« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

宮沢賢治はプラネ向きか

「銀河鉄道の夜」を見てきて。

 先週の日曜の話になりますが(前エントリで時系列がどうこう言ってたのはこれの事)、宗像ユリックスで特別番組「銀河鉄道の夜」と季節番組(生解説番組)をはしごしてきました。同一館の2番組はしごはかなり久しぶりのような気がします。2番組で正味2時間弱620円なので、別にマニアじゃなくても無茶な話ではないと思います。東京都心部の1番組900円くらいのところでやってもロードショウ1本見るのと大差ないんですが。

 生解説は例によって?安定していい感じです。しかし何故か私が見る回はめがねのお姉さん(私より若いと思います)が続いているような気が…。見るのが大抵日曜の午後だからそういうシフトなのかもしれません。確か昨秋のペルセウス座物語(これもオール生解説)の時も同じ方でした。微妙にトチリが多いような気もしますが、欠点という程の事ではありません。でもあと2割くらい減らすとすごく印象がいいと思います。ちょうど小惑星イトカワがふたご座にいる事もあってか小惑星探査機はやぶさの話題を扱っていまして、88万人の名前(私のも含まれる)を載せたターゲットマーカーの事にも触れていたんだからSELENEのキャンペーンの話にも触れてほしかったかなぁと思っています。ロビー?の壁にポスターを貼っているんだから、話がとっちからるというマイナスは承知の上で…。

 問題?は特別番組「銀河鉄道の夜」。言わずと知れた宮沢賢治作のアレです。ユリックスオリジナルではなく、CGアーティストのKAGAYA氏を中心に企画制作がなされ、プラネタリウム番組制作プロダクション(そういう会社がいくつかあります)が配給するという形を取っています。結論から言ってしまうと、少なくとも私個人は「銀河鉄道の夜」がプラネタリウム番組向きとは言いかねます。宮沢賢治に心酔、というかむしろ浸水している人だとまた評価が違うと思いますが、私は基本的に宮沢賢治が嫌いです。「よだかの星」は何とか読みきったものの、「銀河鉄道の夜」は挫折した記憶があります。だからという訳ではないのですが、なんだか「スターウォーズ」のエピソード1~3あたりを髣髴とさせる印象があります。どこら辺に共通項があるんだと言われてしまいそうですが、なんだか脈絡のないシーンが順次組み合わさってるような流れに。はくちょう座が北十字と呼ばれているのは事実ですが南十字とともに妙に十字架にこだわった感のあるキリスト教的世界観に、さそり座のエピソードは仏教モード。いいとこ取りというよりはつまみ食いという印象を受けてしまいます。そこに星を三角塔(明治の頃の測量用に立てられた塔との事)を見立ててみるとか組み合わせたら、なんとなく味噌を放り込んだシチュー(しかも生煮えの野菜があちこちに入っている)でも食べているかのような印象を拭えません。で、そういう世界をビジュアルに表現しようとすると結果的にプラネタリウム投影機の星空が無くても別に困らないんです(事実、先日からDVDソフトとして発売されている)。この番組のためにユリックスでもCGプロジェクターを入れていたりはするのですが、賢治ワールドを前面に出すと星が見えないのはどうしようもありません。星を十分に見せる(=プラネタリウムを使う意義を見出す)為には映像はぎりぎりまで控えてBGV付き音声ドラマ仕立てにしなきゃだめなのかも知れません。「あまりに独特な世界観のため映像化は不可能とまで言われていた」というところはプラネタリウムの星との共存が前提なら賛成します。

 映像自体はいわゆる(私が言ってるだけ?)ラッセン調な色味を感じますが全体としてきれいです、確かに。番組で主な部分の朗読を担当していたのは桑島法子さんですが、劇中の3人(ジョバンニ、カムパネルラ、さそり座のあたりの乗客の女の子)を一人できっちり演じ分けられていてさすがという印象でした。以前まちだスターホールとか盛岡子ども科学館(プラネタリウムリニューアルオープンのときの番組)にも出演されていましたが、その筋で実力派と言われるだけはあります。後で調べてみたら岩手県出身って事で、その縁も買われた可能性はありますが。でも盛岡ではいかにも賢治万歳やりそうでありながら賢治にはほとんど触れずにオリジナル番組を作ってたのは、今考えるとものすごい英断ではないかと思います(だって地元だもん、普通は使いたくなるよねぇ)。番組中で「銀河鉄道は宇宙旅行をしている訳ではない」といったナレーションがあったように記憶していますが実際その通りで、してみると昨年某歌手と某まんが家とが盗作騒動でもめていた際に「銀河鉄道999だってパクリじゃないか!」という批判が某歌手のファンから出ていたのを読んだことがありますが、宇宙に鉄道を絡めた事以外の共通項はありません。999は完全に宇宙旅行ですから。番組自体の出来は間違いなくレベルが高いと思いますが、じゃあお前は人に勧めるかと言われると「プラネタリウムに見に行く気なら勧めない」です。いっそ映画館でやるんなら「お好きにどうぞ」なんですが。ただし、序盤少し騒ぐ子供もいたのですが中盤以降は非常に静かでしたから、星がどうのこうの言わずにエンターテインメントとして客観的に評価するなら5点満点で4点を切るような点は付けません。

 九州ではユリックスが最初だそうですが、各地で投影されている筈ですので興味のある方は見に行って損はしないでしょう。久留米の福岡県青少年科学館(レーザープロジェクター入れたところ)でもやるらしいです。レーザーでもやっぱり星は見えないでしょうけど…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

報道ステーションは止めておけ

週間こどもニュースには敵わない。

 時系列が逆順になっちゃいますが(何それ)、昨日は宗像ユリックスで開催された天文講演会「広がる太陽系―冥王星を越えて―」に行ってきました。入場無料で先着200名ということでしたが、1/3くらいの入りでしたかねぇ…。講師は国立天文台天文情報センターセンター長・広報室長の渡部潤一助教授です。この筋では大変有名ですが、某文学者のセンセイと同音なので間違われることもあるらしいです(天文学者と文学者で一文字しか違わないし…っておっしゃってたりして)。でもあのセンセイは以前(もう一昨年ですかね)山陽新幹線でイタい事をやってる。

 講演の内容はタイトルの通り、冥王星が惑星のカテゴリーから異動した件を中心に面白おかしく1時間半ほどのお話でした。渡部先生は国際天文学連合総会で決議された「惑星の定義」原案を作成した委員の一人という事でいろいろ裏話…とまでは行かなかったものの、一般メディアで報道されなかったようなところをいろいろと聞くことが出来ました(天文雑誌などでは既報の内容も多かったですが)。

 その中で国立天文台のスタッフが新聞やTV番組での報道について10点満点で採点した結果ってのを見せてもらったのですが、新聞では産経が1位(7点台)で「これはかなり良く書けている」との事。新聞の場合母数が多い分網羅率が低いという事情はありますが、読売と日経は10位までに出てきませんでした。5位だったかに西日本新聞(福岡)が入っていたりするのに全国紙が入れないってのはねぇ…(記事単位採点のため朝日が2回ランクされていたりもする)。採点基準は「分かりやすく本質を突いた報道がされているか」だそうですので、記者(とデスク)の取材量と理解力が出ると見ていいでしょう。

 で、新聞の次はTVですが、タイトルの通りです。「報道ステーション」がぶっちぎりの最下位(1点台)。もうまるっきり本質を押さえてない(16分も時間を割いてずっと中継までやってたらしいですが)という事で、少なくとも科学関係については見るだけ無駄っぽいです。ひどいのは前身である「ニュースステーション」の頃から(別注)ですから怒りも感じませんが、視聴率が高いだけに罪が重い。次点が「トクだね!」でしたかね。捏造無しでもフジの報道?番組を信用するほど私は落ちぶれていませんが、世間はどうなんでしょう?上位は一部の人には残念ながら?NHKが独占状態でした。渡部先生出演の「クローズアップ現代」が8点台ってのは別格としても、「週間こどもニュース」は何度も取材に来ていたりして非常に丁寧に作られていたとの事です。実際にあの番組は大人にも評価が高いですし。ニュース番組に限定してもNHKが上位独占は変わらず、「リレーって何ですか?(過去の汚点)」を帳消しにするほどではないものの受信料払っておこうかという気にさせるものはあります。ちなみに、民放最上位はNTV系(5点台だったと思う)でした。

 「冥王星降格!」ってやると本質を外してしまうので刺激的な見出しを付けたいメディアあたりにとっては採点基準が厳しくなる感はありますが、講演の中で「本店の平社員→支店長」という例えがなされていたように別カテゴリーの親分になったというのが理解としてはより適切ですから、報道のプロならその辺うまい言い回しを考えてナンボと言ったら厳しいでしょうか?(自称文系には厳しいかもしれないね、言葉をまともに操れない文系なんて…。)

 なお、講演のレベルは「対象:大人(小学校高学年以上)」とありましたが、10歳とか8歳の子も入場していて最後の質疑応答を見てると結構良く理解していたようでしたから、関心のある人には「聞いたけど良くわからなかった」みたいな感想は持たなくて済みそうに思えます。かなり急に企画されたらしく告知が行き届かなかった面はありそうですが、もう少し多くの人が聞いていても良かったような気はします。ここで1週間書いておいたら1人くらいは増えた?…とも思えませんが(私は先週知りました)。お近くで開催されるならば、私は自信を持ってお勧めします。

別注:
「ニュースステーション」の頃、コンコルド墜落のニュースで呼ばれた専門家が違うと言っているのにどうしても設計に欠陥があるという方向に持っていこうとしていたとか、お茶の葉のダイオキシン濃度が高く出ているのが水分を飛ばして乾燥させた状態での測定であるのが原因(100gあたりxxμgとして測れば濃縮した状態のお茶の葉は当然高く見える)だと指摘されても結局訂正と言える程の訂正もしていないなど、お世辞にもほめられない報道姿勢が目立つ。まあ、私は前々からあの番組はバラエティーないしはワイドショー番組だと言ってますが。

自称文系:
要するに理科系が苦手だから文学部とか経済学部とかに行っただけの人達の事(もちろん講義への出席率などとてもほめられた水準にはない)。論理思考が出来ないのを「感性の問題」とかなんとか言いたがるような癖もある(まっとうな文系は論理が崩れたら生きていけないのでその辺はとてもシビア)。もちろん自称理系ってのもいる(国語や社会が苦手と言う理由だけで理工系を選んでいるだけなので、科学的思考も出来ないしレポートなんて壊滅的に書けない)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよあと3日

名前だけでもOK。

 「月に願いを!」キャンペーンの締め切りが今月末という事であと3日程に迫りました。20字までのメッセージも一緒に送れますので、この機会にぜひ。

 ちなみに私はこのまま何もしなくても名前は送られます。いや、メッセージも送りますけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

過ぎ去らぬうちに

やっぱ昨夜のうちに書いとくんだった。

 という事で、笠原弘子さんのお誕生日なのであります。国民の祝日なので寝ている筈だったのですが、体調不良で早起きしてしまい、結局出勤してしまいました。なんだかなぁ。

 えーと、「弘子様CD出してくだせー!」昨年はCDが一枚も出なくて悲しかったですよ(フォローし切れてないだけかもしれないが)。おかげさまでファン活動がディナーショウ遠征1回と異常に低調に終わってしまいました。夏に時間があれば隅田川クルーズも行きたかったんですがねぇ。

 何はともあれまたこれからの1年無事に過ごせますように、更なる活躍をされますように。

#が、複雑な気分もあるのよね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MOVEを試す

180km弱。

 フルモデルチェンジ前のNAモデルですが、ダイハツのMOVEに試乗してきました。えーと、車検の代車とも言いますが。土曜日を予約した筈だったのですが18日(日曜ですね)として予定が入ってしまっていたので、ほぼ2日預けるんならということで走り回ってきました。1日で済めば借りなくてもいいんですけどね。

 ぶっちゃけた話、街の中を大人2人くらいまでで走り回るんなら十分です。4速ATでしたがよくあるD-2-1+ODボタンではなくD4-3-2の前進3レンジなので、強いエンジンブレーキが必要な際にもOD解除→2レンジなどという非論理的な事をしなくて済みます。それ以外の時はほぼD4レンジに入れておけば事足ります。重負荷時にはそれなりに騒々しいですが、普段はラジオ(CDプレイヤーも付いていましたが使ってません)の音が聞こえなくなるほどの事はほとんど感じませんでした。ただ、普段乗っているのが同じ軽自動車でも4気筒のプレオなので3気筒特有の振動や音質は気になります。音量自体はあちこちで言われているようにプレオの方が大きい場合がままあるのですが、特有の共鳴音?が気になる人にはものすごく気になると思います。まあ、3気筒でも1000ccクラスのに比べたら重負荷時と軽負荷時との差が程々で感じはいいです。以前レンタカーで乗った同じダイハツのストーリアとブーンはその差がものすごくて、どうしても黄色いナンバーが嫌って人以外には個人的には勧めないなぁという印象を持ったのに比べたら分相応って感じです。ストーリア(AT)はまだちょっと踏んだだけでばっと出たりしないリニアな動きが良かったんですが、ブーンになってから(トヨタブランドのパッソに合わせたのか?)その辺が悪くなってしまってて…。MOVEはストーリア寄りですが排気量が小さい分踏み込み加減を大きくする必要があるというか、深めに踏み込めば普通にダッシュするには十分です。

 調子に乗って山道や高速道路も走りましたが、安定感などはまあ十分でした(借り物ですから無茶なことはもちろんしてないのですが)。もう一踏ん張り感は四駆のせいもあってかプレオの方が上に感じますが、それ以外は特に問題には感じません。しかし制限速度を超えたあたりからの登りの高速道路はかなり騒々しいというか底まで踏んでもまるっきり加速しないのはNAですから仕方ないでしょう。過給付きのプレオより10km/hくらい落ちます(うちのプレオも四駆の分重いので苦手な条件ではあります)。4速ATがこういう時には「3速だと吹け切り、4速では落ち込む」事になってしまうのでCVT車だとまた違うのかもしれません。ただ、平地ないし下りでは制限速度以上の領域でもプレオより静かかもしれません。

 で、車内の広さは圧倒的にMOVEの方が上です(現行モデルは更に広がってるそうですからどんなんだか…?)。シートの座り心地はあまり変わらない感じですが、ヘッドレストの位置はMOVEの方が適切です(プレオのはもっと前に出ているべき)。ヘッドレストの調整なんてしないとか抜いてしまっている人も多いようなのでありがたみが判らない人も多いのでしょうが、この辺は結構まじめに作られた印象を持ちました。が、昼はともかく夜は非常に見にくいメーターはどうなの…?昼間(ライト消灯時)は白(光沢の残るグレイに近い)地に黒抜きの文字に赤の針なのでまだいいのですが、夜(ライト点灯時)は黒に近いグレイの地に赤い字に赤い針。しかも字と目盛りが太く針は根元だけが強く光るとあって針の先が埋没します。プレオは字が緑なので問題ないし、バイクはオレンジの字に赤い針ですが目盛りが5km/h毎で埋没しない程度に抑えられています。私みたいに片目だけとはいえ白内障でコントラストが落ちている身には大減点の対象です。5年位前の商用タウンエースみたいに透過式照明じゃない(としか見えない)メーターとどっちがいいかと聞かれたら悩みますが。トヨタ流ならオプティトロン、スバル流ならブラックフェイスメーターを全車標準にしろとは言いませんが、選べるなら確実に選びます、私は。

 車検を通したくらいですので買い換える予定はないのですが、候補としてはまあ悪くないです。私の使い方だと過給付きモデルを選ぶことになりますが(高速を片道300km走って日帰りという事をするならもう一押しできるパワーが欲しい)、今回の場合実測16km/l弱と燃費もそこそこいいようですし、広さ重視なら損はしないと思います。バックドアが横開きなのは出来れば遠慮したいですけど…。現行ならMIRAの背が汎用性が高くていいかも知れません。少なくともタントは所帯くさすぎるのでタダでも遠慮したいが、スペアタイヤを背負ってなくてローダウンもしてないテリオスキッドだったら検討の余地はありますねぇ。あれでもう少し背が低ければ(最低地上高はそのままで、ですが)非常に有力だったのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Installation speech

How are you? I'm fine,thank you.
As yet, we have undifinitely eyes for watching distant something.
Listen for weak, noisy signal will make me imaging unknown world.
Can I contribute to the progress of astronomy? I want to try that.
And, thank you for your cooperation.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は衝

正確には昨日なんだけど。

なにぶん都市部(の端寄り)に住んでいるもので、天体望遠鏡を持っていても出して使う場所がない…ので、福岡県では有名な星野村にある「星の文化館」に来ています。

土星が衝を迎えた今夜は23時から特別観望会をが行われるという事で、夜中だというのに大盛況です。さすがに1時過ぎると一段落ついたので列の最後尾なのを確認した上で携帯カメラで撮影にチャレンジさせていただきました。カメラの視野に土星を入れるので精一杯でしたので、露出とピントについてのクレームは却下いたします。良い子の皆さんは真似しないように。(後ろに誰もいなければ係の方に許可を得ましょう。)

なお、携帯のカメラですけど一応夜景モードを使っていますので、お持ちの携帯で同等以上に撮れるかどうかは一切保証いたしません。最低限の知識は身に付けて試してください。

[2007年衝の土星]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高らかに歌おう

私たちはここまで来たのだ。

 おおきな先頭がいるのが遥か遠くでも、手の中の小さな望みを育てよう。
 おそれずに空を飛ぶ隼のように、美しく空に舞う飛天のように。
 すぐに届かずとも魁となって、長き尾を引く彗星を目指そう。
 みずからの力で極光を見て、自由を持って曙に向かおう。

 私はこうしてここにいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食玩に手を出さない訳

ガチャガチャ(私はガシャポンなんて言わないぞ!)でも一緒だが。

 2/4のエントリに付けてもらったコメントで紹介されている鉄道むすめフィギュアですが、最近この手のものはいわゆる食玩を中心に多種多様なものが出ております。中にはANAのように自ら出しちゃうような会社もあったりして。

 で、私はこの手のものにあまり食指を伸ばさないというか興味を持続されないタイプのようです。収集癖は人並み程度にはあるような気がするのですが…。何故だろうと自問してみると、「割に合わないから」という結論にたどり着きます。昨今のはこの手の商品に詳しい人たちが口を揃えて「この値段でこれほどのクオリティとは!」と太鼓判を押すにもかかわらず、です。だって、これだったらコストパフォーマンス悪いもん。

 私が実感したのは「王立科学博物館(第1期)」シリーズを1個買ってみたときの話です。もう3年位前になりますが…。1個315円(税込)で9+1種類(MONOマガジンの特別付録を除く)あった訳ですが、あっさり挫折しました。「海洋堂が作っても300円は300円だなぁ」と。こんな事書いたら作っている人には怒られるでしょうが、でもやっぱり300円で売るものに500円のコストをかける事はあり得ません。人件費の安いところで生産してコストパフォーマンスの改善は行われている訳ですが、でも10種類揃えようと思ったら10個買ってもまず揃わない訳で、比較的いい方と考えても3倍くらい買わないとまず揃わないでしょう。とすると9000円は出さなきゃいけない。値段を3倍にしたからといってクオリティが3倍になる訳じゃありませんが、300円を前提にしたクオリティと900円を前提にしたときのそれとではやはり同じにはなり得ません(同じだったら暴動が起こるでしょう)。ほら、900円出して300円のクオリティしか得られない訳です。コストパフォーマンス悪いでしょ?

 私はさほど裕福な家庭で育った訳ではないので(貧乏と言うほどでもないですがね)そういう思考になるのかと思ったのですがそういう訳でもないようで、「残りわずかな財産をパチンコ(競馬でも何でも構いません)つぎ込んで全部すった」話もよくあるように一発逆転にかけるというパターンもありますから、単に私のギャンブル志向が低いだけでしょう。同じ金を出すならいいものが欲しいという点はそう違わないと思うのですが、だとしたら確実にいいものが欲しいというのが私の中では高いプライオリティなのでしょう。

 いや、売る方の事情もある程度は理解できるんですよ。出せば高くても確実にヒットを見込めるものならそうやって出したっていい訳ですし、単価を下げて間口を広げた方が良さそうだという判断もあるでしょう。でも現実には「色だけ変えてシークレットなどのバージョン違い扱い」のように量産規模を拡大しつつ販売単価を下げない方策としてこのような販売形態をとっているだけだったりします。アイテムというかシリーズによっては「前シリーズから型は流用、色だけ変えてニューアイテム」なんて事もやっている訳で…。そういうので味を占めたところはその後もやるでしょうから、私個人はクオリティにも期待できないだろうなという判断が出るかもしれません(浮いたコストを新アイテムの開発資金につぎ込むという選択肢を取るところならば話はもう少しいい方向になりますが)。

 そういう意味ではレア(と思われている)分野が食玩という形で商品化されるんだから悪い話じゃないような気もしますが、どうもこの手のブームを支えているらしい世代の端くれとしては「このクオリティのものを部屋に飾っておくのは気がひけるなぁ」というのが正直なところです。どうせ箱買いするのはある程度以上の世代なんですから、同じ金かけるならクオリティ重視な選択する人がもっといてもいいような気もしますがねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MIGIWA/TJB ANNEXへようこそ

ご覧いただきありがとうございます。

 このBlogは私Mnの恐らくは独断と偏見とによって運営されております。2004年2月4日よりスタートしましたので、このエントリを記述している時点で3周年を迎えております。不定期かつややまばらな更新間隔ですが、ご贔屓にしていただければ幸いです。現在ほとんど凍結状態ですが本館もございますので、一度ご覧いただくとこのBlogでの記述の傾向などを掴めて便利かもしれません(別館"Annex"と名乗っていますが、むしろ新館と化しております)。

 なお、コメントおよびトラックバックに対するポリシーは以下の通りです。

○トラックバックは基本的に歓迎いたします。ただし、Mnが不適切と判断したものについては予告なく削除いたします。こちらからのトラックバックは原則として相手側のトラックバックポリシーに準拠しますが、いわゆるネチケットにそぐわない等トラックバックポリシー自体が不適切であると判断される場合はこの限りではありません。

○エントリに対するコメントは基本的に歓迎いたします。ただし、Mnが不適切と判断したものについては予告なく削除または編集いたします。また、付けていただいたコメントに対する返信は基本的に行う方向ですが、内容や時間的な理由で返信しない場合もあります。なお、コメントの著作権は原則としてコメント送信者に帰します。

○トラックバックの削除やコメントの削除・編集を行った場合、Mnが必要と判断した場合はその理由を開示します。トラックバック・コメント送信者からの開示または非開示請求は受け付けますが、要不要の判断はMnが全権的に行います。

 偉そうに書いていますが、あくまでも常識的なレベルのルール・エチケットで運用いたします。

 では、よろしく。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »