« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

7MHz改造

どっちが正解?

 アイコムとケンウッド(五十音順)は改造すると技適外れる派、アルインコとヤエス(バーテックススタンダードという突っ込みは不許可)は外れない派で真っ二つ。技適申請時の書類の書き方で違うのかもしれないが。

 でもしかし、ヤエスは無料で改造してくれる(送料だけ自己負担)ので偉いという評価はそれはそれで微妙。監督官庁に確認取った結果ならいいけどそうじゃなかったら「別件で修理に出したら気を利かせて改造してくれていた」のが仇になるぞ。公式サイトには対応関係の情報が見つからなかったが…。(アルインコは「改造は一切技適に関係しない」と断言していた。)

 …気を利かせたつもりが「俺に断りもなく勝手に改造しやがって、どうしてくれる!」と因縁つけられるような事は、多分ないと思いますが。

 ま、うちの機械は最初から対応しているので関係ないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

埋めきれぬ誤差

誰が悪い訳じゃないと思うが。

1/101としての+1だと違和感があるし、単独の1として考えると微妙な中途半端感が拭えない…。

あと+3くらいするための前振りならアリかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PLCオワタ

敢えて2ちゃんねる風にやってみた。

 結局のところ使いにくいPLC、どうやら引導を渡される日も近そうです。…頼みの電力線をワイヤレス化する方向に世間は動き始めているのですから。

 まあ、電波式の電力搬送は、それはそれで問題を引き起こしそうですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金銭感覚が変9

どうしてネタが湧いてくるんだろう。

 某社の高級HF機を壊したというOMさんと話をした事がある。送信ファイナル部を壊したとかで保証期間じゃなかったら数万円コースの出費になるところだったという事だったが。「付いている保護回路が働かなかったのはおかしい」というお説はごもっともだが、壊れていると分かっているアンテナに繋いで送信しちゃいかんだろう。

 しかもそのOMさん、かなり前の製品だけど別の普及クラスHF機も持っているんだそうな(直るまでそれでやらなきゃと仰せであった)。…壊れたアンテナで送信するなんて危険なことを敢えてするのに買ったばかりの高級機を使わなくてもいいじゃん?と思ったのは私だけだろうか。私なら壊れて(修理不能になって)も諦めの付く方でやるけど。大枚はたいて買った虎の子を危険にさらすような真似は普通しないと思う。…古い方が歴史に残る伝説の名機(時価が新型高級機よりも高い)ってなら話は別だが、ごく普通の普及機だそうだし。

 …上級資格をお持ちのOMさんが保護回路に頼るようなヘボオペレーションすること自体が問題だ、という話はとりあえずおいておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがとう

長い間じゃなかったけど。

 あなたの約束の地はいかがですか…?

 我々も早くそこに行ける様になりたいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金銭感覚が変8

何故ネタが尽きない?

 今月からアマチュア無線局免許申請の保証認定料金が上がりました。新規開局で3700円が4800円、既に開局している局の変更申請だと2000円が3000円です。

 …このご時世、それもアマチュア局が減ってもっと増やさなきゃとか言っている時期にこういうところで値上げしちゃう神経が理解できない。

 技適機器だけ使えば保証認定はいらないのでそれほどのダメージじゃないと言えなくもないけどね…。というか、技適で直接総合通信局に申請する場合はインターネット申請を利用すれば書類で申請するのに比べて値下げされているのだが、保証認定はそういうのもないし(申請自体はインターネット申請もあるけど)。

 まあ、過去に郵便料金の値上げに乗じた大幅便乗値上げ(個人会員で年4800円→7200円)をやらかした日本アマチュア無線連盟の関連組織のやる事なので、コスト意識とかそういうのに無縁な事だけは間違いなさそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »