« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

来ましたよ

2ヶ月ほどかかった。

 そんな訳でやって来ました。早速一通り頂きましたが、うーん、うまい。

 注文番号が3000番台の中盤でしたが、確か受付停止するまでにバックオーダーが10000を超えてたんじゃなかったっけ?最終盤の人は半年待ちってか…?

 注文したのはぬれ煎餅30枚セット(普通20、うすむらさき10)、でんでん焼き(クッキー)10個セット、でんでん酒ですが、酒の方は今晩飲んでみましょうか…。実はしびれを切らして(?)現地買い付けを1回やっているんですが、その時にはぬれ煎餅(普通)は「うまいけどちょっと辛すぎかな」という印象でしたが今日届いた奴はそこまで辛いという印象はなく美味でした。たくさん食べるならうすむらさきの方が好みですが、2~3枚なら普通の方がいいかも。で、でんでん焼きがうまいの。冗談じゃなくうまい。これいいわー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鹿児島出張に思う

何考えてんのこいつ?

 鹿児島に出張してきました。日帰りですけど。私の場合鹿児島に何度か行っていますが福岡からだと全て日帰りです。仙台に住んでいたときに行った際は宿泊は宮崎県でしたし…。

 で、当初の予定では同行する営業担当者の運転する営業車に同乗していく事になっていたのですが、都合で現地で合流と変更になったため往路だけ私が公共交通機関で行くことになりました。福岡-鹿児島間ですと飛行機・鉄道・バスと選択肢がありますが、無難に鉄道で行くことにしました。飛行機は値段の問題もありますし、今回は鹿児島市内に用があったので空港から遠くて所要時間が結構かかるという理由もあり、最初から眼中にはありませんでした。バスは安いんですが、所要時間4時間弱座席以外にいることができないのがネックになって却下。プライベートでなら4時間でもさして気にならないのですが、仕事だと電話がかかってきたりするのでがらがらに空いていればともかくちょっと混んでいると…。で、勤務先が西鉄沿線ということもあり、大牟田でJRに乗り換えるルートで鹿児島に向かいました。

 西鉄の特急(特急料金は不要)はロングシート車が当たって損した気分…特急への乗換駅で主に特急に使われているタイプの車両が普通列車としてやってきてこっち(特急)にやってきたのが普通列車と同じ車両って…。まあ、ラッシュと逆方向だったおかげで余裕で座れたのが救いですが。

 大牟田-新八代までのリレーつばめ(787系)、今回は元ビュッフェだった車両に当たったらしく、やけにグレードの高いシートの付いた車両でした。一瞬グリーン車かと思ってしまった程(車両の半分はセミコンパートメントなので余計に)。後で気付いたのですが885系(白いかもめ、ソニック用車両)の本革シート(普通車も本革)と同様のデザインの布地シートでした。さりげなくTSUBAMEロゴ入りチケットホルダーが付いていたりして…。元がビュッフェだったせいか網棚がないのが欠点と感じる人もいるかも知れませんが、私はあまり網棚を使わないので気になりませんでした。あの壁と天井をマットブラックにして星でもちりばめたら…と思った私はヘンタイ?

 新八代-鹿児島中央間は新幹線つばめですが、リレーつばめを含め過去2回は上り列車にしか乗っていなかったので、下り列車は今回が初めてでした。途中川内にしか止まらない速達便(ごく一部ノンストップ便もある)でしたが、新水俣を過ぎた頃に運転士さんからアナウンスが!「ただいま当列車は時速260kmで走行しております(という内容)」…500系でも300km/h走行中って字幕は流れますけど、運転士さんが自らアナウンスってのは初めてです。観光列車でもアナウンスは大抵車掌さんですしね(ワンマンだと運転士さんがやるのは当然なので除外)。なんだか飛行機の機長アナウンスみたいで、JR九州恐るべし。何故か過去2回は3号車だったのですが今回は2号車という事で、違う内装カラーリングが楽しめて良かったですね。内装色は3種類あるので次は1号車に当たるとうれしいですねぇ。…自由席にして好きなのに乗ればいいだろってのは却下だ!

 ところで、これで3回乗った新幹線つばめですが、この3回ともU003編成なんです。いくらU001~U006の6編成しかないと言っても同じ編成に続けて3回当たるってどういう事?別に内容が違う訳ではないので(U001編成だけは検測機能を持てるようになっているので乗客の乗らないところには違いがある)いいんですが、U003編成と私とは何かで繋がっているのでしょうか。総勢9編成の500系は乗る度に違う編成のような気もしますが…。

 仕事?それはそれでちゃんとやってきましたから、途中で(判らない人には)意味不明な事考えるくらいは許して欲しいわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご無沙汰してます

メインPC死亡中。

 いや、一応ノートPCは生きてるんでメールのやり取りとかネットサーフィン(死語?)には支障ないんですけどね。どちらかと言えば時を同じくしてひいた風邪で気力ダウン中という方が主のような気もします。ねたがない訳ではないんです。治りかけていた風邪がPCの修理をすべく分解しようとして巻き上げた埃を吸ってしまったものだから悪化してしまったとか。

 いよいよセレーネ「月に願いを!」キャンペーンの締め切りが近づいていますので、皆さんお早めに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デビューと、引退と

同じ日だったんだよ。

 引退してからだってずいぶん経つけど、デビューのときなんて憶えている人がどのくらいいるんだか。そりゃあもう当時は緊張って言うか、気が張っていたよね。自分の事もそうだけど、妹の事の方が気になってたのよ。私がちゃんとしないと妹が安心して着いて来れないじゃない?妹は私の誇りだった、ううん、誇りなのよ、今も。

 そうね、これからも妹と会うことは無いだろうけど、お互いやる事やって引退したんだからいいんじゃないかな。あの子はちゃんと期待に応えた筈だし、私もきっちりやってきたつもりよ。私の方はちょっと地味だけどね。

 またいつか思い出してくれれば、私はそれでいいから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も宜しく

はがきで送った方はそろそろ見てらっしゃると思うけど。

[2007年年賀状]

 そんな訳で(どんな訳だ)、亥年の年賀状は昨年打ち上げられたM-Vの7号機にしてみました。猪突猛進とタイトルを付けていますが、あの急上昇は猪突猛進っぽいですし。イノシシ自体はフルスピードからの急停止とか直角退避走法―分かる人だけ分かってください―も出来る器用さも兼ね備えていますが、M-Vも全段固体の癖にピンポイントで軌道投入をやってのけるスゴい奴だから共通項があるとも言えますしね。JAXAのサイトあたりでは「東京からアクセル全開のままブレーキング無しで大阪まで走っていって最後はきっちり車庫入れして止まる」という例えを使ってますが、実際東京から大阪までかどうかはともかくほぼこの例えの通りの飛び方ですからねぇ…。

 例年ならいろいろ細かい解説を入れるんですが、今回は敢えてシンプルに徹してみました(さすがにタイトルも無しだと訳が分からないと思うので入れましたが)。佐多岬に行ってきたのはこの打ち上げを見た後でして、ちょっと調べれば大体時間的にも符合する事がお分かりと思います(車が南を向いていますが、岬に行った帰りにUターンして撮影しております)。

 えーと、やっぱりロケットの打ち上げ生で見るのは迫力が違いますわね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »