« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

方言チャートを試してみる

…たまには流行りものもいいか?

 という事で、最近流行っているらしい方言チャートなるものを試してみました。女子大生が開発した、ってのがある意味売りのようにも見えますが、要するに女子大の社会言語学のゼミ学生が開発した訳ですね。

 で、やってみたら私は広島県出身と判定されました。

>■ここでいう出身地とは、3~4歳から13~14歳の言語形成期と呼ばれる時期に生活していた地域を指します。したがって、その時期に複数の土地で生活経験のある場合は出身地の特定が困難になる場合があります。

 …という注意事項に思いっきりかぶるのでどうかと思っていたのですが、意外と精度があるのかなんなのか。両親が山口出身だけど他府県での居住歴もあるのでびみょーに山口弁でないというかいかにもな山口弁感はない話し方なので広島と判定されたかな、というところでしょうか。自慢にも何にもなりませんが私は8都府県での居住歴があるし(この歳になると自分が住んでなくても他地域の出身者の生方言聞く機会も増えるしね)、大阪が本社の会社に勤めているので共通語と言ったら大阪弁(さすがに河内弁とか泉州弁とか言い出すにはあちこちから集まっているのでばらつく)だし、「その言い方は知らない」という選択肢は多くなかったです。多くないってだけでありましたけどね、聞いた事ないの。

 …どうせならネイティブ度も算出してみてはどうだろうか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

形から入る天文ファン入門番外編2

…完全に「それはまずいだろう」シリーズじゃないかという気が。

 先日の番外編(1)に書いたように「流れ星を見るのに天体望遠鏡はほぼ無力!」なんですが、昨日入っていた某ホームセンターのチラシ(前回と同じところ)は相変わらずペルセウス座流星群を観察しよう!と言いながら天体望遠鏡組立キットをお勧めしている訳なんですね。しかも今回はLEDランタンとか一緒にくくったコーナーに載せてるよ…。

 ランタンなんか焚いたら流れ星見えなくなりますって、まぶしくて。

 シュラフも一緒に載せてますが、いわゆるサマーベッドとか表面がアルミコーティングされてるウレタンマットの方がいいんじゃないかなー、という気も。こういう使い方でシュラフにするなら封筒型のを開いて掛け布団状にするのをお勧めします。どっちにしてもウレタンマットは要るかな。

 ランタン使うなら減光対策をしっかりする必要がありますが、無段階調光とか出来るような製品って多分ないよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »