« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

自動車のガソリン給油口は、なぜ左右バラバラなのか?

…自己啓発っぽい本ってこんなもん?

 タイトルは「最大のメリットご存じ?」って続くんですが、その回答がこちら。

 ガソリンスタンドでは車の給油口があるほうに車を誘導してくれますね。もしすべての車が左側に給油口がある仕組みだったら、スタンドの右側のレーンばかりに車が並んでしまって、順番待ちの列が長くなってしまいます。給油口のある側が左右半々であればスタンドの左右のレーンが使えますからそれだけたくさんの車に同時に給油できますね。

 今時スタッフが誘導してくれるガソリンスタンドは少数派だし…って話はともかく、この事例の論理は破たんしてますがな。

 もし全ての車の給油口が左側にあるなら、ガソリンスタンドも全ての車の給油口が左側にある前提で設計される筈です。給油口が左右どちらの車が来るか分からないから給油機の両面に給油ホースが出るように作っているのであって、どちらかにしかない前提なら両方に対応する必要がそもそもないのだから片側に最適化する筈ですね。あと、ホンダがほぼ左で日産がほぼ右、トヨタは車種によってまちまち…ってのは確かなんですが、実際にはトヨタの主力乗用車はほぼ左にある為に繁忙期にはだいたい左給油口側のレーンが右給油口レーンの倍くらい待たされるんですね。多分トヨタに聞いて左右まちまちという回答を得たのでしょうが、「どの車種がどっちに付いていて販売台数がどのくらいだから実質比率はこのくらいだよね」って調べてないだろうから、実態としてメリットになってない事に気付いていない。

 ついでに言うと、4代目のクラウン(1970年代前半頃の通称”クジラクラウン”)みたいに車体後側のど真ん中(ナンバープレートの真上付近)に給油口を設けている例もあり、右とか左だけで語ろうとすると微妙に恥をかく例もあるので要注意…な気もします。給油口ではなく充電端子だけど日産リーフのように車体前端の中央ってのもあるしね。4代目クラウンも日産リーフも恐らく給油機または充電器との位置が左右どちらでもいいようにという意図で真ん中に設けたのでありましょう。

 S木T博「戦略思考トレーニング」、あんまり役に立ちそうな気がしてこない…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダジャレじゃないよね

…ありそうな気はする。

 先日(って半月以上前)大河ドラマ「おんな城主直虎」見ながら思ったことがあります。後の井伊直政(演:菅田将暉)が徳川家康の小姓になった時の話。小姓小姓と連呼する―偏見―ものだから。

 ソフトバンクのPepperって、「胡椒」と「小姓」を掛けてるんじゃ?!デジタル時代のメカ小姓。

 公式ページ等にはもちろん、そんな事は一つも書いてないですけどね。日本でのコードネームが「タロウ」だったが国際的に受け入れられるようにPepperにしたとかって、アレ。でも国際的云々とコショウに何の関連もないんだわ。ソフトバンクの社長とか開発責任者が佐藤だったら、あるいはSugarだったかもしれんけど。

 うん、実にどうでもいい話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天然記念物と国宝のはしご

…贅沢。

 って事で、特別天然記念物と国宝のはしごを敢行いたしました。前から行く気だった京都国立博物館で開催中の国宝展に合わせて京都の何かを見てこようと思っていたところ、京都市動物園でツシマヤマネコの赤ちゃんを公開するという事でこれに決定。国宝展は激混みって事で夕方遅めに行けば少しはマシなんじゃないかと考えて、ゆっくり目に京都に入り動物園を見てから博物館に…という事にしました。

[ツシマヤマネコの赤ちゃん]ツシマヤマネコの赤ちゃん…と言っても生後半年近く経ってるので赤ちゃん感は薄めか。遠目で見たらキジトラのイエネコに見えますが、耳が丸めだったりしてちょいとイエネコとは雰囲気が違います。

[クロヒョウ]こちらはクロヒョウ。天気が良かったおかげで「黒地に黒のヒョウ柄」なのがよく分かります(顔とかちゃんと写したショットもあるんだけどこのヒョウ柄を出したかったのね)。

[ブラジルバクの親子]赤ちゃんはツシマヤマネコだけじゃないぞって事でブラジルバクの親子。4か月弱なのでまだ親子の柄がはっきり違うのが分かります。

[シマウマの親子]こちらに至っては赤ちゃんがまだ1か月のシマウマの親子。親子で並ぶと小さいのが分かりますが、1頭でいると赤ちゃん感薄めに感じなくもないです。まだまだ華奢な感じが強いですが。

[ミーアキャットとキリン]こちらは親子ではなくミーアキャットとキリンのツーショット。ミーアキャットの展示スペースとキリンの展示スペースが隣接してるので待っているとこういうのも撮れます。ミーアキャットが乗っているのは量りで、タイミングを見計らうとミーアキャットの身長と体重が一発で分かる仕掛けになっています。

 ゑ、国宝展の画像はありません。ぎりぎりまで遅めに行ったつもりだったのですが入場に40分くらい待ったような…(並んだ時には60分待ちと出ていましたがそこまではかからなくて済んだ)。あ、ツシマヤマネコの赤ちゃんの公開は今日まででした、悪しからず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »