« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

残暑お見舞い申し上げます

このとってつけ感が好き。

[残暑お見舞い申し上げます]

 某有名デパートの別館にて撮影。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

スター・ウィーク7

無理やり続けてみました。

 スター・ウィーク最終日は旧七夕に近くて(仙台七夕は今日だよね)晴れた地方はいい感じで織姫彦星が見えてるんじゃないかと思います。20時過ぎだと月も低く見えてて観望会にはちょうど良かったでしょうね。

 生憎私は普通の平日なので特別な事は何もしてませんが…久しぶりに連続更新を心がけたくらいで。

 決して暇だった訳じゃありませんから!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スター・ウィーク6

いやほんとネタが。

 数年前だったろうか、電車の中吊り広告で「空飛ぶ核融合炉」というコピーを見て驚いた事がある。

 …太陽の事だったよ。確かに空飛ぶ核融合炉なのは間違いない。

 夜空に見える星の大半がやっぱり核融合炉だと思うとなんかわくわくしてきません?(する人は多分理工系)

 ちなみに、このコピーを載せていたのはオッサン向け週刊誌だったと記憶している。科学雑誌じゃないところがすごく意外でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スター・ウィーク5

自由研究には微妙に不向き。

 夏休みの自由研究に星を、というのは実はあまり向いてません。大ネタは天気に左右されるし地味なネタは継続は力なりの典型になりがちですし。

 今年の場合ペルセウス座流星群は月が明るめなのでなれない人にはちと辛そう。満月には部分月食があるけど皆既日食なんかと比べるとかなり地味。ただきれいに記録できればそれなりに見栄えはしそう。

 帰省の折によくある民俗資料館の類で星にまつわる民話を拾ってこれたら、意外と面白いかも知れません。ただし日本はその手の話はが常に少ないそうなのでそのつもりで。でもおじいさんとかおばあさんから埋もれてた話を拾い出せたらでかいぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スター・ウィーク4

そろそろネタが。

 スター・ウィークも折り返し点を過ぎましたが、まだまだこれからですよ?

 今年は1日が新月(だから皆既日食が起こってた訳ですが)って事で、ちょうど月を見るのに最適な感じになってます。旧七夕はほぼ半月も見えるし星の方もそれなりに見えるしで一番楽しめるのではないでしょうか。平日なので大人には微妙な雰囲気が漂いますが。

 …いろいろあってだね、今回の皆既日食は(も?)見に行ってないんだよ。説得工作も考えたんだけどオリンピックやら治安やら強く説得しようという気力がなくなるような状態だったし…。ようやくネットにも日食のレポートが出るようになったのは、通信事情のせいでしょうかね、やはり。TV等の報道も少なかったのはがっかりだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スター・ウィーク3

いないと思うけど。

 その昔、某所で「某コンパクトオープンカーは最高の星見道具だ!」とか言ってる人がいたんですよね。

 …うそうそ。オープンカーは星見には向きません。多分シートを倒すだけで満天の星空!とかやったことない人が想像で書いたんじゃないかと思いますけど。

 オープンカーのシートを倒して上を見ると、実はフロントウィンドウ(英語でウィンドシールドとかウィンドスクリーンという奴ね)の上端付近が一番おいしい所をふさぎます。オープンじゃないけどいわゆるキャンバストップ車で実験済み。おまけに例えば東の方を見ている時に西の方を見たくなると車ごと向きを変えなきゃいけません。シートを元に戻して、エンジンをかけなおし、車の向きを変えて…まどろっこしい事この上ありません。エンジンかけたまま星を見ようなんてのは暴挙だから止めてね。

 日本の夜は割と湿度が高い事が多いので、オープンにしたまま放置すると夜露でぐしゃぐしゃになる事請け合いです。気分良く星を見たとして、乾くまで待ってから帰るんでしょうか。それなら別に何も言いませんがそうじゃない場合はシートがじっとり、窓は曇り、まあいい事はないです。

 ちょっと冷え込んできたりするとこれまた悲惨です。逃げるとこないもんね。私はかつてバイクで星見に行ったりしてたんで、そういうのは遠慮しますよ。

 個人的には車は車で移動・運搬手段としての本分を極める方が良いと思います。サマーベッドがいいとよく言われてますが、リクライニング回転座椅子はどうだろうと考えてます。二人分くらいまでだったら普通のコンパクトカーで積んで走れますし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スター・ウィーク2

天気がびみょーですが?

 星を見に行くときは上着を一枚余計に持っていくべし。特に山に行ったりすると夜は結構冷えます。

 メガネの人が望遠鏡を覗く際は、乱視ならかけたままが基本、遠視近視なら外した方がよいと言われています。

 スカートは、多分やめた方がいいでしょう。ヒールの高い靴も避けましょう(某まんがのキャラクターみたいに悲惨な目に遭うです)。

 天気予報はあんまり当てにしない方がよいかも(天気予報の「晴れ」は雲が7割までなんですよねー)。天文台等に行くなら電話確認するのが無難。

 まー、細かい事気にせずに星空を楽しむのが第一じゃ。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スター・ウィーク

星を見に行こう。

今日から一週間はスター・ウィークです。各地で協賛イベントが行われると思いますので一度行ってみてはいかがでしょう。

望遠鏡を覗く時に片目をつぶらず、目は開けたまま手などで隠すのがポイントです。案内してくれる人に「予習してきてるな」思ってもらえるかも知れません。…素人さんには素人っぽく見えるかも知れませんが。

これにはちゃんと「例え実際に使うのが片目だけでも両目を開けたままなら脳は両目分働いて良く見えるようになる」という理由があります。

別に覗いてない方の目を隠す必要はないんですが、慣れないと訳分からなくなる上マニアに見えるのでお勧めはしません。スケッチなんかする人は隠さずに覗かないとできませんからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »