« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

名古屋でも見えた

今話題のホームズ彗星。

[ホームズ彗星]そんな訳で?私も今大増光中で話題のホームズ彗星にチャレンジしてみました。うちは一応名古屋市内って事で、今夜のように明るい月が出ていると街の明かりとも相まって2等星ですら怪しげな空となってしまうのですが、位置さえ把握していれば双眼鏡でたやすく確認できました。蛍光灯の光る集合住宅の玄関先という、星を見るという目的でいる場所としてはふざけきった―しかも隣の敷地の駐車場のナトリウムランプ?が目に入るという輪をかけて最悪な―環境の割には、ご覧の通りの画像が撮れたりしました。目分量でカメラを向けたので―残念ながら液晶モニターやビューファインダーでは1等星ですら確認は難しい―写ってるんだかどうだか全然分からなかったのですが、ほぼど真ん中に写ってるのがホームズ彗星です。圧縮の関係で画質はアレでナニですがご容赦を。最望遠側(72mm相当)で露出30秒で撮影した画像をガンマ補正とリサイズ処理してあります。

[ホームズ彗星画像中央部]こちらは上と同じ原画像をガンマ補正処理までは同じにして中央部の640×480ピクセルの範囲を切り出したものです。縦に伸びているのは日周運動によるものです。さすがに手ぶれ補正が付いていても手持ちで30秒露出をまともにやるのは無理なので三脚を使っていますが、ピクセル等倍だと広角側(24mm)30秒でも日周運動で星像が伸びてしまいます。望遠側ではなおさら。肉眼というか双眼鏡で見ると恒星っぽく見える核をぼわっとしたコマが取り巻いている様子が分かりますが、その様子を写すにはうちの機材じゃちょっとしんどいですね…。いや、望遠鏡を出してきてデジカメに覗かせれば出来ないことはないと思いますが、うちの周りには望遠鏡を広げる場所がないのが難です。

 今だと21時頃に北東に見えている1等星(カペラ)が高度30度くらいで、ホームズ彗星はほぼ同じ方角で高度45度くらいのあたりに見えている筈です(任意の時刻での位置は専門のサイトで確認してください)。来週末まで明るさを維持してくれれば月明かりの影響が減ってかなり分かりやすくなると思うんですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鮃板

ぬるぬるあまあまな処分だこと。

 親亀が無期限で子亀1号が厳重戒告、2号は1年の資格停止ですか。ほとぼりが冷めたら手のひら返してうやむやにしようという意図丸見えな処分ですな。一番マシなのはジム会長への処分くらい?

 親亀は既に前歴2回な訳だから永久追放、子亀2号が取り消し、子亀1号が無期限停止くらいやらないと反省しているように見えませんよ、JBCの幹部さん?もちろんあれだけやっているのを見て試合をストップさせていないレフェリーもライセンス停止くらいは食らわなきゃ嘘でしょうし(TBSあたりから金でももらってたんですか?)、当のJBC幹部だって散々増長させてきた責任取らなきゃで会長は辞任くらいしなきゃ収まらないでしょう。これで厳罰だってんだから笑わせる。それにさ、2号が取り消しで1号が無期限な方がどさくさに紛れて復活させるのに便利がいいと思うよ、JBCさん?さすがに親亀は救いようがないんで永久追放以外の処置はないと思ってたんですが。

 二晩寝ないで考えたっぽい「亀嵩用語(ちゃんと変換する気にもならんわ)でガードを上げて目の位置を…」って言い訳、誰がどう見ても冗談としか思えない上、肝心の子亀ちゃん2号に意図が正しく伝わらず言葉どおり正直にサミングに行っちゃってるんじゃ、ねぇ。脳みそが筋肉どころか、その絶対量すら足りてないんじゃ…ひょっとして、パンチドランカー?をを、これは失礼しました。パンチドランカーじゃ仕方ないね、即引退だ、子亀ちゃん2号!

 子亀ちゃん1号も早々に闘拳もとい逃犬ぶりを発揮してるし(去年の同じ頃にもやらかしてるからねぇ)、昔の人はよく言ったものです、「弱い犬ほど良く吼える」と。そんなに言うなら2号の代わりに切腹してやったらどうです?

 で、本題です(ここまで前置きかい!?)。芸能界のご意見番だと思ってるらしい(思うのは勝手だが自分の常識が世間のとかなりかけ離れている事を自覚してないのが問題だ)某タレントも「いい加減親離れしろ」なんてたまにはまともな事をおっしゃっているではありませんか。その点については私も同意見なんですが、いい預け先を見つけちゃいましたよ。「元時津風親方」ですよ。この人の下で2~3年しご…鍛えてもらえばかなりまっとうなスポーツ選手になれましてよ?半年くらいで死体になるかもしれないけどさ。

 亀親子は3ヶ月謹慎とか言ってるそうですが、謹慎って意味を知らないよね絶対。どうせどさくさに紛れて復活するんだろうから、その時には親指を固定した特製グローブ装着を義務付けてもらうようにした方がいいよ?じゃないとまた子亀2号が亀嵩用語で言われても分からずにサミングしに行っちゃうからね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うるるんゆららん(1)

かっとなってやった。今も反省していない(本館開設9周年企画(嘘))。

 ここにもほんの一部しか書いていないが、3月から4月にかけて私は鹿児島、佐賀、大分、そして山形と週末に泊まり歩いていた。泊まってないけど長崎福岡県内もうろついているが…。山形については転勤決定前からチケットなどを手配していたが、他は新型プラネタリウム導入に合わせて行った鹿児島を除けばかなり唐突に決めて行ったのである。そのくらい、実は結構転勤が頭に来ていたのだ。正確に言えば「転勤するのはいいけどその人事的計画のなさはどうよ?!」ということで結構むしゃくしゃしていたのである。憂さ晴らしに衝動買いする人の気持ちがずっと分からなかったがなんとなーく見えたような気がするのだが、経県値向上にプラネタリウム全制覇の野望を満たす計画のうちだから無駄遣い、という訳ではない。

 さて、引越しの準備を後回しにしつつ1泊旅行を繰り返して収まったのかというとそういう訳にはいかなかった。そうして迎えた名古屋でのゴールデン・ウィークに買ってきた天文雑誌に載っていた広告に目を奪われた。「すばる望遠鏡見学&ハワイでの天体観測ツアー」である。日程を見ると7月中旬に5泊6日とある。私の勤務先は事務職などにUniversal Vacation System(通称UVS)なる制度が取り入れられていて、いわゆる夏休みの一定の日数を自由に設定できるようになっている(というのは表向きで、実際のところは営業所を出来るだけ開けておきたいという発想で交代勤務させるシステムとして運用されていることは営業所勤務の者なら表立って見えている…が、8月15日や16日に営業している大手取引先なんていないのでかかる経費の割に見返りが少ないシステムだという事を偉いさんが理解しているのかはかなり疑問である)。で、私はこのUVSを使って旅行してこようという策に出たのである。

 ツアーの申し込みはあっさりと終わった。ごちゃごちゃやらなくてもNetで全部まかなえるから楽なものである。すぐに旅行会社から「このツアーはまだ最少催行人数に達していないので中止になる場合があります」なるメールがやってきたが別に気にする訳もなく、約1ヶ月前に「燃油サーチャージの額が決まったから引き落としちゃうよん!」というメールが来たので気持ちは緩みきっていた。(Netで申し込むくらいだからカード払いである、当然。)

 引き落とし額のメールが来てから更に1週間後、またもや旅行会社からのメールが来ていた。「オプショナルツアーはいかがっすかぁ」か何かだと思って開いてみるとさあ大変。

「このツアーは最少催行人数に達しなかったため中止となりました。」

「このく○ざぁけんじゃねぇぞぶ(以下自主規制)」と喚きかけたが深呼吸して落ち着いて考えてみた。UVSの日程はとっくの昔に決めてしまって動かせない。所詮交代勤務の為のシステムなので一度日程を決めてしまうと容易に日程を動かせない(実態が有給休暇を強制的にまとめて取らせるシステムに過ぎないのとサービスマンそれぞれが得意分野が異なるからある分野担当のサービスマンが一度にごっそり休んだりしないようにするために「調整」をかけて決められるため、下手をすると全営業所で数十人のサービスマンに影響が及ぶのである)ので、残り3週間ほどの時点で中止と言われてもとっても困るのである。が、連休を絡めたりして確保したそこそこの長さの休みを放棄する気など毛頭ない。すぐにNetで検索しなおして、「こんな事もあろうかと」後ろに組み込んでおいた余裕日程を前に入れ替え、出発空港を名古屋(セントレア)から東京(成田)に切り替え、最少催行人数1名のツアーを狙って条件の合うツアーに申し込みなおしたのだ。

 さすがに最少催行人数1名なら私一人申し込めば催行される訳だが、そこで私は重大な見落としをしていることに気付いた。当たり前と言えば当たり前だが、添乗員が付かないのである。乗り換え等の時には日本語ガイドが付くとは言え、私は英語、特に会話が壊滅的に苦手なのである。でも条件の合うツアーは1つしか出てこなかったので仕方ない。「英語なんだからフランス語やスワヒリ語に比べりゃ何とかなるわい」と覚悟を決めてビザ取得(これもNetでカード引き落としで出来るんだから便利なもんである)。「そういえば神奈川県に泊まった事ないよな」と経県値を上げる下ごしらえを画策し、旅行用にキャリーケースを購入しデジカメを投入し…と順調に準備を進めて迎えた出発前日にそれは起こった。あろう事か、左足を思いっきり捻挫したのである。翌日から休みに入るってのに勤務先を出たのは最後だったので―東京から仙台に転勤したときなんか翌日の午前中から引っ越しだって言うのに会社を出たのが夜半過ぎなんて会社ではへとも思わないが―「これはまずい」と貼り付ける湿布薬等を買おうにも薬局はとっくに閉まっている。あきらめてそのまま寝たら翌朝には足首が階段を下りるのが苦しいくらい立派に腫れている。使えないのが左足で車がATであるのを不幸中の幸いと感じるのは間違っているような気もするが…。とりあえず骨には異常なさそうなので旅行を中止しようなどとは全く考えず、予定通り東に向かう新幹線に乗り込み、神奈川の経県値を滞在→宿泊にランクアップ。翌日足の痛みも引かぬのに城攻めをしてから成田空港に乗り込み、予定通りのチケットを受け取って機上の人になったのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Long long ago 20th century-2

そりゃ本人たちには失礼かもしれないけどさ。

 スワローズ古田捕手対カープ佐々岡投手の対決を実現させてくれたことに感謝。チームは違っても一時代を支えた両選手の勇姿を、我々は忘れない。

 …シニアオールスターとかやるんなら、バッテリー組んでもらいたいような、もらいたくないような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »