« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

言わんこっちゃない

怪訝な顔されたぞ。

就職してからずっとメインバンクは某地方銀行にしてたんですが、結婚後いろいろ不都合を指摘されて某都市銀行に切り替えてしまいました。で、塩漬け状態だった定期預金の預け替えも行いました。某都市銀行と提携関係にある?ネット銀行に。

地方銀行の窓口のおば…お姉さんに言われましたさ、「申し訳ございませんが、ほんとにこんなのあるんですか?」

もちっと銀行らしいネーミングでお願いしたい…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そんなの誰も気付かない

私は気付いたけどさ。

 今年の大河ドラマ「篤姫」は好評だったようで、うちでもずいぶん見てました。一応、見逃しに備えて録画の準備もしてたりして。

 最終回だけオープニングのテロップがスクロールだったんですよね。登場人物が多いせいかと思ってたら妙に不自然な空白がある。で、前回(12月7日放映分)と比較してみたら「女の道は一本道にござりまする」とでも言いたげな演出が加えられてました。

…たらっと見ててもそんなの気付かんぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入門機がない

見解の相違はあろうが。

 最近のアマチュア無線機のラインナップを見ていると、入門機と呼べそうなものがない事に気付きます。いや、見解の相違があるのは百も承知ですが、「初心者の人にはこれを勧めておけば安心」と言えそうなものがないように感じます。昔はラインナップ自体が単純だったので悩む余地がなかった、と言えばそれまでですが。

 では私が考える入門機とはどんなのだという事になりますが、「そこそこの事が出来てそこそこの値段で買える扱いやすい機種」って感じです。当たり前ですか?でも案外「無線に詳しい人」に聞くと結構特殊な機械を勧めちゃう人が多いんですね。特殊な機械はその分使い方を選ぶので、何がしたいのかがそもそも分からない一般的な初心者には勧めにくいものなのです(「コレをやる!」というのがはっきりしている場合はお勧めは初心者かどうかに関わらず同じようなものになりますね)。

 そうやって考えると、出来るだけ多くのバンドとモードが使えて、(メニュー操作でなくて)適度な数のボタンやつまみで必要な機能を直接操作できる操作系で、接続端子などに余裕があって、値段が安ければ言うことはないでしょう。具体的にはアイコムのIC-7400をベースに430MHz帯までの対応、カラー表示化、操作系の見直し(もう少しメニュー操作に頼らない設計が望ましいと考える)を施したような感じでしょうか。お値段は据え置きくらいで。…IC-7000を固定機に焼き直したという見方も出来ますね(IC-7400の先代に当たるIC-746は初代IC-706を固定機化したものと言っても良さそうな作りだし)。端子類はケチらずにいろいろ付けておくと、いわゆるOMのサブ機にも持って来いでつぶしの利く製品になるでしょう。もっとも、最近の製品(IC-7200とか7600)のようにUSB端子を付けて、外部制御はもちろん音声信号の入出力もできるようにしておけば「後はPCソフトで何とかすれば?」でいいかも知れません。コネクターの類ってコストが結構かかりますからね。なお、アイコムを例に挙げたのはIFをDSPにしてるおかげで後からオプションフィルターが欲しいけど手に入らないとか何とかいう事態を心配しなくて済むのを評価しての事で、他意はありません。ヤエスのラインナップを良く把握してないだけか。

 現代の水準だとEMCの問題も大きいのでHF対応ならオートアンテナチューナーは必須でしょうが、AC電源を内蔵するかどうかは意見の分かれるところでしょう(DC13.8V運用可能は必須としても、いわゆる担ぎ上げのことまで必要とは考えてません)。IC-7400のボディサイズなら50W専用に割り切れば内蔵出来そうな気もしますが。まあ、バンドやモードの追加ユニットだと技適が絡むので現代の市販機としては採用しにくいでしょうが、FT-897みたいにAC電源とバッテリーをユニット化して選択内蔵出来るようにするのはいい手かもしれません(FT-897の場合は価格設定が高めに感じますが)。固定が基本という事でバッテリーは無くてもいいか。

 …私は入門機=ローエンド機と思ってないです。ローエンド機って、ある程度分かっている人が使ってこそ価値のあるものだと思いますがいかがでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんかついてない

立ち往生(違う)

 勤務先で使っているデスクトップPCのディスプレイがとうとう使えなくなってしまいました。かなり前から起動時のVGAモードの状態だと正常に表示しない(OS起動後のXGAモードは正常なので気にせず使用)とか細かい不具合はありましたが、普通使っていた後トイレに行った数分の間に画面が真っ白だか青だかになって復旧しなくなっていました。

 私が使ってからでも6年は経つし(製品自体は8年位前になるのかな)、オンスクリーンの設定表示等はちゃんと出るがPCからの信号は表示しないとなると入力系かなーと一応分解してチェックはしたけど補修部品が無いのも分かっていたのであっさりあきらめさせていただきました。補修部品があったとしても、当時の液晶ディスプレイの価格を考えると新品を買った方が安いのですが(補修部品は生産時の価格に比例するので2000年頃の液晶パネルが故障してたりすると部品代だけで10万円は下らない)。

 経費節減がうるさく言われてる折に申し訳ないんだけど、3年持たないとかぼろくそに言われてた?メーカー製品がこんだけ動作すりゃ文句は言われまい。画質もそんなに悪くなかった(というか下手なCRTより良かった)のでちょっと惜しいかなぁ。

 おかげで今時14型使ってたのが17型以上になりそうです。が、今のスペースにうまく収まらないとえらい事になってしまう…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »