« 喫煙者と同じ論理 | トップページ

サマータイムは天下の愚策

…まあ「IT(いっと)って何だ」元首相の脳みそですから。

 なんかもう、東京オリンピックの酷暑対策にサマータイムをとか言っている人がいるんですよね。はっきり言ってしまうと「バカは死んでも治らない」って感じ。アメリカのTVの為に午前中スタートというのは今更ごまかしても無駄ですが、今夏とんでもない暑さになったものだから「当初計画の日本時間9時スタートじゃヤバいよ、もっと早めないと」って事で7時スタートにする訳ですね。この時期アメリカ東海岸で-13時間、西海岸だと-16時間の時差があるので、日本時間7時だとアメリカ東海岸で18時、西海岸だと15時…って事で土曜の午後だからまだいいけど本音を言えばちょっと早いよね状態な訳です。

 ここで日本に+2時間サマータイムを導入したとしましょう。7時スタートなら今の5時だから暑さは多少マシかもしれませんが、アメリカ東海岸で16時、西海岸に至っては13時…って、全然ゴールデンタイムじゃないじゃん!

 サマータイムを導入しようがしまいが、競技の時間帯がTVの都合で決まる限りマラソンのスタート時刻は今の日本時間の7時以上には早められない、という事です。だったら導入する意味は全く無いよね。

|

« 喫煙者と同じ論理 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17212/67113797

この記事へのトラックバック一覧です: サマータイムは天下の愚策:

« 喫煙者と同じ論理 | トップページ