« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

さようなら日本の空

ここを去らなければならない事は、少し寂しい。

後に続いてくれる人がいないのが、やはり悲しい。

けれど、道を開くことができなかったのが、とても悔しい。

 ライバルにして盟友のあの人も、もうあと数年で現役を去るのだろう。何も残すことのできなかった私と大きなものを残してきたあの人を比べるのは失礼かもしれないけど、この国を背負って立とうという心だけは同じだったんじゃないかと思ってる。願わくば、あの人が最後まで完璧な仕事をしていけますように。

p.s.一部書き直しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その先にも行ったさ

そこまで行って引き返すのは…。

…という事で、そういう場合まで行ってきました。その場所そのものの画像も位置情報付きで撮影しましたが、それだと面白くないので1kmくらいひねってみました。

いま道路標識を見ているのですが、宗谷岬まで2700kmだそうです。…国内最遠の場所を示す道路標識とか言っていると面白いですね。
[佐多岬手前北緯31度線]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本縦断JR鉄道パズル

という本が出てた。

 …昨日夕食を買いに行った(会社からの帰り道です、当然)コンビニの棚にあるのを何故か発見。「編著ニコリ」とあるのを見て引いてしまったが、見つけてしまったものは仕方ない…ということで買ってしまいました。

 「編著ニコリ」を見て引いた理由は、私が「ニコリ」が半端じゃなく歯ごたえのあるパズルを載せている雑誌として認識しているからです。私はいいとこライトパズラーってところですので(どうもヘビーパズラーと思われている節があるような気がしてならないけど)。しかしまあ、鉄とパズルマニアの融合というかなんと言うか…。まだぱらぱらっとページをめくっただけですが、初級レベルなら苦戦しなくて済みそうです。でも裸眼立体視は苦手なんだ。

 しかし、なんで2年3ヶ月以上も前に発行された筈の本(ムック)が今更コンビニに並んでいたのか、全くの謎である。近所のごく普通のコンビニなんですが…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

台風直撃

さすがに危ないかと思った。

 まだ風雨が残っているようですが、ピークは脱した模様です、福岡市内。2時間くらい前がピークだったようで、窓ガラスの変形が分かるほど(枠ごと動いているのとは別)なのにはさすがに焦りました。50m/s近い風が吹いたようですので当然かもしれませんが…。

 とりあえずうちへの被害はないのですが、バイクがこけた…―バイクでこけた、のでは断じてない―。4月に暴風でこけて以来(おかげで破損1箇所が直せない)。このクソ暴風の中、どういう訳かピンポンダッシュ?が来るし。あと、トイレが逆流!気圧が下がって溜まっている水の水位が低下→風で一時的に気圧が上がって逆流というプロセスのようです。14時頃に何か危ない予感があって食料・水のバックアップを強化していたのですが幸い利用には至らなくて済みそうです。

 昨日の計画ではちょっと遊びに行っているつもりだったのですが、計画変更して大正解。その分昨日はきつかったのですが、まあ下見できたから良しとしましょう。8月は鉄月間―6月のはここのネタが鉄だっただけで、大して乗ってない―だったので、9月はドライブ月間でも良かろう。10月はツーリング月間にしたいところだが、さて…。

p.s.先ほど風雨が落ち着いたのを見計らってバイクを起こしに行ったら…車がへこんでました(倒れたバイクがぶつかった)。擦り傷をコンパウンド処理ってところですかね。バイクカバーは4月に替えたばかりなのに事実上使用不能状態なので、これも要交換。この程度で済んだと言うべきか、ごく近隣ではこの程度の台風でこんなに被害が出たというべきか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あきらめるな!

危うく見逃すとこだったぜ。

 うちの部屋、方角があまり良くなくて雲しか見えないように見えたもので不貞寝してしまうところでしたよ。改めて目が慣れてきたらべた曇にしては暗いという感じで、目を凝らしたらフォーマルハウトが見えている…。

 …という事で撮影してきました、今朝の部分月食。食の最大(3:51)からは時間が経っていますが、4:04ならまあ許容範囲かと。例によってビデオカメラのスチル撮影モード(メモリー記録)を使い、最望遠側で2倍テレコン装着、手持ち(をい)。シャッタースピード1/3000秒で撮影した画像をガンマカーブの再調整だけ行いました(液晶とCRTで見え方がかなり違う)。

 さて、もう一寝入りして睡眠時間を確保しておかなきゃ…。
Pme060908

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »