« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

変更申請を出してみる

…いえ、もう変更済みの免許状が届いた訳ですが。

 先日取得した1アマ(第一級アマチュア無線技士)の資格を生かすべく、局免許の変更申請を出してみました。いやはや、電子申請は処理が早いわ。

 1アマの従事者免許証が届いたのが週末だったのでその週末に2アマ以上でないと免許されないバンドを使えるようにオンライン申請(電子申請Lite)でしたら、翌々日に問い合わせの電話が入り(役所は終わってる時間帯の筈なのに!)、その翌日夜に若干の修正を加えたら更に翌々日にあっさり変更が終わったって…。電子申請Liteのサイトには処理に3~4週間必要と書いてありまして、今回の私の場合設備に変更が加わる訳ではないので申請内容と資格のつじつまが合うかどうかチェックすればおしまい…レベルの話の筈だったとは言え、修正の必要が無ければ数日で変更手続きが完了してしまっていた訳です。おかげで新しい免許状を送ってもらう封筒を発送していなかったものだからさらに3営業(?)日ほど余計にかかってしまいました。それでも10日ほどで全ての手続きが完了してもう上級資格者専用バンドに電波を出せるんですから恐ろしく早くなったものです。何せ電子申請だと提出する時に事前チェックできるようになっていて、明らかにおかしなことをしてれば正式に提出する前に修正点が分かるようになっています。紙ベースの申請書であれば出してからチェックされて再提出となればそれだけで既に1週間はかかりますから…。

 ちなみに、問い合わせを受けた修正内容というのが住所の書き間違い…「この記載住所だと違う建物になるんですけど」って、ネット地図か何かで確認されているんでしょうね。仕事が丁寧です。私は恥ずかしいですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1アマを取得する

…準1級とか自称しようか(w

 取得する、というかようやく取得しました、第1級アマチュア無線技士。何分実技(モールス通信)を大の苦手としているもので実技試験のあるうちにはついに受かれず、2011年12月の試験から実技がなくなったらすぐ受かるだろうと思っていたら学科に引っかかり…という紆余曲折がありまして。いや、学科も6割なら限りなくぶっつけに近い状態で取れるんですけど合格ラインは7割なもんですから、ちょちょっとミスして150点満点で2点足りないとかやっちまってたんです。で、2012年12月の試験でようやく150点満点×2科目の合格点を一度に得られて(1科目だけ合格点が取れていてもダメなのである)晴れて合格と相成りました。

 最近は免許証発行申請のネット申請こそ出来ませんが受験はネット申請できますし、発行申請書はネットでダウンロードした書式を印刷したものを使うことが認められています。昔は必須だった健康診断書がなくなったのは遥か昔ですが(現在の第4級アマチュア無線技士を取った時にはまだ必要でした)、今は生年月日を証明する書類として他の無線免許とか工事担任者の免許番号でも済むようになったので住民票すら必要でなくなりました。合格通知が年末ぎりぎりに届き、翌日郵便局で収入印紙を買ってその場で貼って投函して3週間(実働2週間ですね)で届くようになったんですから速くなったものです。

 …要するに、私が1アマを取る際の最大の障害というのが「取得の必要性が低くてモチベーションを維持できない」点だったのです。3アマを取った時にも書いたとおり、別にパワーを出したい訳ではないし4アマで出られないバンドに出たい訳でもなく、「これがあれば国内でアマチュアとして許可される事は全てでき、海外に行っても日本の免許でやらせてくれる事は全てできる」という低い頻度の必要性と、「資格の制限故に免許されないバンドがあるのがなんか面白くない」という有体に言えば見栄だけが支えでは根性が入らないんですよね。送信出力のパワーアップとか海外向け通信とかで必要に迫られれば(上級資格専用のバンドは海外向け通信に有利とされている)気合も入るのでしょうが、「どうやって電波を出す環境を整えるか」で悩んじゃっているレベルだと…。

 そんな訳で私が「1アマ合格体験記」とか書いても何の参考にもならないのでやりません。やりませんが、何回か試験を受けて「こいつらやる気あるのか」な受験者を見かけたのも事実。そもそも遅刻してくる(そりゃ30分以内なら救済される事になってますけど)だの、体調が悪くてうるさい(私もアレルギー持ちなので言いたくないけどゲホゲホいいながら試験受けに来るなとは言いたい)だの、「問題用紙にはA-24までしかないのに解答用紙にはA-25までマーク欄があるんですけど」って質問してた奴(マークシート試験に慣れてないのね…なんてやさしい事を言う私ではない)だの…。受験テクニックを磨くのも賛否両論ありますけど、受験の心構えくらいは磨いてください。

 ゑ、2アマは飛ばしました。法規はレベル差ないに等しいし、工学も言われている程のレベル差かというとどうかなーっていう程度で。ある程度長くやってれば1アマくらいは合格点取れなきゃいけないでしょ、本当は。で、2アマを取っちゃったら私のモチベーションを支えるものが「見栄」だけになっちゃうんで、退路をふさぐ意図も無くはないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藤原秀一ではない

…「あけましておめでとうございます」、だろ。

[平成二十五年の年賀状画像] 分かる人以外には意味不明なタイトルですが、まああまり気にしないでください。とりあえず実在の人物ではないです(厳密に言えば実在の人物をモデルにした架空の人物…の筈)。…いや、頭に載せていないから、ではなく。…アオダイショウではないから、でもなく。

 昨年撮った金環日食とか金星の太陽面通過の画像を期待されているんではないかなーとも思いましたが巳年に関係ないので(辰年ならジャストミートなんですが)、ヘビを全面に押し出すべく某動物園の触れ合いイベントで触らせてくれるどころか首に巻いてもいい(多分頭に載せてもいい)ヘビさんがいたので協力してもらいました。ええ、多分一部どころか年賀状として送った多数の人に不評を買うと思われるのは承知の上です。ちなみにヘビさんはぬるぬるしている訳ではないですし冷たいどころか結構温かかったです。結構寒い日だったんですけどね。

 へび座はやったことないんだけど、12年前へびつかい座はやってるんだよね、残念ながら。…って事で今回はここ数年ちょこちょこやっている動物趣味の方をネタにしてみました、とさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »