« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

四年に一度なんだから

前にもやったろとか言うな!

せっかくの閏だというのに大した事もせずに終わってしまいましたよ全く。子午線ツーリングとかやると意義深そうなんですけどねぇ…寒いし山とか日本海側だと雪有りそうでバイク向きの季節じゃありませんが。

しょうがないから休日出勤は阻止してしまうよ(明日は3月だしな)。

こうして400年に97回しかない貴重な日付を無駄遣いするのでした…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫の日だってんで

にゃー(意味不明)。

[猫団子]

 昔のですが、三匹くらいかたまって丸くなってたのを見かけて無理やり撮ったものです。生後1年までは経ってないきょうだい猫かと思われます(撮影の3ヶ月くらい前にはもっと小さいのがわらわらいたのを見てますので)。

 …特に意味はありません、多分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恒例行事

おかしいな、祝日になってないが?

 これだけは毎年やっている(ような気がするが2004年だけはやってない)笠原弘子さんのお誕生日祝い?の日でございます。いや、本館では2002年、2003年も抜けてるんですが、こっそり?バースディライブとか行ってたりして。

 新譜が出ないので飢餓状態…の割に最近のアルバムはあまり聴いてなかったりして。音楽を聴くのがほとんど車の中で、車には前世紀くらいまでのアルバムを入れたMDしか積んでないというのがその理由だったりしますが、録音の出来るMDデッキは仙台に引っ越したとき以来箱から出してません。仙台以降は通勤時間も短いのでメモリーオーディオプレイヤーもほとんど使ってませんしねぇ(歩きながら聴くのは怖いし)。

 昨年のクリスマスイベントも出てないし(ファンクラブから継続の案内がなかったような気がするがどっちみちスケジュール的に無理だった…)ファン活動レベルが低下してますが、でも聴くのは専ら弘子さんなのよねぇ。某動画サイトで某ギャルゲー(って言い方でいいのか?)のMAD動画に使われている弘子さんの歌を聴いて、今更ながら良い意味でのアイドル性の高さに感動してたりします、実は。ご本人はあんまり振り付きで歌わないけど90年代前半くらいまでの楽曲は振り振りが合うったらないわ。

 やっぱりそろそろアルバムでどかっと聴きたいなぁ、新譜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

至近距離にて

ガラス越しだけどさ。

[アオサギ]撮影距離1.5mくらいだと思いますが、こいつ野生です。ガラス越しとは言えこの距離じゃなかなか撮らせてくれないよね(相手が慣れているというか寛大なので私が特殊技術で近づいている訳ではありません)。携帯のカメラですのでノイジーなのは許してね。

 なかなかの美人さんに撮らせてもらえて満足ですだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最新ステータス

経県値の話ですから。

 細かい事は申しませんが現在の私の経県値はこんな感じ

 富山を埋めれば日本海側制覇なんだけどなぁ。車で4時間くらい走れば山梨も射程県内(これわざとね)か。

 …沖縄は遠いな、やはり。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

プラネタリウムの椅子

4周年にこれかい?

 MIGIWA/TJB Annexも4周年です。この1年で新規に見たプラネタリウムというと…大分1、千葉1、岐阜1、三重1、愛知2、静岡1くらいのもんで新規開拓はあんまりやってないですね。なんだかんだで名古屋の市立科学館は3回くらい行ってますが(10年ほど前に1回行ってるので新規じゃないけど)。

 それはともかく、多くのプラネタリウムに行って感じるのが椅子に対する不満です。私は日本人男子としてはまあ並程度の体格のはずなんですが、まともに腰掛けると頭のはみ出す椅子の多いこと多いこと。上向いて座るのですから頭が支えられないととてもやってられないのですが、お尻を前にずらさないと背もたれに頭が引っかからない椅子を使ってる施設が大半です。頭が引っかかる椅子ならいいかと言うと、結局安定しなくて結局お尻をずらす羽目になってしまいます。

 そのような椅子を使っている理由を考えてみると…プラネタリウム施設の多くが主に子供の教育用とされている事でしょう。子供が座ることだけを想定していると、そりゃ大人がはみ出すのも無理はありません。しかし昨今は子供の体格も良くなっているのでどんなもんかと思いますが。

 しかし、本当の理由はスペース効率を優先した結果じゃないかと密かに思ってます。大人の頭を支えられるサイズの背もたれをリクライニングさせると当然前後方向のスペースが(背もたれが垂直に近い)普通の椅子よりも大きくなります。名古屋市の科学館で予定されている新プラネタリウムはドームの端の方に座席を設置しないことにして自然な見え方を追求するという話もあるんですが、逆に言えば端の方の席はある程度不自然な見え方になるっていうことでしょう。実際、「この辺の席が見易いです」と案内する施設もありますし。でも収容人数は確保しなきゃいけないって事で前後方向のスペースを圧縮する形を取っているのではないかと想像しています。

 …プラネタリウムの椅子がリクライニングしない時を想定した形状である必要はないと思うんですよね。座面サイズはリクライニングしない椅子と同様ですけど、リクライニングした時に背もたれの腰の部分で主に体重を支えて座面を小さくしたっていいような気が。構造が一般的でないのでコストがかさみそうなのが難点ですが、快適に見ていられる椅子にお金をかけてもいいんじゃないかと思うんですよね、私は。

 …せいぜい1時間だからこの程度でいいや、ってのは止めてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »