゃないかと思いますよ。

 何か、間違ってますかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朋遠方より来る

空間的にはそれほどでもないが、時間的には遠かった。

 ほぼ一月前の話ですが、友人Aから「(長い事音信不通だった)某友人からはがきが来た!」というメールが入りました。友人Aの所に届いたのはこの仲間内では唯一住所が変わっていないからだろうと思いますが―実家は全員変わってないので連絡が付きそうだと認識されたという理由もあろう―、今月に入って直接メールでやり取りをしたりもしました。いや、メールの方が良いのですよ、みんな生活時間帯にずれがあるものですから。

 この某友人ことYoneda氏、私が入りたくても入れなかったプラネタリウムクラブの第一期生―募集に気付かなくて、気付いた時には応募資格がなくなってたのさ―でもあり、その同窓会の発起人でもあります。関係者の方がいらっしゃいましたら連絡を取ると喜ぶんじゃないかと思います。なんか私がたくさんアドバイスをしたかのような事を言われているかも知れませんが、たいした事はしてませんので念の為。こちらからリンクする事で関係者の参加に一役買えれば、まあ幸いです。「広島市こども文化科学館のプラネタリウムクラブでは、今年の夏に同窓会を企画中です」との事ですので。

 まあ、そのうちリアルで再会できる事を期待しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛地球博に行きたい

そういう趣味はないんだが。

 この春休みに実家の母やら甥・姪どもが行くんだそうですよ、あの博覧会に。基本的にうちの一族はああいうイベントをさほど好まないのでどうした事かと思ったら、要するに氷付けのマンモスを見せてやろうという事らしいんですな。まあ、これからの(長いであろう)人生の何かのきっかけになればという意図はあるようです。それで理工系を目指させようとか押し付けるのではなくて、あくまでもきっかけとしての効果を期待しているようですが…。

 私もこの手のイベントを好む方ではないのですが、実は最近何とかして行けないかとうっすら考えております。マンモスも見逃したら当分見られそうもないですが、困った事にリニアモーターカーの実車が来るは、アクセス交通に磁気浮上式リニアモーターカーが開業するは、月の石が来るは…トヨタのロボットなんか眼中にございませんが、こう目を引くものが並ぶと困るよなぁ。

 実は超強行軍なら日帰りも可能だしな、どうしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

バズーカ直撃

痛くもかゆくもないけど。

いや、笠原弘子さんのライブに行ってきたんですが、演出で登場したバズーカの直撃を受けました。もう当分こなさそうな整理番号一桁で最前列にきたかいがあったというものです。至近距離はやっぱりいいなぁ。

しかし、曲名の出てこない曲が多くてorzって感じです。今回の選曲は10〜15年前の曲が多くて知っているのに名前が出てこないパターンが多いので尚更落ち込みそう。

ちなみに、チケット申し込みは昼の部でしたのですが代金振り込みの時に夜の部と書いてしまって夜の部のチケットが届いたので、交換してもらおうと番号を見たら一桁だったのでスケジュールの方を組み替えた私はやっぱりダメダメでしょうか?

P.S.同席した皆様、終演後挨拶もせずに消えてすみません。最終便で帰るのはさすがにきついので一本早い便に変更しました。またの機会によろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名案

迷案だという人もいるか。

前から考えていたのですが、先日JRが全面禁煙席化は出来ないと言っていたので私から妥協案を。

普通車は全面禁煙席。

グリーン車のみに喫煙席を設ける。

JRさん、これなら儲かりまくってウマーですよきっと。もちろん乗務員・販売員が健康を害する恐れがあるので一切サービス無し。座席なんてパイプ椅子でも並べておけば問題なし。料金も禁煙席の倍くらいに設定しておけばいくらでも埋まりますよ。

差額は煙処理設備の整備・稼動費用に充てれば文句は出ないでしょう。出ても無視。一方的に加害者なんだからそのくらいの負担は甘受すべき。

いえ、アイデア料なんか要りませんから至急全社で採用してください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

感覚の差異

結局あの人も金額だけ。

 昨日静止軌道に投入された―ドリフトしてんじゃないの?―「ひまわり6号」ことMTSAT-1R絡みで、打ち上げにかかった費用やら何やらでいろいろ批判が出ているようです。有名なところでは「高速道路はこれ以上必要ない」が持論の?作家だかなんだかが発表していた奴でしょう。時代遅れになってしまった航空管制機能が必要ないとかまあいろいろ言っている訳ですが、今上がっているインマルサットがトラぶったりしたらどうすんだ的発想はないように感じます。気象衛星の軌道上予備機はおろか地上予備機すら用意しなくて平気な人達が文化人だか知識人だかをやっていられるような国ですから、仕方ないかもしれませんが。私なんか三重系でも安心できないんですが、神経質でしょうかね?

 さて、MTSAT-1R―GMSシリーズじゃないのを「ひまわり」と呼ぶのはちょっと抵抗がある―を打ち上げたH-2Aロケットについても2月末から3月初めにかけて批判を目にしました。主旨は数年前の宇宙開発委員会だかで当時の宇宙開発事業団副理事長が「品質を上げるためには(ロケットを)じゃんじゃん打ち上げさせろ」のような発言をして委員の失笑を買ったとか退席した委員がいたとかで、宇宙開発関係者は感覚を修正すべきではないかという論調でした。ええまあ、一般の感覚で考えると開発費1千億円以上+1回数百億円コースの出費を伴うロケット打ち上げをじゃんじゃんやらせろとは何事かという事になるのは仕方ないかもしれません。1機数十億~数百億円の消耗品など通常では考えられないかもしれませんが、確かにロケットは消耗品です。残念ながら自動車や航空機のような耐久消費財として扱うのは無理がありますが、現在実用化し得る技術の範囲で見る限り再使用を前提にしようとするとスペースシャトルのようにかえって高くつく現実があります。消耗品として考えると、その品質向上とコストダウンの両立には量産を進めるのが手っ取り早い方法です。この観点から見ると「じゃんじゃん打ち上げさせろ」というのは至極まっとうな主張になるのです。皆さんの周りでも「新製品を買ったら初期不良に悩まされた」というのは決して珍しい話ではない筈です。

 では量産せずに品質を上げる方法が無いのかというと、コストを軽視すれば難しい話ではありません。土木や建築の世界のように、それぞれを基本的に一点ものとして作る事にすれば品質は確保しやすくなります。その代わり開発コストがその度にかかる格好になるのでお値段に跳ね返る事になりますが…。もちろん一点もの扱いで作ったロケットに諸外国の量産品に対する競争力が無いのは言うまでもありません。

 自前のロケットも衛星もやらない事にすれば、目先のコストダウンは容易です。そうして自前の衛星を大幅に減らした結果がMTSAT-1Rの打ち上げ遅れ―メーカーが倒産して金だけ取って逃げようとしたので契約の履行を求めたら契約を破った方が追加料金を要求したというトンデモな事態に遭った―の遠因にもなっている訳です。だいたい日本には自前の打ち上げ能力があるからよそが低価格を武器に売り込みに来るのであって、打ち上げ能力が無いのなら裏でカルテルでも結んで価格を吊り上げるのは容易です。いや、談合という方がいいですよね。上記のトンデモな事態だってこちらが自前で作れないと足元を見られているから起こった訳で…。

 どうもね、無駄な出費を省くのととりあえず金額を抑え込むのとの違いが分かってない人が多いような気がしますね。よく言われる「頭を使う(知恵を絞る)のはタダ」ってのは重大な間違いではないかと最近考えるようになりました。頭を使ってコストダウンした結果得た儲けを頭を使わない間接部門が横取りするような構造なら、そりゃ理工系離れも人材流出も起こるわな。以前は違和感を持っていた「金額に見合ったぎりぎりの仕事をするのがプロである」という言葉が正しく見えてきた最近の私。

 いえ、私なんて偽術者ですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

島流し

過去に一度されてるが(やわらかい島)。

 いえ、要するに島へ出張する事になっただけの話なんですが。私の勤務先だと東京の管轄なんですが、お客様の方では仙台の管轄なので私が仙台から出向く事になった次第です。陸上の移動距離が倍くらい違ってきますけど。

 業務内容から考えると本社の管轄なんですが、担当者のスケジュールがいっぱいで私にお鉢が回ってきたのでした。微妙に接続が悪い為、本日はほとんど移動しか出来ずにおしまいです。楽でいいんじゃないかって?こういう時に限ってオフィスに仕事が山積みされるんだよねぇ…。

050307_15540001.jpg050307_15150001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「電車男」映画のキャスティング

そんなんでいいのか。

 「電車男」映画化の話は前からありましたが、キャストが決まったというので主演俳優の顔を見てみましたが…えーと、使用後から逆算したという事でしょうか。これをダサ男にするのはまあメーク技術でどうにでもなるでしょうから、あとは演技力でしょうね。

 一方の「エルメス」は…「電車男が掲示板の仲間に「中谷美紀に似ている」と主張しており、本人が演じる絶妙のキャスティングとなった。」という文を見かけましたが、私は声を大にして言いたい。

 「モデルにした本人が演る(やる)なんて、こんなのキャスティングじゃないよな。」ゆうきまさみ先生談(それは役も作品も違う)

 ヤングサンデー誌とヤングチャンピオン誌でほとんど並行して連載しているという状態を見ていると細かいところの違いにそれぞれのまんが家のセンスが出ているというかなんと言うかが面白いんだけど、逆に言えば視点をエルメス側に振ったネット小説のような大胆なアレンジをしていないのはいろいろ縛りがあるからなのか何なのかいらぬ想像をしてしまいます。女性向けまんが雑誌でもやるという話もあったような気がしますが、その辺をどう処理するかはそれなりに気になります。映画化についても私の関心は主にその辺に向いていまして、実はキャストそのものにはそれ程興味が無かったりします。あまりつまらない縛りを加えるのはいかがなものかと思いますが、さて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2台目のケータイ

2代目のもあるけど。

 今まで私の勤務先では、携帯電話が必要と判断した社員には毎月一定額を支給して各自が任意のキャリア・機種を選んで持つという形をとっていました。私も現在の職種に就いてから勤務時間中の外出機会が増えたので持たされることになり、コストとエリアと音質・通信速度のバランスを考慮してauを使っていました。ところが最近になってちょいと方針が変わり、FOMAを会社から支給・月々一定額までの料金を会社負担という形を取るようになりました。いや、一部の社員が対象で今まで通りの社員もいる訳ですが。

 FOMAといっても機種は選べませんし、カラーリングも1種類しかないので、今回支給対象になった社員はみんな同じ機種を持つ事になります。電話番号もあちこちで連続しています。901シリーズが既に出ている時期ですが支給されたのは900シリーズです。だからと言って在庫処分などではなく、企業向け専用ということで一般の販売店では買えない―法人契約できれば買えない訳じゃないのでしょうが―という機種なのです。まあ、普通に使う分には売りになるような機能がある訳ではないので、持ってても自慢にも何にもなりませんが。

 会社の方針が変わったのは、要するに支給されたFOMAの持つ特殊な機能を組み合わせて使えるのが売りになる私の勤務先の製品を拡販する為、なのです。ただでさえ取扱説明書を読んだくらいではさっぱり分からないので販売店あたりから問い合わせが来る製品を売っているのに自社製品以外のものを組み合わせるのが前提同然の製品を売ろうというのですから、さすがに関係者に使わせて習熟させないとまずいだろうという事になったようです―やってみても良く分からないような気がするのは気のせいか?―。最初は希望者を募っていたのですが、いくら習熟の為とは言え番号が変わったり電話帳の内容を移す必要やら何やら考えると私でも躊躇します。恐らくは希望者がろくにいなかったと見え、関係する社員については半強制的に持たせる事になったようです。

 で、実はこの話が立ち消えになったかと思われた昨年末にauの機種変更をしてしまいました。いくら某量販店のポイントだけで済んだとは言えさすがに2ヶ月程しか使ってないものを解約してしまうのは気が引けましたので、とりあえずプライベートは今まで通りauメイン、仕事向けはFOMAという体制を取る事にしました。auを年間契約にしているのでどちらにしてももうしばらくは併用するのですが、半強制的に持たされると分かっていればauを機種変更せずにWILCOM(旧DDIPocket)のいわゆる「京ぽん」にする方が2台持つ意味があって良かったのにと思う事しきりです。au(WIN)とFOMAじゃエリアも速度もau優位、使用頻度から考えると料金も大差なしなのでFOMAの意味が…。プライベート用を兼ねる携帯電話番号を仕事先の人に知らせるのはどうしても抵抗があるので、その面では2台体制は悪くないのですがコストがねぇ。FOMAとWILCOMだと両方ともエリアが弱点になるとしても機能分担が出来るメリットは捨て難い。1台だけならコストはともかく高速通信が出来て位置情報付き画像撮影やナビゲーションも出来る現有au機は理想にそこそこ近い。

 まあ、しばらく併用して様子を見ないと仕方ないですね。全面的にFOMAに移行される方ももちろんいらっしゃるのですが、仕事とプライベートとの番号分離が捨て難いだけに悩みどころです。デュアルバンドFOMAが実現したらFOMAカードの抜き差しで対応するというシナリオもあり得ますけど…(番号分離は別の方法が必要)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »