« 形から入る天文ファン入門7 | トップページ | 天文ファン的デジタルTV考 »

例えばこんな夏休み

昨日の実例。

 …って事で、先日ドライブというか何と言うかしてきました。ちなみに出発地は大阪。

 6月20日に姫路でホワイトライオンの赤ちゃんが生まれたという事で、大きくならないうちに見に行くべくドライブを計画しました。1ヶ月弱で一般公開されるようになった訳ですがもたもたしているとすぐ子ライオンになり若獅子になりで変わっちゃうんですよね。なので渋滞に巻き込まれぬよう早めに出たつもりがしっかり渋滞に…。

[シャイン君][ルーチェちゃん][ルーモちゃん] そんなこんなで姫路に着いてまずはライオンの赤ちゃんを。ふたご座生まれですが三つ子ちゃんです。首輪の青い子がおとなしいけど力持ちなシャイン君、赤い子が好奇心お旺盛で活発なルーチェちゃん、黄色い子が普段は静かでもミルクは一気飲みのルーモちゃん(それぞれ英語、イタリア語、エスペラント語で光を意味するそうな)。

 暑かったのでサファリゾーンの動物たちはほぼ寝てました。ゾウさんだけが気を吐いていた感じです。屋根付きの檻にいたせいかホワイトタイガーもうろうろ歩いていましたが、きれいな画像が撮れなかったのでカット。

[姫路城天守閣の屋根] 続いては同じ姫路市内の国宝にして世界遺産の姫路城。天守閣は修理工事中ですが、「天空の白鷺」と称する見学施設がかぶさっている状態で、画像のような状態をエアコンの効いた状態で見ることが出来ます。小天守の方は現状では修理しておらず元の状態で見学できますが、風があったせいかエアコン程ではないにしても意外に涼しく過ごせました。


Sayou_sunflower しかしこれだけで終わるのも何なので、国道179号線を辿って兵庫県佐用町へ。旧三日月町(佐用町と合併)の三日月中学校の後ろの三日月マークも今のところ健在だなぁとか言いながら(ほぼ15年ぶりくらいに通りました)佐用町へ。既にお分かりの方はお分かりだと思いますが、佐用町はヒマワリをたくさん植えていて見ごろだっていう事でヒマワリ畑を…(ゑ、何を想像されていたの?)。ちなみにこんな感じ。

[西はりま天文台公園] で、同じ町内の西はりま天文台公園でシメる、と。これなら期待通りでしょ?ちなみに人が多かったので土星とヴェガとアルクトゥールスくらいしか見てられませんでした(宿泊者はぎりぎりまで見てられるんですが)。でもさすがに口径2mともなると土星のカッシーニ間隙は余裕で見えてましたね。ベランダ?部分に出してあった20cm望遠鏡でも見えたような気はする、って感じですが…(もう少し気流が良くて私の目が乱視でなければ十分見える筈)。

 典型的お勧めプランと言いたいところですが、何分季節を外すとダメなものばかり(土星もシーズンがほぼ終わったし、ヒマワリもピークは過ぎたかな?ライオンちゃんもそろそろ印象が変わってきてると思う)。躊躇している暇はないようです。


デイリーポータルZ

ブログネタ: 【賞品付き】これが私の夏休み!を教えて 参加数

|

« 形から入る天文ファン入門7 | トップページ | 天文ファン的デジタルTV考 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 例えばこんな夏休み:

« 形から入る天文ファン入門7 | トップページ | 天文ファン的デジタルTV考 »