« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

記者は気楽な商売か

…自分じゃなくても誰かいるだろうに。

 最近スーパーカブが新型になったという事で、関連記事がいろいろ書かれていますが…。T洋K済オンラインの記事はレベルがかなり低かった。

 当時のバイクは左レバーでクラッチ操作、右レバーでアクセル操作をする必要があった。カブシリーズは左足でペダルを踏む新方式のクラッチを採用。その使い勝手や高い耐久性が支持され、バイクに乗って働く人々の間でたちまち人気となった。スカート姿でも乗り降りしやすいデザインにしたことで女性たちの心もつかんだ。

 いや、アクセルは右グリップですから。断じて右レバーではない(右レバーは前輪ブレーキ)。「左足で踏むクラッチ」というのもトンチンカンで、「クラッチ操作は自動で行われる」くらいの方が数段マシ。もう少し正確には「アクセルを戻しながら左足で踏む変速ペダルを操作すると自動でクラッチが切れる」くらい。

 その他の記述は、まあマシかなというレベルではあるのだが。しかし、

ホンダでは今年8月、人気車種の「リトルカブ」や「モンキー」が惜しまれつつ生産を終了した。厳しくなった排ガス規制に対応しようとすると、排ガス浄化装置を新たにつける必要があり、価格を維持できなくなるからだ。環境規制により、趣味性の高い50ccバイクがラインナップから姿を消すという寂しい状況となっている。

 という記述もどうなんか…カブ50は今回数万円上げて浄化装置を付ける訳で。大体この記者、今夏に発売された最終型記念バージョンのモンキー限定500台が40万円ほどしたにも関わらず即完売(抽選制)したとか知らずに書いてない?私も標準カタログモデルで40万円の原付が売れるとは考えないが、生産終了する前の30万円弱してた普通のモンキーが数万円高くなっても40万円はしない訳で、40万円以上の限定版がさっと完売した事との整合が取れる記事にはなっていないだろう。経済誌の記事でそういうとこ書いてなかったら存在価値を疑われそうなものだがどうなんでしょう。どうも知らない人が当人的には頑張ったつもりっぽいがろくに調べずに書いた感が拭えないのである。いいなあ、この程度でお金もらえるんだ。

[T洋K済オンラインキャプチャ画面]

 ちなみに、誰かから指摘されたのかT洋K済オンライン本体のページは以下のように修正されていました。でも提携ニュースサイトの記述までは修正してないようですが。

通常、バイクは変速時に左レバーでクラッチ、左ペダルでギアチェンジと複雑な操作を行う必要がある。カブシリーズでは、新方式の自動遠心クラッチを採用したことで、クラッチ操作を省き、左ペダルのみでの変速を可能とした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »