« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

カプセルに対面する

撮影禁止って事で画像なし。

 一昨日17日から近鉄百貨店阿倍野店で公開されているカプセルに、本日ようやく対面して来ました。さすがに平日に休みを取れないし休日の初日は多いのではないかと考え、中日の整理券配布開始予定時刻に到着するように行ってみたら概算ですが500人くらい待ちの状態でした。整理券入手に30分強、整理券は再集合が9時30分~9時50分と指定されていたので約1時間を向かいのビルの喫茶店?で過ごし(お仲間が多数いた模様)、再集合後1時間ほど並んで対面となりました。並んでいた時間の大半が室内だったので良かったですが、先週までの超酷暑で外に並んでいたら大変なことになっていたでしょうね…。さすがに延々並ばせるといろいろ混乱を招くだろうということで、そのあたりを非常に配慮された運営でした。

 カプセルの方は既に皆さん述べられている通り大変きれい(一番焦げているであろう下面ヒートシールドの実物は展示されていませんでしたが)で、妻によれば「パラシュートは何か手作り感の漂う暖かさを感じた」との事です。あまりにきれいで逆に7年間旅してきた実感が薄く感じないこともなかったですが、やっぱりすごい。

 その後記念品等の販売コーナーは異常に人の流れが悪く、BluRay再生環境もないので何も買わずに帰りました。あそこだけは押し合いへし合いになっててまずかったような気が…。一応寄せ書きには一言書いて帰りましたが。

 閉店間際は整理券もなくスムーズに入れたらしい(前日の実績)ので、18時くらいから行くのも手かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年1回くらいは撮っている

撮影方法もいろいろ。

 今年はまだ撮ってませんが、過去に撮った奴を並べてみました。

皆既月食
三者揃い踏み
半影月食
あきらめるな!
だんご買い忘れた!
中秋の名月
中秋の名月
携帯で撮ってみる

 全く同じタイトルを2年続けてるって芸がない…。

ブログネタ: 【写真ネタ】あなたが撮った「月」を見せてください!参加数拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PCを修理してみる

…修理って程じゃねぇし。

 土曜日に5人組がCMやってる某運輸某営業所窓口の対応がダメダメなどと書いてますが、妻実家からPCの修理依頼があって返送しようとしたらそういう目に遭ったのです。1ヶ月くらい前には窓口に持ち込んだ荷物の料金を100円多く間違えていたので、と言ってドライバー氏が持ってきてくれたりしてるんですけどね。

 それはさておき、木曜日にPCが立ち上がらないという電話があった際にハードウェアに関する知識や経験がほぼ無い人でも対処できそうなところを2つ3つ挙げてだめだったのであきらめた方がいいんじゃないかと思ったのですが、一応見てくれという話になって届いたのが土曜日の午前中。デスクトップの本体だけ送ってもらうつもりがディスプレイやら何やら一式まとめて届いてしまったので「早く片付けないとスペースが…」という理由で即着手したらあっさり直って返送したのが2時間後。

 …しょうもない理由と言えばそうなのですが、「ケースの電源ボタンと中のスイッチがうまくかみ合っていなかった」のが原因でした。いや、電源ボタンを押したときの手ごたえが変だとは思ったけど。組み直したらとりあえず動くようにはなったので返送しましたが、届いたらカレンダークロックが初期状態に戻っていたらしいので、あちこち劣化しているのかもしれません(バックアップ電池が輸送中の振動で一時的に緩んで瞬断しただけかもしれませんが)。どっちみち保証期間は過ぎているし補修部品も底をついている可能性が高いので、必要なデータのバックアップと本体買い替えの検討をお願いしておきました。年末まで無事なら帰省時にいじりまわしてもいいんですが…。

 ふつーの人は機械を分解するのに抵抗があるのが普通なので、私のような物好きでない限り自分で直してみようとかなんとか考えない方が良いと思います。まして身内とは言え他人のものであれば点検でも引き受けたりしないのが良策です。ダメ元で了承をもらっていてもなかなか納得できないもんです、人間って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

社員教育がなってない

言わなきゃいいのに。

 今朝(日付変わってますけど)妻実家からPCが届いて、その日のうちに返送したのです。箱がないって事で毛布やらなにやらで包んで着きまして、こっちにも箱はないので来た時の梱包材をそのまま使って返送したのです。

 某運輸(5人組がCMやってるとこ)で来たので同じく某運輸の営業所に持ち込んだのですが…。

 「この状態だと途中事故があっても補償できませんけど」はいいだろう。その説明は立場上当然だろう。しかし「普通はこの状態では受け付けないんですが、(最初の送り元が)田舎だから…」…田舎は余計だ。大阪と比べれば田舎だろうが(妻は「田舎」というところに反応してたんだが)、それは同社の田舎の営業所はいい加減にやってるといっているのだぞ。お前んとこは都市部と地方で社員教育の内容が異なるのか?

 私は妻がやり取りしているのを後ろで聞いていたのですが、一番腹が立ったのは内容ではなくて「どう丁寧に説明しても3分で済む内容を10分近くかけて延々と話していたこと」。「この梱包だと中身の補償が出来ませんが」「分かったのでそのままお願いします/梱包材はあるんですか」以下略…暑いんだからちゃっちゃと受け付けてくれ。

 ところで中年女性と思しき受付担当2名、どっちも名札を付けてなかったようだが今時そんなんでいいのか?暑いからっていい加減な服装はいかんぞ(名札なんて服装のうちに入らんだろ)。お客様相談窓口とかに営業所名挙げてチクられても知らんぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バッテリーが上がる

…続けてはきつい。

 この夏の猛暑のせいかどうかは分からないのですが、この8月に私のバイクと車の両方のバッテリーが上がってしまうという事態が発生してしまいました。うーむ。

 先に上がったのはこのところ月1回くらい乗るのがやっとのバイクの方。約1カ月ぶりに乗ろうとしたらセルモーターの回転がえらく弱々しく、結局始動に失敗してしまいました。仕方ないのでちょっと離れた所に置いてある車のところまで押して行き―平地で良かった―、ブースターケーブルを使って始動する羽目になってしまいました。過去に3回くらいバッテリーを上げてしまった事はあるのですがいずれも真冬に1カ月以上乗れなかった時で、真夏に上がったのは初めてです。ぱっと見た限り充電系統に異常がある訳でもないようなので、原因不明のままです。気持ち悪いったらないですが原因追究する余裕がない…。

 その10日ほど後に、今度は車のバッテリーが上がってしまいました。2日前まで全く問題なく動いていたのにリモコンドアロックが全く動かないはルームランプは点かないはもちろんエンジンがかかる筈はないはで少々パニックになってしまいました。その日はとりあえず放置して週末にいろいろ確認してみたら12Vのバッテリーが3V以下まで放電してしまっていたので、充電はあきらめてバッテリー交換して復旧させたのですが、エンジンルームを良く見たらオルタネータやらエアコンを駆動するベルトの幅が3/4程になっているではありませんか。充電自体は問題ないようでしたが切れてしまったらかなりまずい事になるのは目に見えていたので販売店に修理依頼いたしました。明らかに傷んでいる1本は当然ですが特に異常はないように見えたベルト1本も同程度に劣化が進んでいることを懸念して交換したのでちょっと出費はかさみましたが、当分は安心できそうです。サービスマン氏にバッテリー上がりの状況を聞かれたので説明したら、念のため発電量も測定して異常のない事を確認してくれました。状況からするとリアゲートが半ドア状態のままになって丸2日ルームランプが点きっぱなしになっていたという可能性が一番高そうです(バッテリー交換作業前にリアゲートを開けようとしたら手ごたえに違和感があったのよね…)。まあ、純正より若干容量が小さい―純正が寒冷地仕様もどきなので―とはいえ格安のバッテリーで済んだので出費的には不幸中の幸いでした。ついでに言えば出先でいきなり、ではなく自宅の駐車場にいる時でしたからロードサービスなどを呼ぶ必要もなく…。

 バイク用に補充電装置でも用意した方がいいかもなぁ…バイク用のバッテリーって軽自動車向けより容量当たりで見たら10倍くらいしそうな勢いだし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »