« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

今年もスター・ウィークに協賛してみる

…今年はネタもあるし。

 毎年の事ですが、今年もスター・ウィークに協賛しております(リンク張りっぱなしという説もありますが)。今年は金環日食や金星の太陽面通過の鑑賞もしたので、例年よりは天文系な味がするんではないでしょうか。

 金環日食を観察してみた
 金星の太陽面通過に挑戦してみた(序盤)(中盤以降)

 天文と言うにはちょっと違うような気もしますが、はやぶさなんかも好きです。例えばこんな感じ

 細かいネタもあります

 こんなのも

 先日の部分月食は完璧に曇られましたが、昨年末の皆既月食なら。

 …意外とあるな、天文ネタ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マスコミだって幇助罪

…つーか、同罪だろうよ。

 脅迫とか恐喝とか傷害とか暴行とか器物破損に名誉毀損、窃盗やらなんやらと書けば良いものを、”いじめ”という便利な単語を作って薄めて丸めて書くからおかしな事になるだけの話で。

 ”セクハラ”ってのも同じだよね。内容が婦女暴行とか強制猥褻、強姦とかになるってだけで。

 そこら辺の自覚がないんでしょうね、多分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さすがは日本橋

[ガジェットベンダー]…にほんばし、ではない。

 某電子パーツショップの店舗前に変わった自動販売機が置いてありました。その名も「ガジェットベンダー」。店名が画像にしっかり入っているので”某”でもなんでもないですけど。

 売っているものの中には1/4wくらいの抵抗セットとかまであって、まあ日本橋以外だと秋葉原くらいしか有り得ないだろうなという内容でした。まあ、iPhone用グッズなんかも入っていたので一般の方でも全く用がない事も無いと思いますけど。

 …既に2年近くも前から設置してあるとは知りませんでしたけど。大阪に戻ってからでも年数回しか行かないからと言って2年も気付かないとは落ちたものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

室外機に遮光を施してみるVer.3

…これで完成形だと思ってる。

 昨年節電対策としてエアコン室外機の遮光をいろいろ工夫してみたのですが、遮光性能はともかくとしてですが一つ問題が発覚してしまいました。台所用のアルミ製油汚れガードだとちょっと強い風が吹いた時の音が結構気になる…という苦情が妻から出まして、台風が近づいたのを機会に廃棄処分と相成りました。

[エアコン室外機日よけVer.3] で、今年は更に素材を変えて復活させました。ある程度の形を保つ剛性と風にあおられても大きな音がしない柔軟性を併せ持つものとして、自動車のフロントガラス用サンシェードを転用してみました。固定には100円ショップで買ってきた自転車用ゴムロープ(荷物をくくり付けるのに使うやつ)を2本、1本はサンシェードの吸盤のために開いていた穴を通して台風が来ても飛ばされないように固定しています。サンシェードは自動車用に使っていたやつを転用したので改めて費用をかけていませんが、買っても2~300円の奴で十分でしょう(どうせシーズン毎に交換するだろうし)。前バージョンと費用的にも大差ないし、工作と呼べるほどの加工も必要ないのでどなたにでも出来るのではないでしょうか。

 どの程度の節電効果が得られるかは微妙ですが、少なくとも消費電力が増える要素はないので…。まあ、東向きの我が家の場合、消費電力ピークの時間帯には何もしなくても日は当たりませんけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

矛盾してないか

…相変わらず吹いてるな。

「武士は寝ているときでも刀を手に取れる範囲に置いていた。今の時代、9時5時で仕事をするだけでは、もはや戦えない。常にスマートデバイスを手に届くところに置き、情報武装をしておけば、仕事の効率もあがって、空いた時間は自分の趣味や家族との団らんに使える。ワークスタイルが変われば、日本の産業が競争力を失いつつある今、もう一度取り戻すことができる」

 …とは、かのソフトバンク社長孫正義氏のお言葉(「SoftBank World 2012」の基調講演)。常に手の届く範囲に置くって事は時間の空きを無くすのと同義だと思うんだけど。個人的には、携帯が普及した頃から即応する事で効率が上がる人より段取りが悪化して効率の下がっている人の方が増えていると思うんだよね。コンビニが増えて便利になったのは確かだけど、24時間営業を支えるために少なからぬコスト増があり、買う方も考え無しに買って無駄を生み出している…のとほぼ同じだと思うんだけど。

 いえ、今更銀行が9時3時の窓口営業しかしてない時代に戻りたくはないですけどね。

「スマホを持っていない人は人生を悔い改めてください。すでに時代から取り残されています」

 大丈夫です。20年ほど前、Windows3.1日本語版が出た頃にも「Windowsの大船に乗り遅れるな!」って某誌で力を持っていた?ライターが叫んでいたけど、そのライターはWindows95が出た頃にはほぼ消えていたもんね。Windows3.1を必死で使えるようにしていた人たちがどうなったかと言うと、大半はWindows95が出た時に蓄積したものがごっそり役に立たなくなってどれだけのリソースを消費した(だけ)事か…。アーリーマジョリティになるくらいなら、コストを掛けてアーリーアダプターになるか、アーリーマジョリティの屍を踏んでいくレイトマジョリティになるのがお得ってもんです。

 所詮デバイスはデバイスで、情報そのものではないんですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PCを購入する

…割と即決。

 おおよそ6年ぶりくらいにPCを購入しました。主に妻用にしていたデスクトップ機がWin2kではさすがに限界っぽかったのと、ネット動画をフルスクリーンで観ようとしたりするとファンの騒音が激しいとかで潮時かな…と。

 妻がタッチタイプできる人なので逆に言うとタッチタイプできるキーボードでなきゃ嫌だって事で当初はデスクトップ型を考えていた訳ですが、昨今はワイドタイプのディスプレイのおかげか持ち運びをあまり考えていないノート型なら十分なサイズのキーボードが付いているので「これでいいじゃん」という事になり、MSofficeの検定(インストラクターとかのレベルではないです)とかも取った人なのでofficeも付いてくるほうがいいだろう、基本officeとネットが出来りゃいい…と言いたいところだけどもう少し余裕があったほうがいいだろう、と欲張ってたらとんでもない値段になってしまいました。

 …と行きそうなものですが、Blurayドライブまで付いてるモデルがそこそこのお値段で買えてしまいました。ちょうどこの夏の新モデルが出たタイミングで昨年秋冬モデルの、しかも「ピンク」のボディなもんで。さすがに故障が怖いので延長保証を入れたりもしましたが、ほぼ同額の割引クーポンを持っていたりして。性能的にはともかく、自分用だったらピンクには手を出さなかっただろうなぁ…。今まで買ったPCの中で一番安いと思うんですが(自作機は入れ替わりがあるのではっきりした事が言えませんが)、CPUもHDDもメモリーも生き残っているPCの中で最強(全部足しても最新1台以下だと思う)ですもんね。まあ6年と言ったらこの業界では2世代は入れ替わってるので当然ですが。

 とりあえず、届いた初日はOSその他のアップデートだけで終わりました。最新(勤務先でもWin7はある筈なんだが私の手元に置いておいてもらえない)のOSはよく分からんぜ…って、このタイミングまで待っていたのはWin8への優待購入が発表されるのを見越していたかです。優待購入とボーナスセールに合わせて発注したって事で。

 液晶画面が光沢タイプなのが気に入らんと言えば気に入らないですが、最近どこも光沢タイプばっかりだから…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カープ恐るべし

…私が見てたら凡退で終了、だったんだろうなぁ。

 NHKのニュースウォッチ9ではいつの間にか大逆転して勝っていた扱いでしたが、振り逃げでランナー二人返って逆転ですと?!ある意味球史に残る試合ですなぁ。

 振り逃げと隠し玉と言えば好調なときのカープの得意技だもんね、やはり年1回は見たいです。

P.S.しかしここは大阪なので、今日は機嫌の悪い奴が続出しそうな悪寒。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

この1分は1分じゃない

…1秒長いんだぜ。

 この1分にはうるう秒が入っているので、61秒ある事になっています。まあ世間では1秒得とか損とかという話になるのでしょうが、地球の自転速度(結構変動する)より原子時計の方が正確なので暦(自転速度)と原子時計を合わせているだけの話です。最初はずれるに任せていたらしいんだけどいろいろ不都合が出たとかで。

 過激派は「原子時計基準で何が悪い!」と言っているそうですけどね。

 …8時59分にうるう秒が入るのは世界標準時(UTC)=グリニッジ標準時の0時の直前に入れる(あるいは抜く)決まりになっているからで、それ以上の意味はありません。そう、今回は自転速度が遅くなったので1秒入れて合わせてますけど、自転速度が速まってずれた場合は1秒抜くうるう秒になる訳です。

 初めてうるう秒を入れることになった時にはNTTの流す時報システムなどが対応してなかったものだから、数時間以上前からこっそり時計を遅らせて(1分を60.005秒とかそんな感じ)9時になった瞬間に元に戻すとかアクロバティックな事をやって対応したそうですが、さすがにその後は最初からうるう秒を入れたり抜いたり出来る設計のシステムにしたのでボタン一つ(今ならクリック一つ?)で対応できるそうです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »