« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

惜しかったと嘆いてみる

…悔いが残るなぁ。

 チケットを取れなかったので6戦ともTV観戦だった我が家ですが、1、2戦目の勢いはどこ行っちゃったんだって感じで2勝の後4連敗で終了でした。うーむ。

 個人的には第3戦、大谷敬遠後中田勝負に行ったのが尾を引いたように見えます。せっかく第1戦で眠りにつかせた中田を起こしちゃったおかげでファイターズの打線がつながっちゃってフォアボール出す→球数増える→甘くなったところを連打…って悪循環に陥った感じでしょうか。あの場面、大谷に大きいのを打たれてもまだ同点で済んだ訳で、不動の4番に一打逆転のチャンスに打順を回すというのはちょっとなぁ。カープ首脳陣が極度の大谷恐怖症に陥って、むしろ大谷だけ調子いい状態にして6~7戦目にもつれ込んだ頃には打撃も鈍るし投手起用にも制約が増えているという状態に持って行ければ勝ち目があったかなと思っています。あと、中島のファール打ちを放置したのは失敗かな、と(徹底的に敬遠してでも1打席5球以内で次に回すべきだったかと)。

 逆にタナキクマルは研究されて分断された感がアリアリだし―菊池はシーズン終盤の負傷で本来の力が出てなかったと見ますが―、4番以降の組み方が4戦目以降は裏目に出まくった感もあります。ジョンソンを中4日で起用したのも、結果的には裏目に出ましたしね。”勝利の方程式”のうち2人を6連投させながら1球も投げてないピッチャーが残っているってどうなんかと思うのですが、うち1人はロングリリーフ対応で残すとしてもどっちかは先発起用しても良かったんじゃないかと思うのです。義父の「去年大瀬良を使い過ぎた教訓が反映されてない」ってのが当たっているのでしょうね。

 総じて選手はよくやったと思うのですが、首脳陣がなんか大谷恐怖症で采配を狂わせた感がなぁ…と釈然としない気分です。

 しかし田中広輔選手には言いたい。「初球に手を出して簡単に打ち上げちゃうのは何とかしてくれぇ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CSはひどかった

…日本シリーズはいいなぁ。

[セ・リーグ優勝記念バージョンのビール] いや、何がひどいってCSファイナル、パ・リーグは地上波とBSで全試合中継があったのにセ・リーグは…仕方ないのでラジオで中継を聴きましたけど。TV画面はファイターズ対ホークスで音声はカープ対ベイスターズって感じで。

 日本シリーズはちゃんと中継が映りそうなので一安心です。というか、早速飲みながら観てた訳ですが―2本写してますが昨夜飲んだのは1本だけ―、勝ち試合を見ながらのビールは格別であります。残念ながらチケットを取れなかったので自宅観戦ですが、まあいいでしょう。別のところで運を使ってしまったという話もありますが。

 4連勝で一気に持って行って欲しいような気もしますが地元で決めて欲しいような気もする…という悩みも25年ぶり、ですかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車載オーディオをいじってみる

…大した話じゃありませんが。

 車を買い替えた時からする気はあったというか買う時に一緒に付けてもらえば良かった訳ですが、音楽をUSBメモリから聴けるようにしてみました。元々ナビのオーディオ機能にUSBメモリに入った音楽データを再生する機能はあったのですがUSBメモリを接続するケーブルはオプションで、買う時に付けてもらわなかったのですね。で、CDから聴こうとすると入れ替えの度に画面の開閉が発生するのでいつか壊れるんじゃないかとか運転中に自分でするのが困難だとか助手席の妻が操作するとなんかまどろこっしい―Ejectボタンを長押しすればワンタッチでできるんですがそれに気づかないし憶えない―し、CDの傷で再生不良だとかそもそもCDを持ってくるのを忘れていたりとかいろいろあったのを何とかしようという意図です。

 昨今は取付マニュアルもネットで参照できるので調べてみたら、ナビを一旦外すのにドライバー一本でOKなんですね―うちの場合盗難防止用特殊ねじもあるので実際にはソケットドライバーが必要―。表面のパネルに至っては工具自体が不要―素手で引き抜くだけ―とまあ、個人的にはとても簡単。実際にやってみるとハザードランプスイッチの配線を外す際にコネクタが固くて細いドライバーを併用しないときつかったりしましたが、手順としてはパネルを外す→ナビを外す→ナビにUSBケーブルを付ける→USBケーブルを適切な位置に引き出す→ナビを元に戻す→パネルを元に戻す、で所要時間30分弱といったところでしょうか。ちなみに、この作業をするのは初めてです、私。

 ナビ用のUSBケーブルもコネクタを差し込むだけで簡単なのですが、今時のPCのごとくコネクタ毎に色が変えてありまして、同じ色のコネクタを見つけて向きが合っているのを確認して差し込むだけです。ちょー簡単。大体逆には差し込めませんし。どうせ一度外すならと別のケーブルも1本付けましたが、もちろんこれもコネクタの色が変えてあるので確認して差し込むだけ。楽なもんです。

 後はUSBメモリにPCで取り込んだ音楽ファイルをCD2枚分ほど入れて再生テスト。当たり前と言えば当たり前ですが、何の問題もなく再生できました。しかもWindowsに標準で付いてくるMediaPlayerの初期設定で必要十分な音質で―細かい人は別途ソフトを用意してこだわりの設定をするのでしょうが―聴けるファイルが出来る上、アルバムや曲のタイトルまで自動的に付けてくれるんだからありがたいものです。ただ、アルバム(フォルダ)名や曲(ファイル)名に使われる文字が全角半角混在だったり英字とカナ表記が混在だったりいろいろ見苦しいのは考え物ですが…。ひどいのになると「Night Stalker」が「ナイト・ストライカー」(明らかに違うだろ)になっていたりライブのセットリストを見ながら入力したのか未収録曲のところから曲名がずれているとかもあるので、全面的に信用できる訳ではないという事は押さえておく必要があります。CD自体に曲名データがあればいい訳ですが古いCDだとそんなの絶対入ってないし。

 USBメモリは超小型タイプを新調したので邪魔にならなくていいのですが、小さ過ぎてストラップでも付けないと紛失しそうとか、キャップの紛失対策が皆無ってのは再検討すべきだったかも。でもナビに付けて使う分には関係ないですがUSB3.0対応なのでPCからデータ転送したりするには反応が速くていいです。滅多にする必要はないのですが。

 どさくさに紛れて私の笠原弘子さん絡みのコレクション?約650曲―正確にはトラック数ですが―も取り込んでしまいました。これでもシングル絡みとか1曲3000円の世界―サントラなどに1曲だけ入っているヴォーカル曲とかをこう呼ぶ―とかは手間がかかり過ぎて放置です。何とかしたいが取り込んだ分のCDの枚数の倍以上ある筈なんだよなー…。

※CDは実時間の1/10くらいで取り込めるからいいけど、アナログの映像ものは実時間が必要なのでかなり真剣に悩まざるを得ない…。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »