« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

満月のない月

…monthの月ね。

 先月スーパーブルーブラッドムーンとやらがあったので、今月は満月がありません。月齢が0~約29.5≒約29.5日周期で巡るので、1月(January)の2回目の満月が31日にあったという事は約29.5日後はもう3月だからです。1月の1回目の満月が元日の午前中だったなら2回目が29日の午後に来る可能性が高いので、その次はぎりぎり2月に入ると考えられますが―うるう年なら可能性がもっと高いですね―、今年の場合はどう考えても2月に満月がない事になります。

 カンの良い人はもうお気づきでしょう。3月も満月が2回来ることになります。

 確か25年くらい前にも同じパターンがあった筈だよなーと調べてみたら、2010年と1991年がそうでした。2010年の方は全く記憶になかったって事か…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ねこの日ですね

…元ネタは某有名な奴(宣言しとく!)。

 …またやってしまった。

 あれほど「死ぬところを見られないようにするんだよ」って母さんに言われていたのに、そろそろかなって立ち上がったら倒れてしまった。おまけに見つかって病院に連れて行かれて。お医者さんに最期と言われたけど判っていたから怖くもないし、そもそもこっそり姿を消す気だったのだから。でも多分、2日か3日動き出すのが遅かったのだ。

 家まで帰ってきてだるい体を横たえながら、これじゃ母さんの言いつけを守れないなぁと、今となっては間抜けな事を考えていた。そう言えば、「あなたは賢いいい子だけど、少し間が抜けているような気がするから気を付けるんだよ」って言われたっけな。

 この家に来た時はどこに連れて行かれるんだろうってちょっと怖くもあったけど、この家の人はみんな優しくて、特に仲良く遊んでくれたのがお兄ちゃんだった。もちろん時が経つにつれてお兄ちゃんも私も大きくなるから、いつまでも子供っぽく遊んでいた訳じゃない。けれどこの家に来て9年ほど経った頃のこと。そう、10年ほど前の話だ…。

 外から帰って来たお兄ちゃんは、ちょっといら立っているように見えた。きっと外で何か嫌なことがあったんだなってのは私にも分かって、でもきっといつものように私の頭を撫でてたら落ち着くよって思えたから、歩み寄って声をかけたんだった。

 怒られた。今まで一度もないくらい。

 毛繕いを頑張ってみたけど、抜け毛を無くすことはできなかった。せめて目立たない色にならないかと考えてみたけど、そんなことができる訳がないのは分かってた。抜け毛がお兄ちゃんには迷惑だったんだって考えた事もなかった私は、自分の間抜けさに心底がっかりしたのだ。お膝の上で頭を撫でてもらうのはとても幸せな時間だったけど、お兄ちゃんに迷惑はかけたくない。抜け毛をどうしようもないのなら、お膝の上は我慢しよう。それしかできることはないんだ…。

 …少しうとうとしながら、その時の事を思い出していた。ふと、どうせ母さんの言いつけを守れそうにない間抜けな子なら、もうちょっとだけ勝手なことをさせてもらってもいいかなって思えてきた。だるい体を起こして、自分でもよたよたするのを感じながら何歩か歩く。そして…。

 とん、とん。

 やだなぁ、お兄ちゃんが泣くことないのに。自分の体がこんなに重かったっけと思いつつ、お膝の上に乗っかって丸くなる。10年前より大きくなったお膝は、でも10年前と同じように暖かかった。暖かいのも幸せだけど、お兄ちゃんがちゃんと覚えていてくれたのが何よりうれしかった。もうしばらくだけ、ここにいさせてね…。

 再度書いておきます。私のオリジナルではありません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オイル交換してみる

…バイクね。

 ちょっと(どころじゃなく?)サボっていたのでさすがに交換しないとまずいだろう…って事で、バイクのオイル交換を行いました。手順などはきっちり頭に入っていたのですが、自力で交換したのは実は初めてです。

 うちのバイクはオイルを抜くためのドレンボルトを外すために車体の下側を守るアンダーガードを外さなければならない構造なので、合わせてネジ5本外す必要があります。これが少々固くて難儀しましたが、それ以外はまあ予定通り。オイル量の測り方が雑だったので満量には達していないような気もしますが、下限を切っている訳でもないのでまあ良いとしました。もちろんドレンワッシャーは使いまわさず新品交換です。バイク用品店に行かないと売ってないのが難ですが…オイルはホームセンターでも売ってるんですがね。入れたのは安物ですが、すっきり新品なので当分は大丈夫でしょう。

 試運転はしてません。先週よりはマシとは言え寒いし…ってのもあるんですが人間の装備に難があるもので。これをどうにかしないととても乗れません。でも交換後アイドリング回転数が上がっちゃったという事はオイルの抵抗が…?

 ま、次回以降はまたバイク屋さんに依頼するんではないかと思います。廃油処理が面倒だし使用量が中途半端でもったいないし、道端みたいなところでやらざるを得ないのが何とも…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

例によって生誕祭

…休もうかな(休めねぇ)。

 祝日でも祭日(現在の日本に祭日はないのよ)でもないので出勤ですが、笠原弘子様のお誕生日なんですね。実はシングルが出ている筈なのですが入手できていないのでした。タワーレコードでしか扱ってないらしくて…。

 ライブも10年くらいは行けてないのでどうにかしたいですが、うーむ…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ミスリードのような気もする

…どこぞに忖度したのか?

 読捨じゃなくて投売でもない某新聞が警察庁に取材して「車種別の致死率が明らかになるのは初めて」とした記事なんですが、「75歳以上の高齢ドライバーの乗車中の事故の致死率は、軽乗用車が普通乗用車に比べて1・6倍に上る」そうです。まあ驚くほどの結果ではないです。

 「75歳未満の場合、軽乗用車の致死率は0・59%で、半分以下の水準。普通乗用車は0・47%だった」ので「75歳以上の軽乗用車が突出して、致命傷を受ける割合が高いことになる」という結論自体は間違いとは言えない訳ですが、とても雑な分析に見えます。「衝撃が伝わりやすい軽乗用車の場合、身体の弱い高齢者が肋骨などを骨折するケースが多いことが原因とみられる」というのは判るんですが、いろいろな事故形態をひっくるめて括ればそりゃ自分より重い車とぶつかる確率の高い軽自動車の方が致死率は高くなるに決まってます。古い車に乗り続けていればエアバッグ等の装備率も差があるでしょう。75歳以上にとっては若い時義務付けられていなかったシートベルト着用習慣の差も無視してはなりますまいし、まして後席に乗っていた場合のシートベルト装着率となれば悲惨な数値が出てくる可能性が高い。

 車種別で統計を取るなら、運転者なのか同乗者―助手席・後席等も分けて―なのかも、シートベルトの着用状態やエアバッグ等・ABS等の装備状況も分け、単独事故なのか相手がいるのか―相手との重量差も分けねばなるまい―まで分離して初めて軽自動車での死亡率が高いとか低いとか言える筈です。もちろん軽自動車である限り自分より重い相手との事故が増える可能性が高いのは間違いないので、現代の安全基準が自分と同等の相手とぶつかった際の評価で決められている―ここが現代の軽と登録車で基準が同じ、という意味―以上現実世界で軽自動車が不利という事を否定する気は一切ありません。技術基準はボクシング(体重を基準に階級分けされて階級毎で比較)だけど現実世界は大相撲(いわば無差別級だけ)、って事です。まあ、昔は軽と登録車とではぶつかる時の速度基準が違ってたのですがね。

 田舎の取り締まりなんか絶対に来そうもない農道辺りを見たら、ちょっとそこまでだからという感じでシートベルトせずに走っているドライバーはまだまだごろごろしてるんですから…、特に高齢者。そういう現実を知る事なく後悔されたデータだけ見て記事書くんなら素人でも出来るんです。読切ではなくバラ売りでもない某新聞の記者には難しいのかも知れませんが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3Kよりはマシな気もするが

…SHIBUYA109ABENOじゃねーんだから。

 ニュース〇ッチって日本〇業新聞のWebサイトがあるんですがね、かわいそうだから伏字にしますけども。「「クロスカブ110」に50cc、足付きの良さを配慮」ってやっちゃってるんですね。なんなのその「クロスカブ110」に50ccって…。

 クロスカブというのは皆さんおなじみ?のバイクであるスーパーカブの変種で初代モデルが2013~2017年に発売されておりました。排ガス規制の関係で一旦販売終了していたのを今月下旬から新規制適応型とした新モデルを出すことになったという記事なんですが、本文は従来からある110ccモデルに加え今回から50ccモデルも追加したとちゃんと読めます。でもこのポンコツタイトルは何なんだ…いくら詳しくはない記者だとしてもプレスリリース丸写しをしてもこうはならないぞ、と。「「クロスカブ」に50cc、足付きの良さを配慮」なら何の問題もなかったのに。

 これがプレスリリース前のスクープとかなら慌てたのかと多少同情の余地も出てきましょうが(出ない)、プレスリリースから丸4日後の記事ですからどう考えてもポンコツタイトルとしか言いようがない。これで書いてる人は金もらってて配信した記事タイトルを修正するでもなし自社サイトに至ってはそもそもニュースが見えないように見えるという(コラム系の記事しか見えないように見える)っていったい何なの。

 もうね、3Kよりマシって誉め言葉じゃないんですよ。

 SHIBUYA109ABENO、という施設は実在します、冗談みたいな名前ですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立春という事は14周年

…Since 2004って事で。

 更新頻度がアレでナニな上「便利な役立たず」を目指すことをモットーとしているものですから「続いている」以外の価値がほぼ0なような気もしますが14周年です。本館はURLが2回変わって―2回ともサービス会社(Nifty)の都合―3つ目ですけど別館(TJB Annexと名乗っているのはそういう事)は1回も変わってないってのもどうなんだか。ちなみに本館は今年に入ってこっそり数年ぶりの更新を行っていたりします、何の内容も増えてませんが。

 で、今日が立春という事は昨日は節分。我が家も昨年くらいから恵方巻なるものに手を出してます。ま、恵方巻の主旨など無視して、恵方も向かずぶった切って会話しながら普通に食べてますが…。いや、中巻くらいのを丸かじりしろというなら分かりますが太巻きなんぞ丸かじりで食えるかい!その代わりといっては何ですが中巻くらいのロールケーキ(大手Y社製)が安売りだったので1本買ってこれもぶった切って食べ、関西では鰯だそうだけどこれも無視して夜は鍋(鳥系)。バラの豆をまくといろいろ難があるとの事で、小さいパック状の豆をパックごと撒くという伝統行事も何のその状態でした。

 さて、もう少しマシな更新を行うのは一体いつになる事でしょう…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スーパーブルーブラッドムーンだって

…大安売り。

[スーパーブルーブラッドムーンこと、2018年1月31日の皆既月食] なんか仰々しい名前になっていますが、「スーパームーン(あやふやな定義の、天文学用語ではない謎用語)」で「ブルームーン(1か月で2回目の満月の俗称で、天文学的意味はない)」で「ブラッドムーン(皆既中の色から連想されたそのまんまで、やはり天文学用語ではない)」なのでした。ええ、関西は雲を通してしか見えなかった上月食が進行するにつれて雲が厚くなっていくという悪条件でがっかりです。何とか無理して欠けていく途中の状態は撮影しましたが薄雲を通してだったのでピントが合ってないように見える―見えるだけ!と主張したい―上、露出設定があまり良くなくて余計ボケたような感じですね。90%くらい欠けるところまでは何とか見えましたが、95%くらい欠けたところで雲の厚みが増したのと月の明るさが落ちたのとで見失い撮影も断念。ほぼ唯一載せられそうな画像がこれ…。

 前回は確か半影食だけで終了…だった記憶があるし、今回は関西一円曇り~雪なんて予報で平日だから遠征という訳にもいかず。10年くらいまともな皆既月食を見てないような気がするので、次は何とか見たいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »