« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

鞆には行っておくべきだ

…鞆の浦、ね。

 先日…と言うには日数が経ってますが、鞆の浦に行ってきました。倉敷での親戚との食事会の後宿に入るまで、しまなみ海道を少し行ったところにある墓参りをする程の時間はないが、そのまま宿に入るには時間がありすぎるという事でかるーい気持ちで…。

 最近はポニョなんかのモデルになったやら何やらで有名ですが、それ抜きにしてもここは面白いです。文化系な嫁には街並みに雰囲気があって良く、理工系の私には渡船で10分ほどの仙酔島が岩場のサンプルみたいな感じで大変興味深い。しかも揃ってねこ好きの我々にはとりあえず寄ってきてくれるねこがぽつぽついるのでたまりません―足止めするにはそれなりのお布施が必要ですが―。今回は時間的に中途半端だったのでごっそり端折ってしまいましたが、歴史好きの方には坂本龍馬絡みのスポットがあったりするのでまた一興でしょう。

 福山駅から片道30分とかみないと行けないのでそれなりに時間を取らなければなりませんが、ブラタモリ風な歩き方をするには面白いものがコンパクトにまとまっていて楽しいのではないかと思います。いや、元広島県民的には知ってて当然っぽいところですが、広島市周辺から行くには結構時間もかかるのでつい県外に向かっちゃったりするんですよね…。お勧めは仙酔島への渡船のターミナルの2階にあるカフェで行き交う船を眺めつつコーヒーなどいただく、なんて良いと思いますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「挑」ですか

…部首違わね?

 ぼくわしんにょうだとおもいました。

 「逃」の方が実態を反映していると思うのねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »