« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

MNPしてみる

…初めてじゃないけど。

 ええ、12年半ほど使っていたauから移転しました。先日まで使っていた携帯の防水キャップが閉まらなくなってしばらく経ってたんですが挙動が怪しくなってきて「壊れてしまってから変える訳にもいかん」って事で。

 既にあちこちで取り上げられているようにMNPへの異常な優遇と既存客への異常な冷遇にブチ切れまして、「だったら裏技なしで安いところに変えてやる!」って事でガラケーというかフィーチャーホン時代より安い月額料金、かつ端末代無料―実質無料、ではなく本当に無料―になるスマホに変えてしまいました。フィーチャーホン時代ですら無料(ないし1円)端末なんて買った事ないのにスマホが無料ってのも変な話ですが、端末が防水であることはどうしても譲れなかったのでその辺重視して探したら不人気端末の処分ぽかったですけど発売後半年以上も経過していてたら当初の不具合はアップデートなどで改善しているようでしたし国内メーカー機らしくストラップホールも付いてて―これ重要―バッサリ決めてしまいました。MNP移転のおかげでオプションサービス付けないと割引が適用されないとかほぼ無しなのは大変良いところです。私の買った機種の場合新規や機種変更でも安く買うことはできるらしいですが、定額通話付けないといけないとかあるらしいので…私みたいに基本通話しない人にはあまりおいしくない(しかも定額通話ってのがあの悪評バリバリのアレだしな)。

 ネットでの評判通り電池は食いますが、フィーチャーホン時代とほぼ同じ程度の使い方ならそれほど困らない程度には持ちます。ネット閲覧すると数分で1%ずつ減りますしGPSをONにするとこれまた同じようなペースで減るみたいですけど…。画面が大きくなったので見やすくなったのはメリットですが、電話するのに困るのは電話としてどうなんだか。

 まだまだ落ち着いて設定をいじってないのでいろいろ改善の余地がありますが、巷で言われている通りスマホって電話ではなく「通話機能付き小型PC」ってのは本当だなというのが正直なところです。

 auに大きな不満はなかった、と言いたいところですが、無料通話と称して実態としてはほとんど通話してなくても割高な基本料払わせて繰り越しにも限度があり、docomoあたりと違ってパケット料とは別枠…なんてのはまあいいとして、MNP申し込んだら「電話してきてくれ」とメールしてきたので電話したら「どのようなご用件でしょうか」ときたもんだ―おおかた取り敢えずどの客にもメールして単価の高い客だったら引き留め工作(ポイント付けるから、とかやるそうな)するんでしょう―。だったら平均支払額を見てメールしてくりゃいいでしょうに。性懲りもなく「アンケートに」ご協力を」というメールも送ってきたのでいろいろ嫌味も書かせていただきましたらクレーム処理担当者と思われるお姉さん(?)が留守電にメッセージ残していましたけど。どの会社もMNP優遇長期利用者冷遇の姿勢はほぼ一緒なのでauだけ責めるのは酷かもしれませんが、このメールしてきて「何のご用でしょうか」とかやってくれるところはダメダメ過ぎますね。エリアでdocomoに勝ててる訳でもないので―LTEエリアは一番って言ってるけど3Gでも繋がらんとかあるんじゃ評価できないですわ―この辺の対応が雑とかは致命的です。変えた会社は変えた会社で「高速の走行中は繋がらないがトンネルに入るとバリバリ繋がる」とかけったいなエリア整備してますけど。

 メールアドレス変更に起因する面倒さを考えるとMNPを活用して現金ゲットといった話に乗っかる気は起きませんが、さすがにMNPならタダ同然で新しい端末が入手できるのに6年半も同じ機種使った客にはみみっちい割引しか提示できない商売ってどうかと思いますよ。

 ちなみに、中途半端な時期にMNPした為に発生した解約料は、ポイントを使って少し取り戻す形をとりました。交渉でキャッシュバックを勝ち取るとかしてないので、正に裏技は一切なしです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »