« 藤原秀一ではない | トップページ | 変更申請を出してみる »

1アマを取得する

…準1級とか自称しようか(w

 取得する、というかようやく取得しました、第1級アマチュア無線技士。何分実技(モールス通信)を大の苦手としているもので実技試験のあるうちにはついに受かれず、2011年12月の試験から実技がなくなったらすぐ受かるだろうと思っていたら学科に引っかかり…という紆余曲折がありまして。いや、学科も6割なら限りなくぶっつけに近い状態で取れるんですけど合格ラインは7割なもんですから、ちょちょっとミスして150点満点で2点足りないとかやっちまってたんです。で、2012年12月の試験でようやく150点満点×2科目の合格点を一度に得られて(1科目だけ合格点が取れていてもダメなのである)晴れて合格と相成りました。

 最近は免許証発行申請のネット申請こそ出来ませんが受験はネット申請できますし、発行申請書はネットでダウンロードした書式を印刷したものを使うことが認められています。昔は必須だった健康診断書がなくなったのは遥か昔ですが(現在の第4級アマチュア無線技士を取った時にはまだ必要でした)、今は生年月日を証明する書類として他の無線免許とか工事担任者の免許番号でも済むようになったので住民票すら必要でなくなりました。合格通知が年末ぎりぎりに届き、翌日郵便局で収入印紙を買ってその場で貼って投函して3週間(実働2週間ですね)で届くようになったんですから速くなったものです。

 …要するに、私が1アマを取る際の最大の障害というのが「取得の必要性が低くてモチベーションを維持できない」点だったのです。3アマを取った時にも書いたとおり、別にパワーを出したい訳ではないし4アマで出られないバンドに出たい訳でもなく、「これがあれば国内でアマチュアとして許可される事は全てでき、海外に行っても日本の免許でやらせてくれる事は全てできる」という低い頻度の必要性と、「資格の制限故に免許されないバンドがあるのがなんか面白くない」という有体に言えば見栄だけが支えでは根性が入らないんですよね。送信出力のパワーアップとか海外向け通信とかで必要に迫られれば(上級資格専用のバンドは海外向け通信に有利とされている)気合も入るのでしょうが、「どうやって電波を出す環境を整えるか」で悩んじゃっているレベルだと…。

 そんな訳で私が「1アマ合格体験記」とか書いても何の参考にもならないのでやりません。やりませんが、何回か試験を受けて「こいつらやる気あるのか」な受験者を見かけたのも事実。そもそも遅刻してくる(そりゃ30分以内なら救済される事になってますけど)だの、体調が悪くてうるさい(私もアレルギー持ちなので言いたくないけどゲホゲホいいながら試験受けに来るなとは言いたい)だの、「問題用紙にはA-24までしかないのに解答用紙にはA-25までマーク欄があるんですけど」って質問してた奴(マークシート試験に慣れてないのね…なんてやさしい事を言う私ではない)だの…。受験テクニックを磨くのも賛否両論ありますけど、受験の心構えくらいは磨いてください。

 ゑ、2アマは飛ばしました。法規はレベル差ないに等しいし、工学も言われている程のレベル差かというとどうかなーっていう程度で。ある程度長くやってれば1アマくらいは合格点取れなきゃいけないでしょ、本当は。で、2アマを取っちゃったら私のモチベーションを支えるものが「見栄」だけになっちゃうんで、退路をふさぐ意図も無くはないです。

|

« 藤原秀一ではない | トップページ | 変更申請を出してみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17212/56581208

この記事へのトラックバック一覧です: 1アマを取得する:

« 藤原秀一ではない | トップページ | 変更申請を出してみる »