« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

Ring2

やっぱり映画の話じゃない。

 以前「Ring」というエントリを書いていますが、その続き。書いたの、去年の夏だったとは…。

 名古屋の都市高速環状線、標識には「Ring」と書いてあります。当時「英語じゃ環状線をringと表現しないんじゃないか」と疑問を呈していた訳ですが、やっぱ私はまだまだお勉強が足らないようです。

 …ドイツ語じゃん、これ。

 ええ、そうですよ。ドイツ語読みだと「リンク」ですからね。スケート「リンク」もそうだし、自動車ファンにはおなじみであろう「ニュルブルクリンク」は「ニュルブルク(地名)サーキット」の事だ。リンクとは閉曲線、つまり環状線の意味を当然持っている。

 へっ、どうせ私は学生時代ドイツ語の単位は取れなかったさ。

 いやきっと、名古屋が「Ring」を採用した理由は「東京と同じのも大阪と同じのも嫌だから」だと思うけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポンポンを作る

売ってもいる様だが。

 先日作ったんです、ポンポン。まあ、正確に言えばポンポン「のようなもの」って感じですが。基本的に私は「何でも自作」という気合の入った部類の人間ではなく、どちらかと言えば「無ければ作る、あれば使う、合わなきゃ改造する」という方針で動いています。改造も基本的にはどうしても我慢できないところを調整するレベルでするもので、原形を留めないような事はしない主義です。昨今は改造自体が目的という本末転倒なのもよく見かけますが。

 …話が逸れました、ポンポンです。突如必要になったものですからそこら辺にあるものをかき集めて一つでっち上げました。「のようなもの」なので一つで十分だったりします。30代も半ばを過ぎたオッサンが振り回して応援するのに使う訳は無いので―そういう人もいるかも知れないが、私は違う―、引越しの時に使ったような気がするビニール紐を細く裂いたものを束ねたもの、正確にはビニール紐を適度な長さに切って束ねたものを更に細く裂いたという手順で作りました。私の用途にはこれで十分というか、売ってるようなポンポンではむしろ都合が悪かったりします。それなりに細く裂かないとごわごわして動きが悪いので、いい感じになるまでには結構手間がかかりました。結局結構な時間をかけましたが、ちゃんと動いてくれて役には立ちました。

 応援に使うような奴は構造が違うんだろうな、やっぱ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

カラオケ処世術

これでちゃんと歌えてりゃ。

 先日勤務先で組織変更があった関係で送別会があったのですが、その二次会がカラオケでした。東京勤務時代以降の知り合いには信じてもらえないっぽいのですが、私は元々カラオケが嫌いです。なんやかんやで克服?しましたけど。

 その二次会の際に歌ったのが…「さくら(独唱)」、「翼をください」、「赤道小町ドキッ」、「THUNDERBIRD」、「あずさ2号」…ってな感じでした。いや、全部初めて歌ったので出来は散々って感じでしたが。

 多分、気づいた人はその場にはいなかったと思いますが…。

 まあ、そういう送り方もあるって事で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

部分月食

今晩は満月でした、まる。

 …月がどこに出ているのかさえ分かりませんでした。完璧な敗北です。雨でも降っていれば最初からあきらめるんだけどねぇ。

 撮影用にテープを買ってきたのが敗因だろうか。いや、準備万端整えると天気が…ってよくある事だから、バッテリーの充電は敢えて避けてみたのだけど。

 まあいいや、テープは火星撮影に使おう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

異星人の辞典:リッチコンテンツ

リッチコンテンツ【rich-contents】

 多くの場合、人的・帯域幅・容量といったリソースが大量につぎ込まれたディジタルコンテンツを指す。リソースが大量につぎ込まれているので質が高いかと言えばそうでもないか、むしろ見掛け倒しとかこけおどしの場合が大半である。

 ユーザーから見ると表示されるまでの時間がかかる割に面白みが無いとか、不可解な設計思想の下に作られたユーザーインターフェイスが分かりにくいとか、メリットがほとんどない場合が多い。

 制作者がFlashやDynamicHTMLの技術をアピールしたいとか工数のかさ上げを目的としている場合が多いと考えられるが、発注者が「よそがやっている(派手な)のをうちでも」という程度の認識の場合も多々あると考えられる。

 当所ではこれらを「ファットコンテンツ【fat-contents】」と呼ぶ事を提唱したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜ファンの皆様へ

「幸せを分けてくれ2」とも言う。

 ベイスターズファンの皆さん、Aクラス確定おめでとうございます。カープファンとしてお願いがあります。自身の単独最多勝を犠牲にした黒田投手にエールを送って欲しいのです。

 これでカープは横浜に数年ぶりのAクラスもプレゼントした訳で、今年はタイガースファンとベイスターズファンに死ぬほど感謝してもらわないとなぁ…スワローズファンには恨まれそうな気もしますが、それはまあ勘弁してください。

 その黒田ですが、FA移籍の噂もあるようです。カープファンとしては大変辛いのですが、最下位のチームで最多勝取って、完投数トップで、防御率と投球回数が2位…って成績を見ると、出て行くと言われても止められんよなぁ。少なくともメジャーがどうこう言っていたうゑはらだのゐがわあたりとは内容が違うぜ。隔年稼動の噂も高いGの左腕投手なんかもちっとは見習え。

 ええい、それにしても最多勝(タイ)投手とホームラン王がいて最下位ってどういう事だ。やっぱ、カントクがもう少し考えただけで最下位くらいは避けられたんじゃあるまいか…。5年連続Bクラスで実質任期満了で退任なんて考えられない。前回も主張したけれども形だけでもいいから解任にして欲しいもんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本館開設7周年

更新頻度ガタガタですが。

 本館開設から丸7年経った訳ですが、この別館でさえ更新頻度がぼろぼろという情けない状態でございます。いや、ねたは十分ある筈なんですが、なんだか文章にまとめるところで引っかかっちゃって進まないという…。その割にせこせこ工作なんかしてたりしてますが、それさえ買ってきて10日程放置しておいて夜中にふと思い立って組み立てるという不健康かつめちゃくちゃな生活をしております。この工作、肝心のところを作るのにはかなりの丁寧さが要求されるような気がしますが、今回はかなりいい加減に―ふちの切り落としが指示されているが今のところそのまま―組み立ててしまいました。その割には思ったよりまともに機能しているようで、もう一つ買ってきて今度はもう少し丁寧に作ってみようかと思わないでもありません。その前にやる事がいくつもある訳ですが…。

 星像はまあこんなもの、星の数が多い(約10000個)せいか案外見栄えはします。うるさい事言わずにインテリアとしてなら1点の不満以外は…改造しろってか。実は雑誌部分に「改造講座」と称して数例の改造例が掲載されていますが、私の場合はそのうちの一例に近いものになるでしょう。

 きっと、買ったに違いないと思われているでしょうが、まあ予想通りです。本館のリンク先にも2~3人の方がレポートを上げていらっしゃるのでご覧頂くのも良いかもしれません。笠原弘子さんのライブに行った時にも集まっていたファンの一部で話題になっていましたが、そのうちのお一人が設計者の先輩に当たるんだそうな…世の中狭いというか何と言うか。
[ピンホール式プラネタリウム]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »