« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

いろいろ反応が違う

…個人的にはアカンと思う。

 サッポロビールが「-0℃(マイナスレイド)」なる新ジャンル―いわゆる第3のビール―の新製品を出したようで。

 嫁:「ひ、冷やさなくてもいいの?」(何もしなくても冷える製品かと認識したらしい)

 私:「ゼロにプラスもマイナスもあるか!」

 メーカーのサイトによると0℃~-1℃で熟成したから-0℃、らしいんですが、個人的には認められない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白紙撤回でも甘いかもしんない

…欠陥構造。

 新国立競技場、2500億円だかの案だとサブトラックがないので国際格式どころか全日本格式の陸上大会も開けないらしいですね。相場の数倍払って使い物にならない施設作ってどうすんの。

 …いや、ヨシローが今後50年分くらいの維持費も含めて丸ごと、たった2500億だかポケットマネーで払う分には文句を言う人はいないんじゃないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひん曲がってみる

…なんかタイトルが変。

[ゼムクリップ] 仕事用に使っているゼムクリップ、別に高級品でなくていいので100円ショップで買ってきてます。しかし最近買ってきた奴、使えないのが5個入ってました。命にかかわる訳でも何でもないので騒ぎ立てるつもりは全くないのですが、100円(税抜)で200個入りって事になっているので1個0.5円。ちょっと曲がり具合がおかしい画像左端のレベルは100個に1個弱くらい見かけるような気がします―これでもそのまま書類を挟むと破れたりするのでそのまま使ったりはしない―。が、左端以外の4個は修正する気も起らないほどよく曲がっちゃってまあ…。この辺のレベルになると1000個に1個も見かけないような気がするのですが、今回は1箱200個にこれだけ全部入ってました。ある意味すごい。

 100円ショップで買ってくるのと名の通ったブランド品だと針金の端の部分の処理に差が出やすくて、100円ショップのは薄い紙を挟もうとすると引っかかる事が発生しやすいのだけど、それでも手を切りそうになるようなことはまずない…ので、これで十分な用途にはこれでいいじゃんって使ってます。これでまずいと思われる用途の場合はそれなりの奴を使えばいい訳で。しかし今回のはある意味感動してしまった…。

 なんか他に書くことはなかったのかって?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

G3本格デビュー

…七夕ネタじゃないんかい。

 本日11時の観測からひまわり8号が担当するそうです。ひまわり(実は正式には1号とは呼ばない)~ひまわり5号までが第1世代、ひまわり6・7号が第2世代とすると、静止気象衛星初のカラー画像観測能力を持つひまわり8号はまさに第3世代(Generation3)と呼べるでしょう。英語名だとGMS(Geostationary Meteorogical Satelliteの略)~GMS-5、MTSAT(Multi-functional Transport Satellite)-1R・MTSAT-2ときてHimawari-8。そう言えばはやぶさ2もHayabusa-2だわね(俗に言う1号はMUSES-C)。

 GMS-5ではちょっとやらかしてますが、さて8号はどうするかね。

 タイトルだけ見ると仮面ライダーのようにも見える…。昔のMacを思い出した人もいるかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

電子雑誌を始めてみる

…作る方じゃないよ。

 1年ほど前に紙雑誌を整理した話を書きましたが、根本的な解決策ではないんですね。現実にはそうそう見返したりしないとは言え、忘れた頃に「あれどこだっけ」が発生するという…。紙雑誌のメリットが捨てられないというよりは電子雑誌のデメリットがなかなか解決しないだけに本棚問題が深刻化していたのですが、ほぼ毎月買っている雑誌が1誌電子化されるという事で挑戦してみました。

 天文雑誌で生き残っている1誌である「月刊天文ガイド」が電子版を出すという事で、2015年7月号(6月発売分)から買ってみました。サービスは紙雑誌の定期購読も扱うFujisan.co.jpが提供しています。いろいろ不満もありますが、思ったよりは悪くないのでもう1か月月払いで買ってみて年払い定期購読にするかどうかを判断しようと思っています。年払いにするとちょっと安いので…。

 便利なところは1回支払すればWindowsPCからでもAndroidのスマホからでも読める事(私は使ってないがiOSデバイスにも対応)。私のスマホ(Android4.2…くらいの奴)だと画面サイズが4.7インチとかなので拡大・縮小を多用する必要がありますが、レスポンスは悪くないので想像していたよりは快適に読めます。Androidだと一度読み込めばオフライン状態でも読めるので都度通信が発生するようなこともありません。定期購読なので発売日には自動的に読めるようになった旨メールも来ますし、Androidのアプリを起動するとリストに自動的に載せてある状態になっています。定期購読ですから当たり前と言えば当たり前ですが、買い逃しの心配はありません。もちろん本棚を圧迫することもありません。

 不満もあります。WindowsのPCで読もうとするとFlashアプリケーションであるせいかレスポンスも安定性もイマイチ。おまけにオンライン環境でないと読めません。PCのディスプレイ解像度が高くないせいもあって画面サイズ自体はスマホよりはるかに大きいのに拡大を使わないと読みにくいのに一度拡大をかけると拡大率を最大まで持って行かないと元の大きさに戻せないという操作性の悪さ。Flashアプリケーションだからタッチパネル対応ディスプレイを使っても左クリック相当の操作しか受け付けない(=拡大縮小が手間)。いえ、PCの画面を縦位置にできればかなり改善できるのですが自動切り替えはもちろんPCが対応してないので無理なのは分かるとして、手動切り替えにも対応していない。センサーが付いてて対応できるであろうWindowsタブレットでも横位置で2ページ並列表示で読むしかなさそうです。…一瞬これのためにどっかのAndroidベースの電子書籍リーダーをを買っちゃおうかと思ったくらい、Windows環境はぱっとしません。予算がないので当面はやりませんが、お金があればちょっと買っちゃうかも。あと、紙雑誌のフォーマットをほぼそのまま読めるというのは拡大縮小の問題を引きずるのでデメリットと言えなくもないです。紙用の誌面と電子版の誌面を別々に作れるほどのコストはかけられない、という事でしょうが。

 定期購読には紙雑誌+電子雑誌というコースもありまして、紙雑誌13か月分くらいの費用で12か月分の紙雑誌が送られてくる上電子雑誌も読めるというお得と言えばお得な制度なのですが、Android環境くらいの読みやすさがあれば紙は特に欲しい付録が付く時以外はいらないかなと思っています。年2回付録のために紙雑誌を買うと実はその方が高くつきますが、収容スペースと捨てる(または中古書店に売る)コストを考えるとどっこいどっこいかな…。(どの雑誌も同じコースが設定されているとは限りません、念のため。)

 後発誌の「星ナビ」の方が先に電子版を出すと予想していただけに意外といえば意外なのですが、同じ出版社が出している「子供の科学」なんかもっと早くから電子版を出していたのでノウハウがあったんでしょうね…。しかし私が電子版に期待しているのはより厚みがあって本棚を圧迫する「CQ Ham Radio」なんだよな…。こっちだったら現在ほぼ毎号別冊付録が付くので紙+電子版でもいいかもしれないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この1分は60秒じゃない

…3年前にも似たようなタイトルでやってるよ

 3年ぶりと聞いて確か前にも書いたよなぁと自分のログを見たらやっぱりやってるんでやんの。で、その前は対応した記憶がないなあと思ったら正月に入った時で(当時予約投稿できなかった?)、更にその前も正月だったので無視…でした。

 ちなみに日本時間だと1月1日または7月1日の8:59に入るのは世界標準時(UTC、グリニッジ標準時とまあ一緒)の0:00の直前に入れる決まりとしているからで、足りなければ4月1日とか10月1日、更に足りなければ毎月月初に入れることができる制度にはなっているようです。実施例はないけど1秒抜くうるう秒って仕組みも作ってあるそうで。

 実はその瞬間を見た事って、無いんですよね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »