« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

漢字バトン

そーゆーのもあるのね。

 某SNSにてかずかずさん(笠原弘子ファンの同志)から回ってきましたので回答してみようと思います。回ってきたのが1週間前だというのは内緒だ。

■1.前の人が答えた言葉に対して自分が持つイメージは?

【巫女】たまにいるめがねの巫女さんもいいですね。ショートの巫女さん描く人の首を絞めたくなります(付け髪してでもロングに仕立てるそうです、あれ)。某友人の結婚式の時の巫女さんががしがし歩いてるのに「なンだその歩き方はッ!」と突っ込みを入れそうになったのは内緒だ(入れそうになった、じゃなくて入れただろ)。

【火星】何故か接近のピークの時には見ない星。おまけに見るときは気流がアレでナニなのでまともに模様を認識したためしがない。そして、のぞみ。

【秋葉原】魔界都市というと新宿らしいのだが、こここそ魔界だよな。電車で数分のところに住んでいる時にはあまり行ってないが、たまに行くと有り難味が分かるような気がする。


■2.次の人に回す言葉を3つ

ぢゃあ趣味に走ってみようか。

【鉄道】走ると言えばまずはこれ。

【電波】敢えて「無線」にはしない。

【無重力】さあ想像してもらおうか。


■3.大切にしたい言葉を3つ

【信頼】したいし、されたい。

【科学】セーガン教徒としては、まあ。

【経験】私が私であるために。


■4.漢字のことをどう思う?

 特に苦手意識はないけど奥は深い。苦手という人は多分成立過程なんかを無視して憶えようとしているからじゃないかと推測。一方で漢字変換で簡単に使えるようになったせいかやたら漢字を使うパターンも良く見かけるけど、私は「手書きでも漢字にするかどうか」を原則としているつもり。


■5.最後にあなたの好きな言葉を3つ教えてください

『一撃必殺』するかしないか選択肢があるっていいですね。

『世界征服』世界は私の前にひれ伏したのだ!

『変幻自在』このように生きられるといいのですけどね。


■6.バトンを回す人5人とその人をイメージする漢字を

この手の奴って、どうしてやたら数を大きく取るんでしょうね…って事で、漢字の方を置いておきますので思い当たる節のある人は自己申告してください。(とりあえず5語)

「二人」
「英雄」→伊賀電氏が回答してくれたのでどうぞ
「飄々」
「虚空」
「教鞭」

 ちょっと(かなり?)ねたに振ってる傾向がありますが、まあ気にしないように。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

早起きの訳

書かない方が良かった?

 昨日出張で東京にいた事は昨日書いたとおりですが、私にしては珍しく始業の40分は前から出社してました。タネを明かせば始業時間を20分ほど勘違いしていて十分余裕のあるうちに着くつもりが十分すぎる余裕のあるうちに着いてしまっただけなのですが。基本的に朝には弱い私がそんな早起きが出来たのにはもちろん理由がありまして、それはもう皆様のほぼ予想通りの理由だったりします。

 そう、M-V8号機の打ち上げを見ようと打ち上げ予定時刻の5分前に起きていたのです、インターネットに接続したまま―だからネット使い放題の宿に泊ったのだ―。ええ、昨日は天候不良で延期になったのはご存知の通りですが。

 M-Vは本日無事に打ち上がった訳ですが、今朝ももちろんインターネット中継に接続したまま朝を迎え、「うわぁ露出が露出が!」と騒いでおりました。

 今朝ですか?いつもより5分遅めの出社となりました―まだ余裕がある程度―。二度寝したもんで、はい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出張してきました

東京1泊。

 基本的に飛行機の使用には許可が必要な私の勤務先ですが、さすがに福岡-東京間はデフォルトが飛行機のようです。いや、私は新幹線でも在来線でも構わないんですよ?移動時間の多い分仕事しなくていいっていう事でしたら。これが大阪だったら、私の場合は新幹線を優先して選びますけどね。今回はちょうど良さそうな時間帯の飛行機を往復で機種を分けるくらいしか出来なかったのがちょっとつまらなかったかも。

 昨日定時終了とほぼ同時に空港に向かい、十分余裕を持って宿のチェックイン時間を設定したつもりでしたが…ほぼぎりぎりの到着でした。羽田空港って案外不便なような気がします。面倒だったので宿も都営浅草線沿い―京急羽田空港線から直通―を選んだのに、品川で乗換えだったので結構時間がかかってしまいましたね。会社も都営浅草線沿い―一番近い訳じゃないがまあ一般的に許容範囲―なのでいいんですけど、私個人的には急行のくせに飛ばす駅のほうが少ないなんて理解に苦しみます。と言うか、空港線に入ったら特急でさえ各駅停車ってのはどういうことよ?

 交通機関的にはあまり工夫のしようが無いというか工夫すると面倒でしなかったのですが、泊った宿はちょっとひねってきましたよ。ええ、今話題のあのホテル。普段だったら全く工夫した事にならないのですが、この時期に泊れば少しは話題に…。別に建物の強度がアレといった方の話題になったホテルじゃないので問題はないのですが、フロントのおねいさんが「おかえりなさいませ」って言うのは…チェーンのあちこちに泊ったけどそんな事言ってたっけ?

 ちょっと道路の騒音がきつかったのは想定外でしたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はぴばすでい

でぃあひろこちゃん。

 もう日が変わる頃になって言うのもなんですが、本日は笠原弘子さんのお誕生日でございます。って事は、明日は振替休日ですよね。ゑ、違うの?どうして弘子さんの誕生日が国民の祝日じゃないのさ。それは法律がおかしいんだよ、だってJR東日本も三連休パスを…出してないや。いや絶対間違ってるって、これは。

 …などという与太話はともかく、日曜で休みだってのに特にイベントがあった訳でもなんでもなく、ほぼうちでごろごろ状態でした。車に乗ってた時に弘子さんの歌を聞いていたくらいのもので。もっとも、明日の夕方から東京に出張なんて状態では東京でイベントがあったとしても行けたかどうか…昼間だったら構わず行ってたのではないかと思いますが、夜だとすると翌日の仕事を休まずに行くのはかなり困難ですからねぇ。

 少々ネタ的にはさびしい状況ですが、弘子さんのご活躍を改めてお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミニツーリング

思ったより距離があったが。

せっかく福岡に住んでいるのだからという事で、ちょっとツーリングに出てみました。

広島の実家から行くより近いんだよねー、実は。
本州最西端

p.s.画像を軽量版に差し替えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はらだがしっかく…

変換できなかった訳じゃない。

 何とも浮き沈みが激しい人という印象のあるスキージャンプの原田選手ですが、先程予選1回目の試技後失格という情報が入ってきました。1994年の失速ジャンプ、1998年の失敗ジャンプ後の大逆転ジャンプ、2002年はぱっとせずで…と天国と地獄を見てる人だなあというのがほぼ同世代の私の原田選手観なんですが、今回は出場枠ぎりぎりで通過するも派遣された日本選手6人の中で実際に出られる4人の出場枠に入れるかどうか厳しい情勢と聞いていたので試技の結果も上々のようで「なんかやってくれるかな」などと思っていたらこの情報。

 失格の理由が「スキー板が長すぎる(身長と体重の関係で板の長さが決まるが体重が軽くなりすぎていたらしい)」って事で、あまりにあまりな結果ではあるけど今シーズンは100gの差で失格なんて例もあるそうなので残念としか言いようがない。つーか、こんなのボクシングの計量みたいに飛ぶ前に身長・体重を計測して「あんたはこの長さ」って決めちまえばいいと思うのだけど。もちろん飛んだ後規定より長いものを使っていれば失格でいいだろう―わざわざ不利になる短い板を使う奴はいまい―。当日の朝に計測すれば飛ぶまでに体重を増やしたり減らしたりするのは困難だろうし、このクラスの選手ともなれば板をおいそれとは変えられないだろうし…。さもなきゃ規定体重をクリアできるように錘を装着して飛んでもいいようにするか。

 どうもね、このジャンプ競技って恣意的に飛ばせないようなジャッジがたまに出るような気がして仕方ないのよね。件の原田選手の1998年の決勝1回目ジャンプなんて視界がほとんど取れないような条件でスタート指示出したりして―だから2回目のスーパージャンプが一層目立ったような気もするが―。ルール改正にしても、安全性の問題であれば全員が飛べなくなるような変更になる筈なのに比較的小柄な選手がより大きく不利になるような変更になってみたり。

 スーツのサイズ問題で失格する選手も出ているけど、これは体重より変動の少ないであろう身長などが基準だからちょっと意図的なものを感じるぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通信タワー

苦肉の策とも言う。

インターネット&電話通信システムを集めたラック

 光回線にIP電話を加えたらVDSLモデムにルータ、IP電話アダプタとそれぞれに機器が分かれるという状態になって置き場所に困ってしまいました。ふと100円ショップに寄ったらネット用のかごがあったので1台ずつそれに放り込めばいいじゃないかと気付いてこういうものを作ってしまった次第です。ネットも買うつもりだったのですが、以前使っていた突っ張り式の棚が余っているのを思い出し、それに括りつけて済ませてしまう事にしました。画像に写っている下から順にVDSLモデム、ルータ、IP電話アダプタ(壁寄り)、無線LANアクセスポイント(突き出し部)です。仙台で使っていたADSLの時にはADSLモデム、ルータ、IP電話アダプタがVDSLモデムより少し大きい程度のボディ1つに収まっていたんですがねぇ。

 下の端に写っているFAX電話の陰に隠れて見えないというか隠れるように写したので目立たないのですが、AC100Vで動くFAX電話と無線LANアクセスポイントのコンパクトなACアダプタはともかく、残り3台のACアダプタが巨大な為コード類の取り回しがちょっと不細工になってしまいました。これのために6口のテーブルタップを買ってきたのに巨大なACアダプタ3つで6口ふさぎやがった…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2周年

別館開設から。

 という事で、ここも丸2年使ってきた事になります。正直なところ@niftyのアホさ加減に辟易している面はあるのですが、私にとっては「メールアドレスを変えるのが嫌」と「日本国内どこに転居してもなんとかなる」くらいのメリットが実のところ重要で未だに引きずっているというのが正直なところです。ああ、あと本館・別館とも結構Googleのページランクが出ているというのもありますかね。

 辟易したと言えば、昨日@niftyから郵便物が届いているとの通知がポストに入っていたので郵便局まで取りに行った―私の場合は再配達を待っても家に居られるか分からないので取りにいく羽目になる―のですが、届いた中身と言えば接続設定関係の資料と税抜300円の良く言ってつまらない雑誌でした。光回線の開通日程は@niftyにも知らされている訳だから、前日までに届いていないと意味ないじゃんこれ。回線業者は設定用資料も機器自体も前々日には届くように送ってきたぞ。実のところ@niftyからの資料は一切使うことなく接続できたので―それどころか届いても対象外の環境だった―、事務処理の遅さを露呈しただけに終わるという醜態をさらした事になりますね。うちのポストが特別小さい訳でもないのに大型郵便として処理される程のサイズで素直に受け取れない上中身がゴミ同然じゃ、一体何をやっているんだか…。

 @niftyさんには私の挙げた@niftyを利用するメリットを無効化する策をそのうち実行に移すつもりである事を宣言しておいた方がいいかも知れませんね。どうやらサーバ周りの技術力じゃライブドアに勝てないっぽいようだし。と言うか、サーバのHDDを検察に押収される際でも支障なくアクセス出来てたってのはライブドアが意外にまっとうなIT企業である証左かも。SPAM攻撃を受けてたからとレスポンス改善が一向に進まなかった@niftyとか取引停止に追い込まれるような東証と比べちゃ悪いかも…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひかり復活

…ぢゃなくてデビュー?

 ようやく光回線が開通しまして、高速化及び常時接続環境に復活いたしました。ええ、先月分の電話代がきっとものすごい事になってると思いますが。

 今回はマンション単位で光回線が引かれているので各部屋にはVDSLで接続されるようになっています。おかげで上り回線と下り回線が非対称になっているらしく、そういう意味では光のおいしいところをいまいち味わえないような気もします。まあ、今までのレベルに比べれば桁一つ速度が上がっている筈ですが。もっとも、速度測定サイトで計測すると上りの方が速いみたいなんですけど…?

 ついでというか何と言うか、電話もIP化してしまいました。どうせ普段はろくに電話もしないので基本料金が安い方がいいだろうって事で決めてしまいました。電話番号は今までと同じで110や119には繋がりますが、00xx番号には繋がらないとかいろいろ制約も多いです。大半は使わないから関係ないですが、実は117も使えない番号リストに載っています。多分タイムラグが基準値に収まらないのでしょう―携帯電話でも「繋がるが精度が保証出来ない」ですけどね―。

 ちなみに、今回住む家を探した際にお世話になった不動産屋さん(の担当者)がこれでもかというくらい条件に合いそうな物件を用意してくださったおかげか、3物件くらいまでに絞り込んだ際に「ところで光に対応した物件はありますか?」と聞いたら全て対応済みでした。前回の引越しから2年弱経っているせいか地域性の問題かあるいは選択の余地に乏しい3月と比較的余裕のある(であろう)12月~1月との違いかもしれませんが、このくらい光回線が普及してくると今更PLC(送電線による高速通信回線―と言ってもADSL程度の話)なんぞ利用しようという人が採算ラインに乗るほど出てくるとは思えません。悪い事は言わないから実験だけで止めとけよって感じです。安定して速度が出るってやはり重要ですよ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »