« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

小型二輪に挑戦してみる

…株主になってみる、か。

 唐突ですが、バイクを乗り換えました。250ccから125ccクラス、いわゆる小型二輪です。いや、乗り換えたのは10ヶ月ほど前ですけど。

 近年平均月1回、1回せいぜい数時間乗るのに250ccはいらんよなぁと考えたのが数年前。前車は気に入っていたのでずるずる引き伸ばしてはいたのですが、さすがに前車購入から24年経過して外装のプラスチック部品が割れ始めたりして維持に限界を感じまして本気で乗り換えを検討し始めました。ただ、希望をすべて適える車種が無くて難航しました。

・125ccクラス(必須)あまり重くない車重。
 免許的には400ccでも乗れる訳ですが、重いと走り出すのに気合がいるし車検があるとか論外(いやメンテはするんだけど)。どうせ長距離走るのは四輪車を使う事になるし、速いバイクは誰が乗っても速いので逆につまんない。経費的にも優位。

・チューブレスタイヤ
 チューブタイヤはパンクすると面倒。そんなにパンクするんかという意見もあるだろうが四輪の前車で1回、勤務先の社用車で1回、バイクの前々車で1回、前車で2回やってるのでできれば面倒の少ないのが良い。

・インジェクション
 バイクは前2台、四輪でも1台キャブ車に乗っていたので面倒のないのが良い。

・荒れた路面でも嫌にならない
 99%は舗装路を走るので考えなくてもいいと言えばいいが、気分の問題。

・新車
 10年は乗るだろうから、コンディション的に古いモデルは検討対象外。

・セル/キック併用のエンジン始動
 乗る機会が多くないので、出来ればバッテリーの状態が弱っていても面倒な事をしなくて済むキック付き。でもキックオンリーは嫌。

・ヤマハかスズキ
 ホンダ→カワサキと乗り継いだので、出来れば違うのが。

・クラッチ操作レス
 疲れてくるとクラッチの操作ミスが増えるのがちょっと気になってて。

 …くらいの希望を満たす車種が1つもない。まあ、クラッチ操作レス(≒AT)と荒れた路面(≒オフロード対応)を並べた時点で選択肢が激減するのは排気量問わずなんですが。

 順当に行けばヤマハBW'S125ってのが条件を一番多く満たすのですが、現行モデルはキックスターターなし(以前のものはパーツを用意して改造って手もあったようだが現行モデルは…)で、見た目の方向性がちょっと違う(これは昔のモデルが一番よかった)ので当落線上をうろうろ。スズキADDRESS125ならぶっちぎりに安いが荒れた路面方向がどうにもならない(実用最重視なら多分これ一択)。国内メーカーの正規モデル以外の奴とか海外メーカー製はメンテナンス面での不安が付きまとう(10年保証とか言っていたとしても会社が撤退とかしたらどうにかする根性はない)。

 で、結果的に実はかなり前から目を付けていたホンダクロスカブの中古を選択しました、チューブタイヤだけど。カブ系なら最悪社外品もたくさんあるから当分メンテナンスに困ることはないであろうし、国内正規品である分にはまともな販売店なら受付お断りなんてこともないだろう…って打算もあります。まあ、F市M区のQなんて販売店みたいに酷い店もありますけど。

 買った時点でこの車種はクロスカブ110という後継モデル(形式JA45)が出ていましたが、私が買ったのは初代にあたる形式JA10の奴です。しかもまさかの赤(私の趣味をご存知の方ならまさかと思う筈)。…いや、ちょうど付けようと思っていたフロントスクリーン付きで走行距離がそれ程かさんでいない割に良心的なお値段が付いていたので(5倍くらいの走行距離の同車種が私の買ったのより高い値段が付いてたり)実物を見せてもらったら年式相応と思われまして。略称CC110ってのと赤で"CarpCub"じゃん!と閃いたから、というのは内緒です。正確には、CarpCub110勝ぶっちぎり号。

 ようやく慣らし(私の)と第1次改修計画を終えたところです。はい。

 

 

 

| | コメント (0)

献血50回してみる

…今度は5年半ほどかかった。

 

 30回目をしたのが2014年10月の事だったので、20回を5年半…目標値からするとぎりぎりな感じですねぇ。初回から考えると35年近くかかっているので辛うじて年1回以上ペース。実は2006年~2010年、2002~2004年には1回もしてないので、している年は2回くらいしている感じでしょうか。

 

 30回目の時の記念品(盃)が半年くらい前に壊れてしまったのですが、新しいのを今回もらったのでこれでまたしばらくは酒飲むのに使える…(なんだそりゃ)。副記念品?に今治タオル(他2つ選択肢あり)ももらいました。今治なので買えば1,000円くらいはするんじゃなかろうか。結構コストかかってます。

 

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »