« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

期待外れで申し訳ない

オチがない…。

 セキュリティの何に気を使うかって、そりゃ「手の内を見せない」に尽きますから…。

 いやきっと、ネタ振り元は「うちはこんなセキュリティを施してます」っていろいろ書いてもらう(出来れば自分の会社を宣伝してもらえたら)って事を意識してだと思いますけどね、それで「こんなやり方のパスワードかけてます」とか書いたらウラをかく人が必ず出てくる訳で。結局のところ「必要に応じて対策を施してます」としか書けませんよ。

 まあ、「その辺の情報はいろいろチェックしておく」「他人には手の内を見せない」「やばそうな事はしない」で決まりじゃないでしょうか。しつこいですがオチがなくてすみません、はい。


常時安全セキュリティ24

ブログネタ: 【賞品付き】セキュリティ、何に気をつけてる?参加数拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダメな経済学者の見分け方

…経済評論家とかも含む(以下同様)。

 割と簡単に精度良く見分けられるのではないかと思います。欠点はデキる経済学者を見分けることにはつながらないこと。

 …ネット上での意見表明に実名主義を唱える経済学者は、かなりの確率でダメです。程度は「ダメダメな経済学者」から「残念な経済学者」などなど、様々ですが。しかし実名にすればネットが良くなるみたいな、良く言えばナイーブ、悪くというか有体に言えば単純な主張をされる方ほどダメ度が高い傾向にあると推測されます。

 いえ確かに匿名掲示板とかAmazonのレビュー(※)とかごっそり抜けば雑音が減るのはかなりの高確率で期待できますけどね、残った信号の質が担保される訳では…元から含まれている歪が減る訳ではありません。ジャイア○の歌声をCDに録音したらカセットテープの時よりきれいに聞こえるかって言ったら、そんな事ないでしょ?実名でやれば質が保証されるなら、世の中に歴史上の偉人を騙って好き勝手なことを言うトンデモ本(※※)もさも科学的な検証を行ったかのような顔をして嘘八百を捏造するTV番組も存在しない筈ですがそんな訳がないのは皆様よ~くご存じでしょう。

 …池D信OとかK間和Yとか言いませんから、敢えて。

※でも商品が発売される前にレビューが書けるシステムはいい加減どうにかした方がいいと思うけど。

※※これを二人で朗読する形に書き直せば第11回M-1グランプリを盗れるとは思いますが:p

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソフトバンクに対する違和感

…ようやく得心がいった。

 以前「ソフトバンクに800MHz」なんてのを書いたくらい私はソフトバンクを信用していないのですが、それが何ゆえかと言われると論理的根拠がうまく説明できなかったのです。要は違和感があったのですがその理由が自分でもうまくまとめられなかった訳です。で、先日「無線にゃん」というところに書かれていた「光の道、その誤謬と、必死なのはなぜの話 」を読んでようやく分かりました。私が感じていたのは「バス会社が自業界の経営手法を押し通しながら経営しようとする鉄道会社」に対する違和感だったのです。…何の事か判らんって?

 基本的に鉄道会社は自前で路線を用意し(だから公共事業であっても線路の引いてある土地に対して固定資産税などを払っている)その上に車両を走らせています。最近は第三セクターのように車両を走らせる会社と路線を用意する会社が別な場合も多々ありますが。一方バス会社が用意するのはバスだけで、自前で道路を作ったりは普通しません。公共性を鑑みてバス専用レーンを設定される例は多々ありますが、バスだけの為に作られる施設といったらバスターミナルくらいのものです。そう、最近のソフトバンクの「光の道」キャンペーン(って言うの?)を見ていると私なんかには「ウチも電車買ったからお宅の線路に乗り入れさせろ!ダイヤはまだ増発する余裕あるだろ!まあホームくらいは自前で作らせてもらうわ」って言っているように見える訳です。…そう言いたいのだと思いますが。

 ばっさり言ってしまえば、ソフトバンクってインフラ企業としての側面を極力捨てたい会社な訳です。だから古くはドライカッパーやダークファイバーの件でも揉めたし、昨年「電波改善宣言」なんてのをぶち上げたのも今まで携帯電話基地局の整備を渋っていたことの裏返し。もちろんNTTグループがいろいろがんじがらめの規制をかけて市場開放を渋っていた(る?)点を否定するものではありませんが、NTTグループにしてみれば自分のところの顧客が第一であってそこを危うくする可能性があるものをはいそうですかと簡単に開放したくないという面は間違いなくある筈です。いくらソフトバンクでも基幹回線をベストエフォートで構築しようという無茶は考えないと信じたいし、一定の帯域を保証しろ(でも保守の事なんか関知しないしタダ同然で寄こせ)と言うからNTTグループが渋ったのであろうと推測するのですが、今ならそういう無茶もやりそうな気がして仕方ありません。インフラ構築にはお金も時間もかかりますから持たずに済めばそれがベストという考えは普通の企業経営的には正しいのでしょうが、インフラ自体が売りの業界で同じ事をしていいのかと考えると個人的にはかなり疑問です。

 そうやって考えていくと孫社長の自称するIP原理主義者ってのも「全部IPになれば自前のインフラいらねーしwww」というだけのような気がしてきますし(そうなんじゃないかと半ば確信していますが)、日本を思って云々もどこまで本当か信用できない訳です。能天気な経済学者氏とかも全部IPになればユートピアでもやってくるかのような事を仰ってますが、以前にも書いたようにIPって本質的にはリアルタイムに同期してとか1対多の放送型のやり取りって得意ではないしそういう方向の確実性を狙った仕組みでもありません。更に、規格を誰か一人の専制君主が決めている訳ではないので実装段階で解釈にブレが生じ、結果としていわゆる相性問題も発生しがちです(私がルールブックだ!とか言える人がいれば「犯人はお前だ」と決めつけられる訳ですが…)。IPv12くらいになればどんなIP機器でもただ繋げば理想的に動作する、そういう世界もあるいはやって来るかも知れませんが、まあユートピアでしょうね。

 ひょっとして、ソフトバンクって以前第2種電気通信事業者といっていた形態とかMVNOとかでやっていく方がいいんじゃないの?自分のところのディズニー・モバイルみたいにさぁ。…ああ、それだとタダ乗りできないからダメなのか。自前でリニア敷くから邪魔するなというJR東海とか見習って「光の道」とやらもぐだぐだ言わずさっさと自前で敷いてみてはどうなのか。

※ユートピア=理想郷と訳される訳だが、直訳すると「ない場所」という意味だそうである。
※断わっておくが、私もバス会社がバスを走らせるのに自前で道路を作らないのは当たり前という認識。鉄道に手を出す際に勝手によその線路に接続して列車を乗り入れさせようとしているかのような姿勢に違和感を感じるだけである。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

帰ってきてしまった金銭感覚が変

帰ってきてしまった、帰ってきてしまった、金銭感覚が変!(字余りまくり)

 D-STAR機を買って使ってみた感想を書かれていたblogのコメントに「1200等で、DDでインターネットに繋ぎたい。(要は、携帯の繋がらないとこで NETに繋ぎたい)」ってのがあったので試算してみました。

 いや、技術的にはそんなに難しいことではありませんよ。要はDDモードレピータが全国津々浦々にあればいいので。実用になる範囲として電波が半径10kmに飛ぶと仮定すると、21km四方に1箇所ずつ設置されているアメダスの観測所が全国1300箇所というところから約1.5倍くらいの数があればいいかなと推算。レピータ設備の価格は量産で今の半分に出来るとするとなんやかんやで約50万円って感じ。設置の労働力は原則アマチュア無線家のボランティアに頼り、高所作業車やら避雷接地工事など特殊技能の要るところだけプロにお任せ、アンテナの高さが20mくらいになるような柱を立てることにすると1局300万円くらいは要るかなぁ…。

 …この超甘口概算でも50億円は下らない(しかもこれはレピータまで引かなければならない電源とブロードバンド回線の工事費は負担しなくて良く、その上全ての土地等の使用料が不要という超絶的に大甘な前提である)。

 で、電気代とネット回線を合計月5000円くらいで維持できるとして、年間1局あたり60000円。1800局あるから1億強はかかる。初期コストが何かの間違いでタダになるとしてもJARL会員一人あたり年2000円くらいは出さなきゃいけない勘定かな(50000人いるとして)。もちろんメンテナンスはアマチュア無線家のボランティアに頼る前提での計算だ。何かの間違いが無ければ10年は使うことを前提にして年あたり5億ほどプラス…って事は会員一人あたり12000円くらい出せば理論上は可能性が見えないこともない。月あたりなら1000円。

 意外と安いんじゃないかって?交互通信の128kbps(実効50kbps出ればいい方かな)、セキュリティ皆無、商業やエロNGの回線でですよ?これには各自が使う無線機の費用などは一切入ってないのですが、無線機だけで最新のスマートフォンくらいの値段にはなるでしょうね(DDモードだと送受信切り替えの速度が50msだか以内という規格があるのでそのくらいの値段はするだろうと推測する)。しかもJARL会員がみんな使う訳ではないので積極的に費用を出そうという人だけ出すことにしたら10倍くらいに跳ね上がるであろうと推測。都市部はすぐキャパシティが足りなくなるであろうし人里離れた場所ではメンテナンスも一苦労(しかし携帯の基地局網がカバーしないであろう地域をもカバーしなければこの計画の存在価値はないのである)。お金をもらえないんだから採算が取れる訳がないので、どこかの子ども手当を億単位でもらえる人たちにでも出してもらうしか。

 …某姉妹にうまいこと言って取り入って出してもらおうという猛者はいないか!多分今流行の伊達直人は無線界にはいないだろうからねぇ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミスリードを指摘する

…なんちゃって社会派モード。

 最近新聞の意見広告などで「男女で1票の価値が差別されていたら大変ですね?でも住所では差別があるんです」とやっているのを見かけます。現在参議院の選挙区選挙分で最大約5倍の格差があって、違憲判決も出ていますが。

 そこで大学院生の試算を基に都道府県をまたぐ区割りを行えば十分小さく抑えられるとかいろいろ主張されているのはいいんですが、アメリカ連邦下院の場合で1:0.993の格差を違憲としたとか書いちゃまずいでしょう。

 …アメリカ連邦上院はどうだっけ、と突っ込まれる訳で。

 ご存じの通り、アメリカ連邦上院議員は各州から二人ずつ、総定員100人というシステムです。ちなみに人口最多のニューヨーク州と最少のネバダ州とで人口差は約19倍あります。どちらも二人ずつ選出するので当然1票の格差も約19倍ある訳ですが、もちろん違憲ではありません。(同じ事を日本でやると東京と鳥取で約21倍の差になりますが、19倍がOKで21倍はNGと言える根拠はありませんね。)人口(比)だけで全部を決めてしまわない上院下院の相互牽制の仕組みは日本の衆議院参議院にも取り入れられている訳で、その辺の背景を無視した論議には正直言って賛同できません。現時点では衆議院でも最大格差が2倍前後あるので、これをもっとマシなレベルにするべきだって事でしたら大いに賛同いたしますが。両院とも人口比に忠実な定員構成にすると、以下のような事が簡単に出来てしまいます。

東京:東京のごみが処理しきれないので、長野に全部引き受けさせたいでーす。
その他:はんたーい。
東京:じゃあ、千葉と埼玉と神奈川と静岡と愛知とで共同使用って事で。
千葉・埼玉・神奈川・静岡・愛知:さんせー。
東京:そうだ、琵琶湖の水は全部大阪と兵庫のものって事で。
大阪・兵庫:さんせー。
東京:佐賀の水は福岡のものにしますよ。
福岡:じゃあさんせー。
東京:採決取りまーす。賛成多数で可決でーす。
東京・千葉・埼玉・神奈川・静岡・愛知・大阪・兵庫・福岡:ばんざーい。
その他:横暴だ!

 人口比だけでやると上記9都府県で人口の半数を超えるんですよね(第7位は北海道)。同じ議員定数比で二院制にしてもチェック機能は十分働かないので、それなら解散時に1/10くらいの議員を残して非常時に備え、選挙終了後全議員が入れ替わるって事でいい訳です。

 個人的には議員定数の割り振りは有権者人口ではなく日本国籍を持つ全人口に過去10~12年分の国政選挙の平均投票率を乗じた数値をベースにするべきではないかと考えています。未成年者の多い地域の権利は軽くていいのか(むしろ少子化社会においてはこの層が重要なんじゃないか)という考えと、行使されない権利は相応の扱いでいいのではないかという考えに依ります。投票率はとりあえず無視して考えると、衆議院を総数480人くらいとするとだいたい人口27万人に1人代表を出せば格差はほぼ1.5倍以内に収まります(人口67万人くらいのラインで2人の県と3人の県が出来て一番格差が出る計算になるのだが都道府県単位の人口ではなぜかこの付近が空白で実際にはもう少し小さめに収まりそうではある)。で、臨時国会で内閣を選出する前に最新の人口動態に基づいて定数改定を義務付ければ宜しい(定数の有効期限を次回選挙終了までとし、決めないと歳費も出ず解散も行えないようにしておく)。参議院は都道府県毎に3人ずつで固定(総数141人、2年毎に1人ずつ改選)。衆参合わせて最多の東京都が51~52人、最少の鳥取県で5人。人口比だけで見ればまだ格差が2倍くらいありますが、予算案などの議決についての優越権などを考慮すれば今よりは実効格差はかなり減ると考えます。

 自分の案がベストだなどとは夢にも思っていませんが、格差とコストとのバランスは悪くないんじゃないかと考えています。どさくさに紛れて?国会議員は100人ほど削減してますし。

 そう言えば、選挙区と比例代表の1人2票もどうかと思うけど重複立候補で復活当選なんて制度はかなり重大な問題があるという認識です。それならいっそどの選挙区の候補に投票しても良いマイナス1票もセットにして1+1-1=1人1票(マイナスを含む全ての票が有効票でないと全部無効票とする)システムをやって欲しいですな。比例代表もやるなら参議院だけ全国1区にして、重複立候補無しで比例代表30×3+選挙区47×3(2年毎1/3改選・総数231)とするか、比例代表70×2+選挙区47×2(3年毎1/2改選・総数234)とするか。しかし参議院は定数をぎりぎりまで減らして一人あたりの権限と責任を大きくする方が良いと考えますので、比例代表25×2+選挙区47×2(3年毎1/2改選・総数144)くらいか。

 …という訳で、個人的な現段階の結論は次の通り。
・定数は(有権者人口ではなく)日本国籍を持つ全人口×過去12年分の国政選挙平均投票率を基に配分(補正人口)
・衆議院は定数480人前後(±2人で格差が最小になるよう調整)都道府県毎の補正人口に比例配分
・参議院は定数144人、都道府県単位選挙区各1人+比例代表全国区25人を3年毎の改選で選出

 法の下の平等、即ち人口に完全比例じゃないと思うんですけどね。こう言っちゃなんだけど、どうしてそこに県境があるか考えないから(田舎だけ)県境を跨ぐ選挙区区割りを考えられる訳で、机上の空論としか評価のしようがない。それなら東京都千代田区と島根県太田市を合わせて一つの選挙区とかやればいいんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年平成二十三年

三が日は避けて?でも松の内の間に。

[謹賀新年平成二十三年]

 結婚後数年ほど自分の顔を入れていましたが今年は無し…といっても恥ずかしくなったという訳ではなく、ウサギ(本物)または星を一緒に写した画像を作れなかったということで断念しただけです。でも一応月は自分で撮影した本物(だが実は満月ではない!)で、ウサギ(とだんご)は京都で買ったちりめん製の飾り物です。バックが薄い色なのはきらめく星を写した訳でもないのに暗い色はどうかとというのと、インクの節約が目当てです。いや、濃い色の面積が大きいとインク消費が早くて早くて。

 …もちろん、ウサギと言えば月なので、独身の頃のモチーフに戻っただけなんですがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »