« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

パトレイバー実写化を考えてみる

…今更ぁ?

 先日から公式サイトが出てきたって事は本当にやるんだろうなぁとかいったレベルの関心ではありますが、その昔それなりにはまって観てたのも事実なので(劇場版2作は初日に観に行った)ちょっと。

 正直なところ、冒頭の「今更?」って気はするのですよね。元々がアニメ・まんがで展開していた時期の10年後って事で1990年代後半~2000年代前半に双腕の二足歩行する重機がわんさか動いている作品世界だったので、2013年の今ってほぼ四半世紀遅れで現実が追いついてきた感じがしている訳です。もう8年ほど前ですがLANDWALKER(榊原機械)がすり足に近い乗用二足歩行ロボットを世に出し、最近では日立建機が双腕型油圧ショベルASTACOがシリーズ化していたりKURATAS(水道橋重工)なんて二足歩行ではないけど明らかに乗用ロボットな機械が出てきている訳です。この調子で行くと10年後くらいには双腕二足歩行の重機がごろごろしている世界になっていても不思議ではない雰囲気が漂ってきている今、全身CGでコクピット付近だけモックアップのレイバー映像を見せられて果たしてリアリティが出るのか。私が実物大ガンダムとかKURATASを作った人が以前作った実物大鉄製ボトムズとかにほとんど興味を示さなかった理由が「動かない、乗れない乗り物に興味が無い」なのに、今なら(10年後には)本当に動くレイバーが作れるんじゃないかという雰囲気の中でCGで作ったロボットに食指が動こう筈がありません。実質マリオネット状態でも実物大で動かせるレイバーを作って撮影するんなら、観に行きます。見分けがつくかどうかの問題ではなく、実写でやるからには実物作ってやろうと考えるかどうかという心意気の問題。…CGで済ませるんなら実写なんて言わずアニメでいい訳で。

 友人が心配?しているであろう出演者の問題はうっかり泉野明とか出したら終~了~、となるであろう事は私にも容易に予測がつきますので、WXIII方式でばっさり解決。パトレイバーであってパトレイバーでなく、しかし紛れもなくパトレイバー…ってキャラクターを確立する気があるかどうかにかかってくるでしょう。

 レイバーの出てくる必然性については、「来るべき地球温暖化による海面上昇に備えて東京湾を堤防で閉め切って埋め立て(バビロンプロジェクト)」ではなく、「来るべき巨大津波に備えて東京湾岸に巨大堤防を築く(グレートウォールプロジェクト)」ってやればものすごくリアリティが出ちゃいますね。東京湾って案外深いんで丸ごと埋め立てるにはちょっとどうかと思いますし。

 「機動警察パトレイバー」という作品はなさそうでありそうなぎりぎりの境界を描いていたから良かったのであって、そこんところをうまく映像にできないと間違いなく駄作になること請け合いです。私はそう予測します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々に工作してみる

…相変わらず工作ってレベルじゃ。

 敢えてこの日に何の関係もないネタを振るのもどうかという気はしなくもないのですが、みんなが同じネタってのもどうかという気が勝りました。という事で工作ネタ。

 無線の免許関係書類というか、免許証(人間の免許)と免許状(設備の免許)を入れておくケースには免許を取った頃から苦労していまして、電話級アマチュア無線技士(現第4級アマチュア無線技士)免許証を取得した時に親が「どうせ開局するんだから」と免許証と免許状が一緒に入るちょっといいケースを買ってくれたのですが1年ほどのタイムラグの間に免許状の規格が入らないサイズに変わって使えなくなるという想定外の事態に…というところから始まって、両方入るけど安っぽいというか実用一点張り的軟質塩ビ素材のケース(A4とかB5のよくあるカードケースの無線専用サイズ)を10年くらい、その後更に免許状のサイズが変わったのを機に最初に買ってもらったのと似た構造のしっかりしたものを十数年使ってたんですが少々重いのと免許証の数が増えてきて扱いづらくなってきたのでいろいろ探していました。しかし既製品に気に入るものが無いので困っていた訳です。

[免許入れ(外観)][免許入れ(内側)] 今まで使っていたケースの主な不満点は重い事でしたが、だからと言って軽くても免許証や免許状が汚れたり折れ曲がるのは嫌ですし、できれば多少の水気には耐えられる作り…って言ったらある訳ないんですよね。そういうニーズは無くは無いんでしょうが、免許証と免許状を一緒にして持ち歩く必然性がある人は意外と少なかったりして。そんな訳で困った時の100円ショップ漁りを繰り返すこと数回、ようやくひらめきを得て個人的に気に入るものを作れました。

[免許入れの材料] 素材はノート用カバー(A5サイズ・ポケット付き)にまな板シート(黒)に健康保険証ケース、いずれも100円ショップで買ったので総額\315です。しかも工作といってもまな板シートをA5サイズに切るとか保険証ケースの表紙部分を切り取る(使うのは内側のカードケース部分)という、どう考えても工作という程の作業ではないレベルの話です。まな板シートはA4かA5サイズの下敷きがあればもっと楽だったんですけどちょうどいいのが見つからなかったので厚さ1mmくらいのポリプロピレン製の板として使っただけですし、保険証ケースは普通のカードケースだと複数ある免許証のサイズにうまく適応できなかったので最小限の加工で対応できそうなものを探したらこれだったってだけで。軽さを維持しつつ曲がりに対する強度を確保するためにプラスチックの板を入れただけですので、絵心のある人なら厚紙でやってもいいんじゃないかと思います(耐久性に難があるかもしれませんが)。

 しかし、いい材料だと使わせてもらって言うのもなんですが、ノートにカバーなんてかけるんですかね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »