« どこら辺がお互いか | トップページ | たまには話題に乗っかってみる »

私だけじゃなかった

…解決策もあった。

 昔「消せるのと消せないのが一緒になったボールペンが欲しい」旨書いたんですが、先日使っていた消せるボールペンのインクのストックを使いきったのでふと検索してみたら…あったんです。

 製造元(PILOT)が出さないなら「他所のをいれればいいじゃん」ってアダプターが!

 他社の軸にFrixionの替え芯を入れるための物もありますが、私はFrixionの3色タイプの軸に他社の替え芯を入れるアダプターを購入しました。消すためのゴムが別になっては意味がありませんから。そのままだと黒・赤・青のFrixion芯が入っていますので使用しない青を抜き、そこにアダプターをつけた他社製油性ボールペンの替え芯を差し込んで完了。Frixionは当然元通り使えますし、青を出す操作で油性(消えない)黒が出てくるだけなのでとても便利です。消しゴムが減らない(減りをほぼ無視できる)というのもメリットですが、消しカスが出ないのはしばらく使っていてさらに大きなメリットと感じています。もっと言うと、鉛筆(シャープペンシル)だとこすれて薄くなって実は保存性に難があったのが解消(ただし熱とか水を避けるのが前提)。

 強いて難点を挙げると、Frixionが極細の0.38mmになっちゃってやや引っかかりが増えたかな…という点。

 PILOTは選択式の製品(Coleto)を既に持っている訳なので、そこにFrixionの芯をラインナップに加えればいいと思うんですが、何故しないんでしょう…。油性もないけど。

|

« どこら辺がお互いか | トップページ | たまには話題に乗っかってみる »

コメント

こんばんは、「コレト」ユーザの涼です。
ホルダーがもうちょっと格好いいといいのですけど……。
と、関係ないコメントで失礼しました。

投稿: | 2016/05/30 23:56

こんばんは。

 Coletoは私も1本使っています(黒・赤のボールペン+シャープペンシル+消しゴム)。ただ、シャープペンシルの芯が回ってしまうらしくすぐに太い字になってしまうのが難点…と思っています。

 筆圧を低くできるように2Bの芯を使っているのが問題なのかもしれませんが。

投稿: Mn | 2016/05/31 23:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17212/63702736

この記事へのトラックバック一覧です: 私だけじゃなかった:

« どこら辺がお互いか | トップページ | たまには話題に乗っかってみる »